2007/10/3

『ホステル2』  映画

うまいよなぁ。前作もそう思ったんだけど、このイーライ・ロスって監督、ちょっとうま過ぎない?
相変わらずタランティーノがプロデュースなんだけど、たとえばタランティーノ監督の『デス・プルーフinグラインドハウス』のようにやり過ぎない。(まぁ、逆にとことんやるのがタランティーノの魅力なんだろうけど。)基本的にはもちろん残虐きわまりない話のホラー映画なんだけど、残虐シーンをとことん見せるのではなく、あくまで必要最小限のものを見せていって、しっかり話の語り口で引っ張るという感じなのだ。いろいろ伏線も張られているんだけど、さりげない短い台詞が伏線になっていたりして、こういうピリッとした語り口のうまさは最近の映画監督では珍しい資質なのではないか?と。
またちょっとした台詞やディテールで各人物のキャラクターをしっかりと表現しているし。特に、今回、殺すほうの側も、単に変質者としてだけではなく、女房に尻に敷かれている男で、女性コンプレックスを持っている自分を変えようとして・・みたいなキャラクター設定で作り上げていて、こういうところがリアルだよなぁと。リアルというのか、たとえばタランティーノの映画は面白いとは思っても登場人物に自分を重ねて感情移入したりするようなところはあまりないんだけど、こういうキャラクターのつくりだと自分としてもピンとくるというのか、無視できないなぁと。で、分かるだけに、ゾッとさせられてしまうわけだが・・。というわけで、個人的には評判の『デス・プルーフinグラインドハウス』よりもグッとくるところが多いことを認めざるを得ません。この監督には脱帽。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2007/10/3

『パーフェクト・ストレンジャー』  映画

クリックすると元のサイズで表示します

出てくる人間がほんとにみんな、ろくでもない。これでは観客が感情移入することが出来ないのでは。『天国の約束』のような、ちょっと捨て難い作品を撮ったりするジェームズ・フォーリー監督だけど、今回は外しましたか。

しかし、このろくでもなさはなんなんだ。たとえば『デス・プルーフinグラインドハウス』がろくでもない人間ばかりが出てくるというのとはまた違った意味でのろくでもなさだ。『デス・プルーフinグラインドハウス』の登場人物たちはろくでもないなりに可愛げもあったりするのだけど、『パーフェクト・ストレンジャー』の登場人物たちのろくでもなさは、ほんとに美人だというだけで自分のこと以外、何も考えていないじゃないかと思えるハリ−・ベリーとか、機をみて女と浮気することしか考えていないんじゃないかと思えるブルース・ウィリスとか、これではほんとにただの現代アメリカの退廃を具現化した人達でしかない。よくもまあ、スターを使ってこんな映画をつくったものだと呆れるわけだけれども、しかしそれではハリ−・ベリーやブルース・ウィリスがミスキャストなのかと言うと、必ずしもそうではないのかもしれない。むしろ、「適役」過ぎるのかも。実際にハリ−・ベリーは美人なだけですべてが許されているという女なのだろうし、ブルース・ウィリスはただのスケベ親父なのだろうから(笑)。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ