2008/6/8

タイ式シネマパラダイス、『ヌーヒン バンコクへ行く』  映画

クリックすると元のサイズで表示します

シネマート六本木、「タイ式シネマパラダイス」で『ヌーヒン バンコクへ行く』。
この大傑作アジアンコメディ映画をこうした特集上映の機会にしか日本の観客が見ることが出来ないのではもったいない。ぜひぜひロードショー公開してほしいもの。
人気マンガが原作らしいが、日本でいえば「ちびまる子ちゃん」みたいなものなのか!?マンガ的なキャラクターの勝利とも言えるが、マンガ的なキャラクターを実際の生身の役者が見事に成りきって演じていてそのアクションは見事に映画になっている。だから、マンガ原作の荒唐無稽な世界を無理に映画にしているというわけではなくて、映画として実に生き生きとした、「これこそが映画だ!」と言いたくなるような、絶妙なバランスで映画が成立しているというのか・・。コメディって、シチュエーションがよく出来ていて笑わせるものと、アクションそれ自体で笑わせるものとがあると思うのだけど、この作品はその両方の要素が混在していて、その混在ぶりがなんとも言えない絶妙な味わいを醸し出しているように思えて、それがまさに「コメディ映画ってこういうもののことを言うんだ!」と唸らせるようなものになっているのではないかと思う。こういう至福の映画を現在進行形でつくっているタイやマレーシアの映画界の活気が羨ましい!
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ