2007/12/3

『ミッドナイト イーグル』  映画

成島出監督がこのようなメジャーな大作映画を撮ったことをとりあえず祝福しておくとして、まぁ、大作の日本映画にありがちな突っ込みどころ満載の作品ではあるのだけれども、もともとある程度、「突っ込みどころがあるちょっと怪作の大作映画」というのを期待(?)して見にいったわけだからそこらへんは気にしないことにする(笑)。
いや、でも、突っ込みどころ満載と書いたけれども、トータルにはまとまっているほうだと思いますよ、これ。
というか、これを防衛省寄りの映画として批判する気にあまりならないのは、いざという時にアメリカは何にもしてくれず日本が自力でなんとかしなければならない・・という点をきちんと押さえて描いていると思ったから。つまり、この映画は防衛省も協力していて、実際、防衛省を喜ばすような話(ストーリー)のものだと思うのだけれども、同時に、アメリカべったりであることへの批判も実は盛り込んでいて、そこの作りになるほどとちょっと納得したのです。

クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ