2007/6/28

「光市母子殺害事件」あまりに世間の弁護団バッシングが行き過ぎていると思うので弁護団を擁護します!  時事問題

僕は、「光市母子殺害事件」について、今、世間で起こっている弁護団へのバッシングは見当違いだと思います。

そもそも、いかに凶悪な事件であったとしても、裁判というのは被害者家族が復讐するためにあるのではありません。まず事実を明らかにすることが先ではないでしょうか?

僕は、やはり、この犯人はかなり精神的におかしいのではないか?と思います。
というのは、手紙で、被害者の感情を逆なでするようなめちゃくちゃなことを書いていて、それがこの犯人に対するひとつの非難のきっかけになったんだけど、僕は逆にああいう手紙を書いたという時点で、この犯人は精神障害者なのではないか?と疑いました。
だって、普通、あんな裁判で自分が不利になるようなことをわざわざ書き記したりしませんよ。内心、そう思っていたとしても、それは口にせずに神妙にしているものでしょう。そのほうが刑が軽くなりますから。
それをわざわざ書くというのは、普通の精神性の人間だとは思えません。
この犯人がそういう特殊な精神性の人間であるならば、そのことをまず明らかにすることが先でしょう。
遺族の気持ちは分かるけど、まずそうした事実関係を明らかにしないことには、どうしようもない。

それから、なぜ今までそうした反論をしてこなかったのだと言われるんだけど、この犯人が精神的に未熟なのならば、反論できるわけがないでしょう。
未熟だからこそ、これまで検察に言われるままに「はい、そうでした」と何も否定しないできたわけではないでしょうか・・。ドラえもんがどうとか、いっても、他人には分からないだろう・・と思って言わないできたのかもしれないし。そういう犯人がここに来てようやく自分なりに語り始めたのであれば、むしろ、歓迎するべきことなのではないのでしょうか?

ちょっと報道や世間の人達の意見が被害者、遺族の気持ちの代弁のほうに行き過ぎているように思いますよ・・。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ