2008/6/26

『ドモ又の死』  映画

現代(平成)の薬物の更生施設に入れられているジャンキーな女の子たちが、大正時代の有島武郎の戯曲の芝居を演じる様を描いた・・という、よく分からないストーリーだが、雰囲気はちょっとリヴェットの映画みたいで(分からないなりに)面白くはあったけど。大正時代と現代が交錯するあたりが興味深い。やっぱり今の時代と大正時代とは通じる何かがあるんだと思う・・。
なぜか、萩尾望都先生が役者として出演しているのだが(監督は少女マンガファン?)。
でも、まあ、こういうわけがわかんない映画を撮る監督はやっぱり「天才」だよなー。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2008/6/26

捕鯨問題、どっちも逮捕して欲しいね  時事問題

捕鯨問題、グリーンピースジャパンの人達の逮捕の件についてひと言。
僕は、グリーンピースジャパンの行動は窃盗行為に当たるのかなとは思うので、逮捕されたのは仕方がないように思うのですが、横領行為のほうがきちんと調べられもせずに不起訴になったのは不当だと思います。グリ−ンピ−スの人達と鯨肉を横領している人達の両方とも逮捕するのが一番、公正ではないか?と思います。以上が僕の見解ですね。
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ