2006/10/18

『マーダーボール』  映画

身体障害者のラクビー、マーダーボール。なんていってもそういうスポーツがあること自体、まったく知らなかったのであるが、このドキュメンタリー映画を見ると、これが凄まじい競技であるようだ。パラリンピックで最も危険な競技と言われ、車椅子でぶつかり合い、負傷者続出なのだ。どうせすでに負傷して車椅子に乗っているわけだから、負傷が増えてもかまわないというわけではないのだろうが・・。
この映画を見ると、身体障害者に対するイメージが変わるだろう。
特に、車椅子生活をおくることになった男達の性の問題までが明け透けと描かれる。車椅子の人間がセックスやオナニーをいかにしているのか?を具体的に取材していて、驚き。
あるいは、イラク戦争の負傷兵たちにアメリカ代表のメンバーがマーダーボールを教えるシーンとか・・。
カナダとアメリカのマーダーボールに励む選手達を追いかけているのだけど、カナダやアメリカのお国柄なのか、身体障害者になっても楽天的に前向きに、そしてあけっぴろげに人生にチャレンジしている彼らの姿には参りますね。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ