2007/11/28

原爆症認定基準見直し(中国新聞、沖縄タイムス 社説)  原爆・原発問題

*本日の中国新聞と沖縄タイムスの社説より。

中国新聞 社説
原爆症認定基準 幅広い救済への一里塚
--------------------------------
 病に苦しむ被爆者を、幅広く救済するための制度改正へどうつなげていくか。自民、公明両党の与党プロジェクトチーム(PT)が、従来の原爆症の認定基準を大幅に緩和する方針を固めた。

 検討されているのは、爆心地から四キロ以内で被爆した人や、原爆投下から百時間以内に入った人が、がんや白血病など九項目の病気になれば自動的に原爆症と認める。この条件に当てはまらないケースは、認定申請を審査している機関を改組して設ける機関が個別審査をする―などである。

 これに対し、現行基準では、爆心からの距離を基に被曝(ひばく)線量を推定。年齢や性別を加味して、個別の病気が発生する確率を計算する「原因確率」を採用している。放射性降下物を吸い込むなどして生じる内部被曝や、残留放射線の影響が過小評価されている、との指摘もあった。

 被爆者健康手帳を持つ約二十五万人のうち現在、原爆症と認定されているのは1%未満の約二千二百人にとどまっている。厳しさに疑問を感じているのは被爆者だけではあるまい。今回の基準が適用されれば、認定される被爆者は約十倍の二万人以上に増える見込みという。

 認定を求める集団訴訟で、国が六度も続けて敗訴したのも、基準が実態を反映していないという疑問があるからだ。遠距離や入市の被爆者にも、推定被曝線量だけでは想定できない脱毛や下痢などの急性症状が出ていた。こうした点が、司法の判断につながった。

 基準の見直しは、安倍晋三前首相の表明から本格化した。PTの活動は、自民党厚生労働部会の原爆被爆者対策に関する小委員会が、新基準づくりなどを盛り込んだ提言をまとめたのを受けた。

 今後は、厚生労働省の検討会が、年内に報告書をとりまとめることになる。これまでの基準にこだわるあまり、小幅な変更にとどまる可能性もある。PTの動きには、検討会のこうした流れをけん制し、救済対象をできるだけ拡大しようとの思いがうかがえる。

 基準については、被爆者の間に「線引きなどしないで、病気になっている全員を救済してほしい」と求める声も強い。理解を得られるよう、十分に説明する努力も必要だ。行政の壁が厚いなら、政治が突き動かすのも一つの道だろう。被爆者の高齢化は進み、平均年齢は七十五歳に近い。立ち止まっている時間はない。
http://www.chugoku-np.co.jp/Syasetu/Sh200711280161.html

沖縄タイムス 社説(2007年11月28日朝刊)
[原爆症認定基準]
見直しを歓迎したい
 原爆症認定をめぐる訴訟で国側敗訴が続く中で、被爆者団体から「厳しすぎる」と批判されてきた原爆症認定基準の見直しがようやく実現しそうだ。

 与党のプロジェクトチーム(PT)は、爆心地付近から約四キロ以内で直接被爆したり、投下後約百時間以内に爆心地に入ったりした被爆者で、がんや白血病など九項目の病気になった人を自動的に原爆症と認定する方向で提言をまとめる。

 現在約二十五万人が被爆者健康手帳を持っており、このうち原爆症認定者はわずか約二千二百人。与党PT案によると、現在の約十倍に当たる約二万人が認定される見通しだ。

 厚生労働省は二〇〇一年、爆心地からの距離に基づく被ばく放射線量と、年齢や性別、病名を組み合わせて病気が被爆に起因するかどうかを判断する「原因確率」を導入している。

 現行の基準は爆発時の初期放射線の影響を重視しているため、放射性降下物や誘導放射線など残留放射線の影響を受けたとされる「遠距離被爆」「入市被爆」の認定は難しくなる。

 与党PT案では基準が大幅に緩和され、条件に漏れた人も「二段階方式」で個別に認定の可否が審査される。

 従来基準と比べて大きな前進と評価でき、見直しを歓迎したい。だが新基準による救済で万全といえるか、線引きには合理性があるかどうか、早急に問題点を詰めていく必要がある。

 被爆者の平均年齢は七十五歳。救済へ向けた議論を急ぎ、政府も最終案の取りまとめに全力を傾けてほしい。

 認定申請を却下された被爆者が国に認定を求める訴訟は十五地裁、六高裁で係争中だ。東京など六地裁で国側が六連敗し、安倍晋三前首相が基準見直しを検討する意向を表明。与党内で政治決着を目指す動きが加速した。

 厚労省は「科学的根拠に基づいた認定基準と審査」を強調し、「判決は一般的な医学・放射線学と理解が異なっている」などとして控訴している。

 各地裁の判決は、現行基準について「残留放射線の影響評価などで限界があり、科学的根拠を厳密に求めると、被爆者救済という被爆者援護法の目的に沿わない」「残留放射線による外部被ばくや内部被ばくを十分検討しておらず、限界や弱点がある」などとして、被爆者を救済する判断を示した。

 科学的な根拠や厳密な因果関係の判断にかたくなにこだわるだけでは、この問題を打開することは難しい。

 「厚労省は私たちが死ぬのを待っているのでしょうか」という高齢の被爆者の声を真摯に受け止め、被爆者救済の枠を可能な限り広げていくべきだ。
http://www.okinawatimes.co.jp/edi/20071128.html#no_1
0

2007/11/28

『理屈、論争と物語』  映画

東京フィルメックス映画祭で、インドの巨匠、リッティク・ゴトク(以前はリトウィック・ガタクとも表記されていたが、今回はリッティク・ゴトクとなっているのでこちらで統一したい。なお、リッティク・ゴトクという表記はすでに1987年9月発行の雑誌『コッラニ』12号でそのように表記されているし、別に今回、初めてこのように表記されたわけではない。というか、もともと最初はこの名前で日本に紹介されていたのではないかと思うのだけど・・)監督の最後の長編劇映画という『理屈、論争と物語』(1974年)をようやく見ることが出来たわけだけれども、以前に『雲のかげ星宿る』(1960年)を見て、すっかり(たとえばダグラス・サークのような)メロドラマの巨匠なのかと思っていたリッティク・ゴトクという監督が、こんな飄々とした、70年代ヒッピー文化に通じているようなというのか、ジャック・リヴェットの親戚みたいな、ポップな前衛作品を遺作として撮っていたとは嬉しくなる。

クリックすると元のサイズで表示します

なんといっても若い娘の登場のさせ方のあまりのデタラメぶり(まったく、なんの必然性もなく妻に去られた男のもとに突然、見知らぬ若い娘がたずねてくるのだ・笑)にのけぞったが、この「若い娘」という存在自体が、もしかしたら50年代から60年代前半の全盛期のインド映画に対するオマージュだったのではないだろうか・・。この頃のインド映画はまさに女優の宝庫だったのだから。あのインドの吉永小百合と言うべきヌータンや、ラージ・カプール監督の女神のナルギス、グル・ダット監督を狂わせたワヒーダー・ラフマーン、あるいはミーナークマーリー、スライヤー、『シュボルノレカ河(黄金の河)』のマドビ・ムカルジー・・。特に、イメージとして決定的だったのは、『スジャーター』(ビマル・ラーイ監督)でヌータンが演じた不可触民の娘と、文字通り、「インドの母」と言うべき『マザーインディア』(メーフブーブ監督)のナルギスだったのではないだろうか・・。というわけで、『理屈、論争と物語』で若い娘が唐突に登場することは、ストーリー上の必然性は何もないのだけれども、やっぱり「必要」なことだったのかもしれない。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ