2006/8/1

イスラエル大使館前ビジル 報告  イスラエルとパレスチナ、中東

イスラエル大使館前ビジルに行ってきました。
簡単な報告です。

本日、午後7時開始。
参加者が持参したキャンドル、ペンライトを灯して犠牲者への追悼。
参加者は約250名(主催者発表)。テレビクルーなど、報道陣も来ていた模様。また周囲には警備の警官もけっこう来ていました。
参加者に主催者側より花が配られる。カナで亡くなった57人とイスラエルで亡くなった19人の分を合わせた76本。ひとりひとりが集合場所の中央に花を捧げて行く。
平行して、各主催団体より代表者が話をしていく。
(以下、要約。カセットテレコを持っていくつもりだったのが忘れてしまったので簡単なメモによる。)

アムネスティ・インターナショナル日本 事務局長、テラナカさん
 カナ空爆の直後に調査員が現地へ入った。子供たちのものをはじめ遺体がごったがえしている中。病院には子供たち17人と一緒に亡くなった人の遺体も。
 今後、世界中のアムネスティで連帯して呼びかけていく。

日本キリスト教協議会(NCC)、マノ(?)さん
 48時間停戦に入ってからもイスラエルは空爆を続けている。道路は閉鎖され、人道支援が行えない。逃げるに逃げられない。停戦して人道支援のルートをまず確保することが急務。

ピースボート、共同代表の吉岡さん
 ジェニンの虐殺が起こった2日後に現場へ行った。破壊された家の前にボロボロになった車椅子があった。現地の人にこれは何かと聞いたら、その前に家があって車椅子のおばあさんが住んでいた。この家だけはつぶさないでくれとイスラエル軍に頼んだ。なのにイスラエル軍はブルドーザーで壊したのだという。
 カナ空爆で57人が亡くなったが、イラクでは毎日、100人が死んでいる。ガザでも毎日、死んでいる。しかし、レバノンに報道が移るとイラクやガザのことはメディアは報道しない。メディアが忘れていくのを記憶しておかないといけない。
 アメリカがイスラエルを援助しているのを止めないといけない。そのアメリカを支えているのは日本だ。日本は加担している。これを変えるには日本の政治を変えないといけない。

パレスチナ子どものキャンペーン、女性の方
 ベイルートからのメッセージ、報告を読み上げる。
 至るところに遺体。病院に運ばれ、病院の冷凍庫に100体の遺体が。しかし、冷凍庫もいっぱいになってしまい、やむなく病院の前に埋葬している。・・(などなどの話。)

参加者全員で1分間の黙祷を捧げる。

「ストップ・ザ・ウォール」(イスラエルの壁に反対する)の運動をしている方が、「レバノン空爆に対する緊急声明」を読み上げる。(この中では、レバノンだけでなく、150人以上のパレスチナ人が殺されていること、またイスラエルの人達を殺すヒズボラの行為に対する非難も述べられていました。)
代表者がその声明文をイスラエル大使館のポストまで歩いていき投函する。
0

2006/8/1

「STOP!レバノン空爆」緊急ビジルのお知らせ  イスラエルとパレスチナ、中東

緊急!イスラエル大使館前ビジル

8月1日(火) 午後7時開始
STOP!レバノン空爆
キャンドル・ライトを灯して、犠牲者への追悼とイスラエル政府への抗議を!

<呼びかけ団体>
アムネスティ・インターナショナル日本/(特活)アーユス仏教国際協力ネットワーク/(特活)パレスチナ子どものキャンペーン/日本キリスト教協議会(NCC)/ピースボート

■ 市民の犠牲に、私たちは沈黙しない。
イスラエルによる空爆の犠牲は増え続け、すでに死者は700人を超え、そのほとんどが民間人です。30日にはレバノン南部カナで、市民が避難していた建物をイスラエル軍が空爆し、報道によると37人の子どもを含む少なくとも57人が死亡しました。
私たちは、武器を持たない市民を標的とした攻撃を強く非難します。
緊急の呼びかけではありますが、ぜひ8日1日(火)、イスラエル大使館前に集まってください。

■日時:8月1日 午後7時〜8時
■場所:イスラエル大使館前
千代田区二番町3(最寄り駅:地下鉄麹町駅)
■内容:空爆による市民の犠牲者のためのビジル
*キャンドル・ライトなどによるサイレント抗議
呼びかけ団体からのアピールなど

<主催者からのお願い>
■ 直接、イスラエル大使館に午後7時までにお集まりください。
イスラエル大使館:千代田区二番町3
(最寄り駅:地下鉄・麹町駅)
■ペンライト、キャンドルなどをご用意ください。(主催者側でも少し用意します)
■平和的な抗議アクションです。
■デモ申請をしていない緊急行動です。ノボリ・ゼッケンなど掲示して歩行すると「示威行為」と警察から見なされ止められる可能性がありますので、避けてくださいますようお願いします。
0

2006/8/1

オンライン映画批評誌『flowerwild』創刊  映画

オンライン映画批評誌『flowerwild』創刊。 
http://flowerwild.net/

創刊に際して──Editorial [2006/7月-8月]
J.L.ゴダール「ユートピアへの旅」(平倉)
J.L.ゴダール「ユートピアの旅」(森元)
菊池信之インタビュー with 青山真治
西川美和監督合同インタビュー
鈴木則文監督特集上映レポート
E.ルビッチ『陽気な監獄』
D.クローネンバーグ『ヒストリー・オブ・バイオレンス』
J.ジャームッシュ『ブロークン・フラワーズ』
ジャック・ターナー
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ