2006/6/4

『太陽に恋して』  映画

『愛より強く』は後半、やや物語が失速したような印象を受けたのだけれども、同じファティ・アキン監督の『太陽に恋して』、こちらはまさに青春ロードムービーの快作だ。
この作品が個人的に『愛より強く』よりも乗れたのは、主人公の男がさえない堅物の男だったのが旅する過程で変わっていくという話である点がアクの強いキャラクターの男が主人公の『愛より強く』よりも感情移入がしやすかったためでもあるのかもしれない。また車泥棒や国境こえといったこれまで数々の映画で描かれて来た設定をなんともユニークなアイデアで切り抜けていて、それもユーモアたっぷりに描いているあたりがひきこまれる要素になっているように思う。『愛より強く』同様、登場人物の突発的な行動の数々には驚かされるし、特にこの『太陽に恋して』の冒頭シーンはあっと驚くもので一気に映画に引き込まれたのだけれども、ディテールの展開にはかなり御都合主義的とも思えるところもあるのだが、喜劇性がうまくミックスされているので映画ならではの奔放なデタラメさとして楽しめるのだと思う。
決して観念的な映画というわけでもなく、まるでプログラムピクチュアの職人監督のよく出来たB級映画の快作みたいである点もこの若い監督のたしかな職人としての腕を感じさせる。撮影は『憎しみ』などカソヴィッツの映画でも知られるピエール・エイムだけれども、いい形で職人的な技を発揮しているように思う。
でも『愛より強く』で物語が失速したように感じたと最初に書いたけれども、それも『太陽に恋して』の二番煎じではない、新しい映画をつくろうと模索した結果なのかもしれない。そう考えるとこのファティ・アキン監督はますます要注目の存在という気がしてくるのだ。
0

2006/6/4

『愛より強く』  映画

トルコ系のきびしい家庭環境に育ち、家庭的なものから逃れたいと考えるヒロイン。そのために都合がいい相手という理由で結婚したのに、次第に本気になってしまう。なんとも痛切な映画だ。
正直、男も女もあまりにファンキーでパンクで突発的な行動をする人達で、もっとお互いのことを思いやったり、うまく恋愛をできないのだろうかと思うのだけれども、それだけ、リアルで痛切な映画だということかもしれない。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ