2006/8/14

スウェーデン原発事故、グリーンピースUKの記事  原爆・原発問題

*以下の内容のメールが僕のところへ送られてきたので転載します。

グリーンピースUK(イギリスのグリーンピース)のホームページに8月4日に掲載された記事を和訳しましたので、お送りします。

"It was pure luck there wasn't a meltdown," said a former director of
Forsmark nuclear power plant after a serious incident at that plant
last week. Now Sweden has shut down four of its 10 nuclear plants
after faults were discovered. And a generator failure like Sweden's
could easily happen in the UK.
「炉心溶融に至らなかったのはまったく幸運だった。」と、先週フォルスマーク
原子力発電所で起きた過酷事故後、同原子力発電所の前幹部職員の一人
は言った。現在、スウェーデンでは、原子力発電所の欠陥が発見されたために、10基のうち4基が停止している。スウェーデンで起きた発電機の故障は英国でも容易に起こりえるものだ。

The closure of the Swedish plants has removed at a stroke roughly 20 percent of Sweden's electricity supply. Emergency power systems to the
Forsmark plant failed for 20 minutes during a power cut. If power was
not restored there could have been a major incident within hours.
原子力発電所停止によって、スウェーデンの電力供給の約20%が減少した。
フォルクマーク原子力発電所への主電力供給が途絶えたときに、緊急電力
供給システムが20分間にわたって作動しなかった。もし、電力が復旧しなかったら、数時間のうちに重大事故が起こっていた可能性がある。

A former director of the Forsmark plant said, "It was pure luck that
there was not a meltdown. Since the electricity supply from the
network didn't work as it should have, it could have been a catastrophe."
「炉心溶融融に至らなかったのはまったく幸運だった。必要なときにネット
ワークからの電力供給が途絶えたら、破局事故が起こっていたよ」と、先週
起きた深刻な事故の後、フォルスマーク原子力発電所の前幹部職員の一人
は言った。

It appears that the fault in the backup power systems originates from
new equipment installed in 1993. Not exactly reassuring that faulty
equipment, vital for preventing a meltdown, went undetected for 13
years. The same equipment now uncovered to be faulty is also installed
on other nuclear power plants in other countries. Germany is already
investigating if the same fault affects its nuclear plants. In the UK,
a generator failure like Sweden s could easily happen and the result
could be a meltdown in the reactor core. Such a meltdown would
probably be contained like at Three Mile Island but in a worst case
scenario radioactive iodine could be spread throughout Scandianavia,
Germany and possibly to other parts of Europe.
電力バックアップシステムの故障原因は1993年に導入された新しい装置
に由来していると思われる。炉心溶融を防止する主要装置であるこの欠陥
装置は、完全に品質保証されないまま、13年間見過ごされてきた。今や
欠陥装置と認定された、この装置と同じものは他国の原子力発電所にも
導入されている。ドイツではすでに、同じ欠陥が同国の原子力発電所に影
響を及ぼさないか、調査を開始している。英国では、スウェーデンで起きた
発電機の故障は容易に起こりえる!!そして、その結果、炉心溶融が起こ
りえる。炉心溶融によって、スリーマイル島のような事態が起こると予想され
るが、より悪い場合のシナリオでは、放射性ヨウ素が、スカンジナビア半島、
ドイツ、そしてヨーロッパの他の地域にも飛散する可能性があるのだ。

Power cuts
Nuclear industry propaganda has been saying that we need nuclear power
to prevent future power cuts. But actually current nuclear plants are
vulnerable to power cuts. All nuclear plants need power to control
them. If mains power is lost, back up power is required to control the
reactor. This power is supplied by back up generators but there have
been many instances where these generators have been found to be
faulty or susceptible to storms or floods. This has caused the
temporary closures of nuclear plants in the US and elsewhere.
停電
原子力発電所事業者の宣伝では、原子力は将来の停電を防止するために
必要だ、と言ってきた。しかし、実際には原子力発電所は停電に脆弱である。
すべての原子力発電所はそれ自身を制御するために電力が必要なのだ。
もし、主電力が失われたときには、バックアップ電力が炉心の制御のために
必要である。この電力はバックアップ発電機によって供給されるが、この発
電機が故障したり、嵐や洪水によって影響をうけたという多くの事例が発見
されてきた。このことが米国やその他の国で原子力発電所の一時的な稼動
停止をもたらしてきた。

Cut the power to a single wind or solar farm and while they will stop
generating electricity for the grid at least it won't threaten to melt
down. Nuclear power relies on old, inefficient centralised power grids
that are vulnerable to power cuts. Clean renewable energy sources help
create more efficient decentralised power where it is generated much
closer to where it is used. When the going gets hot, nuclear plants
stop running
風車発電装置やソーラー発電装置に電力供給が途絶えて、ネットワークへ
の発電をやめてしまったときにも、炉心溶融の恐れはない。原子力発電所は
旧式の、非効率的な集中電力ネットワークに依拠していて、このネットワーク
は停電に対して脆弱である。クリーンな再生可能エネルギー源は、電力消費
地の近くで発電することで、より効率の良い分散型の電力を作り出すのに
役立つ。気温が上昇したときには原子力発電所は稼動を停止する。

The problems with Swedish nuclear plants come hot on the heels of
problems with nuclear power plants in Europe due to the hot dry
summer. Two nuclear plants in Germany recently had to reduce output
due to the lack of sufficient water for cooling in rivers. If the
drought continues many nuclear plants that rely on rivers for cooling
water will have to reduce output or shut down.
このスウェーデンの原子力発電所トラブルによって、暑くて乾燥した今夏は、ヨーロッパ中の原子力発電所の足元にも火がついた格好だ。ドイツの二つの原子力発電所は
最近、原子炉冷却のための川の水が不足したために、出力を下げざるを
得なかった。旱魃が続けば、冷却水を川に依存している多くの原子力発電
所が操業停止に追い込まれるだろう。

Luckily Sweden plans to phase out its nuclear power plants in the
coming years. Unfortunately a small minority of other European
countries like France, Finland and the UK seem determined to rely on
dangerous, dirty and expensive nuclear power that can fail dangerously
during a power cut and be shut down by droughts.
幸いなことに、スウェーデンはここ数年のうちに、原子力発電所を漸次
使用停止にする計画である。不幸にもごく少数のヨーロッパの他の国-
フランス、フィンランド、英国-は、危険で、汚く、費用がかかり、停電時に
危険な故障を起こし、旱魃によって停止する、原子力発電所への依存
を決定しているようだ。

Recent events expose industry lies about nuclear being a reliable
energy source.
これら最近の事例によって、産業界が原子力は信頼の
置けるエネルギー源である、という嘘をついていることが分かった。

A combination of safe, renewable energy and energy efficiency measures
are the only sane solution for power generation.
安全で再生可能なエネルギーとエネルギー効率化政策の組み合わせ
が、唯一の、安心で合理的な発電問題の解決策だ。

Get active!
Write to your MP to say no to nuclear and yes to energy efficiency and
renewables.
行動を起こそう!
国会議員に手紙を出し、原子力発電所反対、エネルギーの効率化と
再生可能エネルギー賛成を表明しよう。


*関連記事
「スウェーデンで原発事故」
http://blue.ap.teacup.com/documentary/786.html

「スウェーデンの原発事故報道に関して思うこと」
http://blue.ap.teacup.com/documentary/790.html
0

2006/8/14

米、ヒズボラ攻撃立案に関与か(米誌報道)  イスラエルとパレスチナ、中東

*下の記事はまた陰謀論かと思うけれども、米誌ニューヨーカーが報道したものなのでそれなりに証拠があって言っているのかな?とも思える。
0

2006/8/14

『ハッスル&フロウ』  映画

いかすアメリカ映画を見たかったら『ハッスル&フロウ』を見に行こう。
描かれるのはメンフィスの黒人社会の、ポン引きと売春婦のしがない生活だ。
リアルにアメリカ社会の現実を描写した作品ですか? うーん、たしかにそうなんだけど、リアリズム一辺倒の映画というのともちょっと違うな。これは凄く暖かい映画なんだよ。
なんだ、いつものアメリカ映画のサクセスストーリー、今度はヒップホップのサクセスストーリーですか? うーん、それも間違いではないような気もするんだけど、サクセスストーリーにしてはシビア過ぎるかな?
でも、ニヒルではないよ。シビアな描写で生活を描いたものなんだけど、暖かいんだよ、これは。ちゃんと街が描かれていて人がいるんだよ。
だから、ゴダールを思わせたり、『ハーダー・ゼイ・カム』を思わせたり、アメリカ以外の映画を思わせたりもするんだけれども・・でも、やっぱりこれはアメリカ映画なんだ。王道というか、直球の、いかすアメリカ映画。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ