2007/6/28

「光市母子殺害事件」あまりに世間の弁護団バッシングが行き過ぎていると思うので弁護団を擁護します!  時事問題

僕は、「光市母子殺害事件」について、今、世間で起こっている弁護団へのバッシングは見当違いだと思います。

そもそも、いかに凶悪な事件であったとしても、裁判というのは被害者家族が復讐するためにあるのではありません。まず事実を明らかにすることが先ではないでしょうか?

僕は、やはり、この犯人はかなり精神的におかしいのではないか?と思います。
というのは、手紙で、被害者の感情を逆なでするようなめちゃくちゃなことを書いていて、それがこの犯人に対するひとつの非難のきっかけになったんだけど、僕は逆にああいう手紙を書いたという時点で、この犯人は精神障害者なのではないか?と疑いました。
だって、普通、あんな裁判で自分が不利になるようなことをわざわざ書き記したりしませんよ。内心、そう思っていたとしても、それは口にせずに神妙にしているものでしょう。そのほうが刑が軽くなりますから。
それをわざわざ書くというのは、普通の精神性の人間だとは思えません。
この犯人がそういう特殊な精神性の人間であるならば、そのことをまず明らかにすることが先でしょう。
遺族の気持ちは分かるけど、まずそうした事実関係を明らかにしないことには、どうしようもない。

それから、なぜ今までそうした反論をしてこなかったのだと言われるんだけど、この犯人が精神的に未熟なのならば、反論できるわけがないでしょう。
未熟だからこそ、これまで検察に言われるままに「はい、そうでした」と何も否定しないできたわけではないでしょうか・・。ドラえもんがどうとか、いっても、他人には分からないだろう・・と思って言わないできたのかもしれないし。そういう犯人がここに来てようやく自分なりに語り始めたのであれば、むしろ、歓迎するべきことなのではないのでしょうか?

ちょっと報道や世間の人達の意見が被害者、遺族の気持ちの代弁のほうに行き過ぎているように思いますよ・・。
0

2007/6/27

アボカド  テレビ・ラジオ

NHKの「ためしてガッテン」でアボカドの話をやっていた。
バイト先でもたくさん売っているアボカド。
追熟が済んでいるかどうかは「へた」で見分けるんだって。熟しているとへたの周りがへこんで隙間が開くそうだ。知らなかったな−。
もしお客さんに熟しているかどうかを聞かれることがあったら、「へた」を見て答えるようにしよう。
0

2007/6/27

『アヒルと鴨のコインロッカー』  映画

クリックすると元のサイズで表示します

これはミステリーなのか? 青春ものなのか?
魅力的な話だけど、回想が多いし、一見、映画としては成立しにくい話のように思えるのに、絶妙のバランスで映画として成立している。
これは、過去の話を語るのに、説明にたよらず(モノローグやナレーションは一切、ない)、「〜という人がこういうことをした」「〜という人がいた」ということを、その人物に出会った人が模倣したり影響を受けたりしている仕草や行動で具体化して示していることから来るのではないだろうか?
実際、映画のようなフィクションの世界だけでなく現実世界でも、ある人物のキャラクターというのは、まったく独立して、世界でその人物がひとりだけ、ポツンと存在していて成り立っているわけではなく、こういう人物とああいう人物とがいて、それぞれが影響を受けあったりして成り立っている。そのような、影響や模倣で人物が成立していく・・ということは映画的なことなのである。
そう、たしかに小説としては優れているのかもしれないけどこういう回想が多い話は映画には向いていない(映画的ではない)のではないか・・と一見、思いがちのストーリーが、「映画的」ではないと思えたものが、実はすごく「映画的」なことだったという、「映画的」ではないと思えることが「映画的」に成立していくという新鮮な驚きにこの映画は満ちている。
0

2007/6/24

「水俣・カネミ 認定と補償救済を問うシンポジウム」のお知らせ(終了)  公害・薬害・環境・医療問題

6.24水俣・カネミ 
認定と補償救済を問うシンポジウム
〜勝ち取った成果と今後の展望〜

 水俣・緒方正美さんの行政不服審査の闘いは、棄却処分を撤回させ認定を勝ち取るという成果を得ました。国への「仮払金返還」に苦しんできたカネミ油症では政治を動かし、返還金免除の特別立法によって、理不尽な負担がやっと除かれました。また、被害実態の把握とあらたな治療救済への動きも始まっています。ここまで到達した闘いの成果を確認し合い、そして、今や実態に合わなくなった認定制度や診断基準の見直しを求め、あらたな今後の闘いへの展望を探るために、水俣とカネミの被害者がここに集い交流を兼ねたシンポジウムを開催します。

日 時 2007年6月24日(日) 午後1時開場 13:30〜16:30
会 場 総評会館 203会議室
    千代田区神田駿河台3−2−11 TEL03-3253-1771
  JR中央線・総武線「お茶の水」聖橋口から徒歩5分
    地下鉄千代田線「新御茶ノ水」B3出口の隣
会場費    500円
発言・報告
*カネミ油症被害者と油症被害者支援センターの皆さん
*緒方正美(水俣・行政不服審査請求申立人)
*佐藤英樹(水俣病患者互助会会長)  谷洋一(同事務局)
*溝口行政訴訟弁護団事務局 
*原田正純(熊本学園大学) ほか

主 催 6.24シンポジウム実行委員会
文京区西片1-17-4-202 東京・水俣病を告発する会 
豊島区池袋3-30-8 みらい館大明 108番教室 カネミ油症被害者支援センター  
Mobile:090-1792-4985 藤原   
E-Mail:QZG07170@nifty.com
0

2007/6/24

沖縄県議会、集団自決軍強制削除した検定意見撤回要請  時事問題

*個人的には、沖縄戦に関しては「日本軍による住民虐殺事件」が以前に教科書検定で削除されたことのほうが問題だと思うけど。
集団自決が軍命令か、どうかというのはたしかに見方の問題というところはあるし、赤松氏のような例もあるようだから、軍命令というところは削ってもいいかと思う。
だけど、「日本軍による住民虐殺」のほうを復活させてほしい。「日本軍による住民虐殺や、集団自決があった」と書けば、沖縄の人達が犠牲になった感じは伝わると思うし・・。

結局、これは自決した人達が戦後の援護法で遺族年金を貰えない・・というところから問題が発生しているところもあるのでは。軍人しか遺族年金は貰えないから、民間人で自決した人達の遺族は貰えない。だけど民間人であっても、ひめゆり部隊みたいに軍人の看護をしたり軍の一員として働いていたわけで。それで自決したのならその遺族が恩給を貰っていいと思うのに、法的には出来ないから、赤松氏のように嘘をつかなければいけなかったということで・・。
軍のために働き、ましてや自決までしたんだから、遺族年金を貰えて当然だ・・という気持ちは分かるし。そもそも軍人でなくても自決した人達の遺族には遺族年金を貰えるという風になっていれば、軍命令だからって嘘をつく必要はなかったわけだから。

(ニュース)
<集団自決>沖縄県議会、軍強制削除した検定意見撤回要請へ
(毎日新聞 - 06月19日 19:51)
 沖縄県議会文教厚生委員会は19日、太平洋戦争末期の沖縄戦で起きた住民の集団自決を巡り、日本軍の強制性を削除した文部科学省の教科書検定意見の撤回と、強制性の記述回復を求める意見書案をまとめ、本会議に議員提案することで一致した。沖縄慰霊の日の23日の前日、22日に提案する方向で調整している。全会一致で採択される見通しだ。
 意見書案は集団自決を「日本軍の関与なしに起こりえなかったことは紛れもない事実」とし「県民にとって今回の修正等は到底容認できるものではない」と検定意見を批判。「沖縄戦の実相を正しく伝えるとともに悲惨な戦争を再び起こさないようにするためにも、検定意見が撤回され、記述の回復が行われるよう強く要請する」としている。
 本会議で可決し、県議団が上京して安倍晋三首相や伊吹文明文部科学相らにあてた意見書を提出する。
 同様の意見書は18日までに、県内41市町村議会中30議会で可決された。更に6議会が可決を予定している。【三森輝久】
0

2007/6/21

『隠し砦の三悪人』  映画

世間の流行とかとはあまり関係なく生きている自分であるが、せめて映画ぐらいは追いかけておかないといけないと思って映画を見に街に出かけたのであるが、上映中の作品で何を見ればいいのかがよく分からず、結局、テアトル新宿の黒澤明特集で『隠し砦の三悪人』を見てくるという次第で、やっぱり自分は流行とかとは無縁の世界にいるようである・・。

だけれども、黒澤明監督の映画を全作、見ているわけではないし、そもそもそれほど熱心な黒澤明ファンというわけでもないので断言できるわけではないけれども、とりあえず見ている黒澤明作品の中では一番の痛快作だと思う『隠し砦の三悪人』をスクリーンで見るのはそれなりに至福の体験ではあった。

クリックすると元のサイズで表示します

「スター・ウォーズ」のR2-D2とC-3POのコンビのモデルになったという、千秋実と藤原釜足の百姓コンビのかけあいの面白さや、近年では北野武監督の『座頭市』も参考にしていると思われる「火祭り」のシーン、藤田進の捨て台詞「裏切り御免!」など、見所が多い作品だけれども、なんといっても、この作品の最大の見所は、男勝りの姫を演じる上原美佐の魅力ではないだろうか。なんだかんだ言っても、男っぽい世界すぎてあまり色気がない(女をあまり描かない)のが黒澤明の一番、物足りないところなのではないかと思うので、黒澤作品としては珍しく魅力的なヒロイン(それも男勝りに勝気という、黒澤明ならではの独特のキャラクターのヒロイン)を生み出し得たことが、この作品を黒澤明作品の中でも飛び抜けた痛快作にしているのではないかと思う。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2007/6/21

『ゾディアック』  映画

クリックすると元のサイズで表示します

このデイヴィッド・フィンチャーという監督は、『セブン』の頃から映像の雰囲気とかは抜群で、やっぱりそれなりの才人なのだろうと思うのだけれども、ストーリーがけっこう、なんだ、これ、もっとなんとかならないのかな・・と思うところが多いんだけど、今回の作品はもういっそのこと、物語はやめてしまった・・という感じなのかと思いました。はっきり言って、ものすごーく、退屈したんだけど、考えてみると、もともとストーリーよりも映像の雰囲気で勝負している作家(監督)であるわけだから、これはこれでこの監督の作家性を極めたということなのかな? そう考えると、別に悪い映画ではないのかもしれません。(単に個人的には退屈したというだけのことで・・。)
0

2007/6/20

『キサラギ』  映画

クリックすると元のサイズで表示します

二転、三転どころか、四転、五転するので、最後までまったく飽きさせない。よく出来たシチュエーションコメディとして感心する。脚本は『三丁目の夕日』などの古沢良太だけれども、もしかしたら三谷幸喜のように大物脚本家に化ける人かもしれない・・。
その一方、『三丁目の夕日』がそうであるように、これはどこまでもファンタジーなんだなあ・・と思った。
ここに登場するアイドルはあくまで狂言まわし的な存在。どこまでも手が届かない夢のような存在のアイドル。そうしたアイドルの裏側というのか、人間のドロドロした裏側が明かされるわけではない。個人的には、このように凝ったつくりで、人間の裏側の部分もしっかりとつかまえ出した『机のなかみ』のような作品の方が記憶に残ってしまう。この『キサラギ』はよく出来ていると感心するし、見ている時は面白いけれども、次の日には忘れてしまう感じ・・。
だいたい、愛というのは、相手のことをやたらと神格化してしまうのではなく、裏側のドロドロしたところ、嫌なところも知って、そこも含めてやっぱり好きだ・・というほうがホントだと思う。・・なんて思う自分は、そもそも「アイドルおたく」の話にリンクしないのは当然だったか・・。ごめん。
0

2007/6/20

年金対策の「骨太の方針」は国民1人1枚のITカード  ニュース

(ニュース)
<年金問題>加入記録を住基ネットと連携 政府方針
 政府は年金保険料の納付記録漏れ問題への対策として、年金の加入記録を住民基本台帳ネットワークと連携させることによって、住所を移転した人たちの年金記録を照合できるようにする方針を固めた。19日に閣議決定する予定の経済財政運営の基本方針「骨太の方針2007」に盛り込む。
 また年金、医療、介護の各制度にまたがって国民1人に一つの番号を割り振る社会保障番号を導入した上で、各制度を総合的に利用できるITカードにして国民に配布する方針。12日の経済財政諮問会議で示された「骨太の方針」原案でも、社会保障記録の管理システムについて「健康ITカードの導入に向けた検討を行い、07年内をめどに結論を得る。同年度内に個人情報の保護などに留意しつつ、基本構想を作成する」としている。
(6月17日0時42分配信 毎日新聞)

<骨太の方針07>閣議決定 年金記録…新管理システム導入
 政府は19日、経済財政運営の基本方針「骨太の方針2007」を閣議決定した。年金の記録漏れ問題について最後まで流動的だった対応策は、該当者不明の5000万件の年金記録の名寄せを1年で完了させることや、同記録の訂正や支給漏れへの対応、相談体制の拡充、新たな年金記録管理システムの構築などを盛り込んだ。
(6月19日23時8分配信 毎日新聞)

*うわっ、5000万件の消えた年金記録が明らかになり、急速に内閣支持率が下がっているのに政府はあたふたしているのかと思いきや、しっかりと「年金対策」と銘打ってこんなことを進めようとしているとは、自民党はやはり油断がならない・・。
たしかに、年金対策のためと言えば、住民基本台帳ネットワークと連携して、「国民1人に一つの番号を割り振る社会保障番号を導入した上で、各制度を総合的に利用できるITカードにして国民に配布する」なんてことが出来てしまう。これって、国民1人の情報を一本化させて一枚のITカードにしてしまうっていうことだ。今回の年金騒動がなかったら、ここまでITカードにして一本化してしまう・・なんてことには国民の反発が強かったのではないかと思うんだけど、どさくさまぎれにやってしまおうみたいな・・。
まあ、これがSFみたいな国民管理システムの構築だと騒ぐのはあまりに左翼的すぎる見方かもしれないから言わないでおくけど、実際にITカードに1本化したとして、それはそれで便利なのかもしれないけど、セキュリティという面では実に不安なんだけど・・。だいたい、その情報をどこで管理するんだろうか? 社会保険庁で? 不安だなあ、それ・・。
0

2007/6/16

「パレスチナ・ニュースソース」に「ブサイナ・ホーリー監督来日トーク巡回上映のお知らせ」  イスラエルとパレスチナ、中東

2007年6月16日、「パレスチナ・ニュースソース」の内容を更新しました。

パレスチナ・ニュースソース
http://star.ap.teacup.com/palestinia/

ドキュメンタリー映画『Women in Struggle -目線-』の、ブサイナ・ホーリー監督来日トーク巡回上映のお知らせも、連連影展のHPより転載させて頂きました。
0

2007/6/16

東京大気汚染訴訟 国・都との和解協議、最終局面へ  公害・薬害・環境・医療問題

(ニュース)
東京大気汚染 首都高がきょう5億拠出発表
6月13日8時0分配信
0

2007/6/15

「プロジェクトINAZUMA」のお知らせ(終了)  映画

ふと気づけば、知人の映画が続々、上映中なので、ご紹介。

●6/2(土)〜15(金)までシネマアートン下北沢で、「プロジェクトINAZUMA」の方々の4作品がレイトショー上映。
『INAZUMA 稲妻』(西山洋市監督)、『赤猫』(大工原正樹監督)のプログラムと、『みつかるまで』(常本琢招監督)、『寝耳に水』(井川耕一郎監督)のプログラムとが日替わりで交互に上映。
詳細は下記の「プロジェクトINAZUMA公式サイト」をー

http://www.project-inazuma.com/
0

2007/6/15

『テレビばかり見てると馬鹿になる』  映画

クリックすると元のサイズで表示します

『テレビばかり見てると馬鹿になる』
ポレポレ東中野のレイトショーで鑑賞。
原作は山本直樹のマンガ。監督は『心中エレジー』などの亀井亨。主演はアダルトビデオ女優(らしい。僕はこの娘のAVって見たことないけど・・)の穂花。
85分4カットの映画だ。デジタルビデオで長廻し撮影が可能になったので、こういう長廻しで日常をだらだらと撮った作品がこれから増えてくるのだろうか・・。
しかし、この作品は、定点観測カメラや引きこもりといったアイデアの処理の仕方、話の展開がちょっと理詰めでつくっているという感じで、登場人物のエモーション(感情)の動きがもうひとつ、納得がいかない気がしたのだけど。
いや、引きこもりの女の子の話なのだから、エモーションが感じられないというのはある意味では当たり前なのだけど(感情を失って引きこもっているわけだから・・)、それでもそうした引きこもりの女の子にちょっとした心の変化が起こる話であるわけで、その変化が起こる、変化に至るシーンではエモーションが沸き上がってくるはずなのではないかと思う。それまでエモーションが感じられない、日常をだらだらと描いていたような映画が、ある瞬間からエモーションが沸き上がってくるという風に作れたならば(もしかしたら作り手はそういうことをやろうとしているのかもしれないんだけど・・)、ちょっとしゃれた作品になり得たものなのかもしれないとは思うんだけど、しかし、この作品は、この心の変化のとらえ方も結局は理詰めで処理してしまったという感じがするのだ。作品の狙いは面白いんだけど、もうひとつ、成功していないように感じた。
0

2007/6/9

「被爆者の声をうけつぐ映画祭」のお知らせ(終了)  映画

「被爆者の声をうけつぐ映画祭」
原爆関連の劇映画、アニメ、ドキュメンタリー計19本を上映。
6月2日〜9日、明治大学リバティタワー(お茶の水)にて開催。

○上映作品
アニメーション
「ピカドン」「おこりじぞう」「ながさきの子うま」「つるにのって」「NAGASAKI1945アンゼラスの鐘」

ドキュメンタリー
「広島長崎における原爆の影響」「生きていてよかった」「歩く」「にんげんをかえせ」「ビキニの海は忘れない」「ヒバクシャ世界の終わりに」

劇映画
「原爆の子」「ゴジラ」「愛と死の記録」「はだしのゲン(第一作)」「せんせい」「黒い雨」「八月の狂詩曲」「父と暮せば」
以上、19作品

詳しくは下記の映画祭ブログをご参照ください。
僕も多少、スタッフとして関わっているものですので、よろしく。

「被爆者の声をうけつぐ映画祭」ブログ
http://eigasai.exblog.jp/
0

2007/6/7

女子高生が校内で男児出産、赤ちゃん死亡  ニュース

*しかし、ほんとに保護者も学校関係者も誰も気がつかなかったんだろうか・・。

(ニュース)
<出産>女子生徒が校内で、男児死亡 新潟の高校
6月6日12時11分配信 毎日新聞

 5日午後9時45分ごろ、新潟県長岡市の病院から「高校で出産した女子生徒が運び込まれた」と県警長岡署に通報があった。生まれた男児も搬送されたが、すでに死亡していた。同署は殺人の疑いもあるとみて、出産の経緯や男児がいつの時点で死亡したかなどを調べている。
 調べでは、男児を出産したのは同市内の県立高校3年の女子生徒(18)。5日午後5時ごろ、校内の女子トイレの個室内で産んだとみられる。出産直後、トイレ内から友人に携帯電話で連絡し、知らせで駆けつけた教職員らが病院に連絡した。
 生まれた男児は体重約2800グラム。へその緒がついたままで、洋式便器の中で見つかった。同日、女子生徒は午後3時ごろまで授業に出ていた。周囲に「午後4時ごろ、おなかが痛くなってトイレにいった」と話しているという。学校は妊娠に気づかなかったという。【北上田剛】
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070606-00000036-mai-soci

高校で出産、赤ちゃん死亡=母親は高3生徒−新潟
6月6日14時1分配信 時事通信

 5日午後9時45分ごろ、新潟県長岡市内の病院から、「女子高校生が学校内で出産し、えい児が病院に運び込まれたが死亡した」と長岡署に通報があった。出産したのは県立高校3年の女子生徒(18)で、産まれた男児は死亡した。同署は生徒の回復を待って、詳しい経緯を聴く。
 同署によると、女子生徒は同日午後4時すぎに腹痛を起こしてトイレに駆け込み、5時ごろにトイレ内で男児を出産。処置に困り、携帯電話で同級生を呼び出して事情を説明したところ、事態を聞いた校長らが現場に駆け付けたという。
 女子生徒と赤ちゃんは校長や担任、父母らに付き添われて病院に運び込まれたが、男児の死亡が確認された。
 女子生徒は当日まで通常通り登校。周囲は誰も妊娠に気が付かなかったという。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070606-00000080-jij-soci


高3女子が校内トイレで出産、携帯でSOS…赤ちゃん死亡
6月6日21時25分配信 読売新聞

 新潟県長岡市の県立高校内の女子トイレで5日夕、同校3年の女子生徒(18)が男児を出産し、男児は死亡していたことが、6日わかった。

 長岡署の調べによると、女子生徒は5日午前中から授業に出ていたが、午後4時ごろ、腹痛を起こしてトイレに行き、午後5時ごろ出産。生徒は個室内から携帯電話で友人に連絡し、駆け付けた友人と教諭が、洋式トイレの便器内に男児が産み落とされているのを見つけた。男児は病院に運ばれたが、死亡が確認された。

 男児は体重約2800グラム。同署で男児の死因などを調べている。保護者や学校関係者らは生徒の妊娠に気付いていなかったという。

 同校は6日を臨時休校とし、7日朝に生徒を集めて経緯を説明するという。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070606-00000312-yom-soci

<高校生出産>床に産み、後に窒息死と判明 新潟
6月7日3時4分配信 毎日新聞

 新潟県長岡市の県立高校のトイレ個室で女子生徒(18)が出産し、男児が死亡した問題で、女子生徒が床に出産していたことが6日、県警の調べで分かった。司法解剖で、男児は生きて生まれた後、窒息死したと判明。教員らが駆け付けた際、男児は水の入った洋式便器の中で見つかっており、県警は死亡の経緯について慎重に調べている。
 調べでは、女子生徒は5日午後5時ごろ出産。生徒と男児は病院に運ばれたが、男児は死亡が確認された。
 調べに対し、女子生徒は「(子供が)動いたのを見た」と話したといい、県警は入院している生徒の回復を待ってさらに詳しく事情を聴く。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070607-00000022-mai-soci
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ