2006/10/4

『涙そうそう』  映画

『ゆれる』の感想と対照的になるようですが・・『涙そうそう』、これは素晴らしいと思いました。
同じ土井裕泰監督の『いま、会いにゆきます』もよく出来ているとは思ったけれども、ちょっとトリッキーな話の作り方に凝り過ぎているような気はしました。今回も実はトリッキーな展開をいくつか、組み合わせていますが、見事に淡々とした全体の雰囲気の中に溶け込み、トリッキーさがそれほど目立ちません。
『いま、会いにゆきます』も日常描写にうまいところがありましたが、今回は土井裕泰監督の演出はさらにそういった点で磨きがかかり、丹念な日常描写の何気ないシーンに喜びや悲しみが満ち溢れているような気がします。さらに、妻夫木聡と長澤まさみの自然体の演技の凄さ、日常のリアル感をつかまえることに長けている浜田毅カメラマンの撮影のうまさが相乗効果を呼んで、独特の淡々とした雰囲気を生み出しているのだと思います。考えてみると、大メロドラマの凄い話なのですが、それが淡々とした日常的な雰囲気の中で展開するのがたまらない作品になっているように思うのです。
吉田紀子脚本の伏線の張り方もうまいと思います。その伏線が出てきたシーンでは、その瞬間はああ、これは伏線でこういう展開があるのだなと読めて思っていたのですが、話が別の方向に展開するので、その伏線があったことを忘れていました。忘れた頃に、その展開が出てきて、思わず唸らされました。これもトリッキーな展開を巧みに日常感にあふれる雰囲気の中にしのび込ませることに成功しているということなのではないかと思います。見る前はTBS製作で吉田紀子脚本の作品というと、テレビの連続ドラマ的なつくりかな?と想像しがちでしたが、とんでもない思い込みでした。2時間の枠の中で各シーン(伏線)がどこにあるのか、実によく練られて巧みにつくられていると思いました。
ちょっとべた褒めし過ぎでしょうか(笑)。
0

2006/10/4

『ゆれる』  映画

(感想、書き直し)
兄弟がひとりの女性を争う三角関係の話なのに、兄弟がそれぞれ女をどう思っているのかはあまり描かれず、兄弟間のコンプレックスや勝った、負けたの話ばかりが続くのが個人的にはどうにも納得がいかない。これでは彼女は兄弟の話のダシでしかないのだろうか?
どうしてこの兄弟がそれぞれ、その女性と自分との関係がどうであるかの方に関心がいかないのかが不可解だ。
また登場人物たちがやたらと怒りっぽかったり、投げやりな態度を示したりする点も、人間の負の部分をとらえようとしているのかもしれないが、少し、表現がストレート過ぎるように感じる。

『蛇イチゴ』に続き、西川監督は家族の血のつながりに関心があるのだろうか? 自分個人はそれほど関心がある主題ではなく、自分の関心事とずれているので、噛み合わないのかもしれないが。

サスペンス仕立てになっている点はそれなりに見せられましたが。
0

2006/10/4

『フラガール』『シュガー&スパイス 風味絶佳』  映画

邦画、2本の感想。

『フラガール』
李相日監督の作品は初めて見るんですが、随分、細かくカットを割って演技をつける人なんですねー。プロに徹しているという感じ。フラダンスのシーン、何カットに割っているのか。ワンカットでダンスシーンを撮るなんてことは断じてしないという感じ。そのプロぶりが話の内容にも通じていてすがすがしさを生み出しているような気がします。
まあ、個人的には波長が合う映画ではないんですが・・というか、うわー、プロだなー、こういう撮り方をする人は尊敬するなーとか思いながら見ていたら、終わってしまった・・。

『シュガー&スパイス 風味絶佳』
うわー、本当に「普通の恋愛の話」ですねー、これ。ここまで「普通」だと嫌いになれない・・。だらだらとした、どうでもいい(はっきり言ってカットした方が作品としてはしまる)シーンが愛おしく思えてきてしまったり・・。こんな風にプロだな−と感心させられる『フラガール』よりもこういうシーンについ反応してしまう自分はまずいのかなーなんて思ったり・・。
しかし、柳楽優弥はこうした「普通」の青年役にまさにぴったり。いや、身につまされますよ。
岡田恵和が絡んだ『深呼吸の必要』もそうですが、テレビの人達は時たま、本当に「普通の若者の等身大の話」をやりますね。(この作品は亀山千広、大多亮など、フジテレビのプロデューサーによる製作作品。)
夏木マリはちょっと怪演。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ