2009/1/4

イスラエル軍の暴挙、止まらず!ガザ、地上戦に・・(2009年1月4日、その1)  イスラエルとパレスチナ、中東

*イスラエル軍の暴挙、ついに地上戦に・・。アメリカ政府は傍観・・というより、露骨にイスラエル擁護、ハマス非難の姿勢(ブッシュ現大統領のみならずオバマ新大統領のそのような意向の模様。オバマ、早くも馬脚をあらわしたか?)で、もはやアメリカ政府は戦争を進める共犯者と言える。この世界は狂っている。

(ニュース)
イスラエル軍、地上戦へ準備着々
ハマス側は抗戦の構え

2009年1月4日0時28分

パレスチナ自治区ガザとの境界に近いイスラエル南部で、地上戦に向けた道路整備に追われるイスラエル軍兵士ら=井上写す


 【スデロト(イスラエル南部)=井上道夫、エルサレム=古谷祐伸】イスラエル軍が3日、パレスチナ自治区ガザへの空爆に加え地上からの砲撃も始めたことで、緊張が一気に高まりつつある。イスラエル軍は地上戦に向けた準備も着々と進めているが、ガザを支配するイスラム過激派ハマスも強気の姿勢を崩していない。

 3日夕、ガザ北部との境界に近いスデロト近郊で、イスラエル軍がガザに向けて砲撃を開始し、攻撃は新たな展開を見せ始めた。スデロト近郊のガソリンスタンドの従業員は「空爆はずっと続いているし、数日中に地上戦が始まるかもしれない」と不安そうに話した。

 ガザ周辺からエルサレムなどの主要都市へ向かう幹線道路には、24時間態勢で警戒にあたるパトカーや軍用車両が多数配置され、ガザとの境界付近には戦車や装甲車が集結している。大型トラックが次々に砂利を搬入し、突入に向けた道路整備を兵士らが急ピッチで進めていた。

 さらにガザ北部の境界に近づこうとすると、検問所の警官が「通行止めだ。引き返せ」。イスラエル軍は先月27日の空爆開始以降、ガザ周辺のイスラエル領を軍事制限区域に指定。取材可能な場所は日ごとに狭められている。

 イスラエル軍の空爆にもかかわらず、ハマスのロケット弾攻撃はやまない。3日も午前中に迫撃砲やロケット弾計15発が着弾。空爆開始から計約470発がガザから撃ち込まれている。

 空爆でハマスの攻撃が止められない場合には、イスラエル軍が地上戦に踏み切る可能性がある。ハマス政治部門の在外指導者メシャール氏は2日夜のテレビ演説で「イスラエルが地上戦という愚挙に出るなら、暗黒の運命が待ち受けるだろう」と語り、徹底抗戦の姿勢を示した。

 国連は犠牲者の25%以上が民間人だと指摘。国連人道問題調整事務所(OCHA)によると、ガザに住む150万人の8割に人道援助が必要な食糧危機が起きている。
http://www.asahi.com/international/update/0103/TKY200901030098.html

ガザ:イスラエル、主要道路を砲撃 地上侵攻を準備か

 【エルサレム前田英司】イスラエル軍は3日午後、イスラム原理主義組織ハマスが支配するパレスチナ自治区ガザ地区に対し、先月27日の空爆開始以降、初めて地上から砲撃を加えた。イスラエルのメディアによると、ガザを縦断する主要道路を標的にしているとの情報もあり、地上侵攻に向けた準備の可能性が高い。

 ガザ境界付近には地上侵攻に備え、すでに約1万人のイスラエル軍部隊が集結している。AFP通信によると、ガザで放送するハマス系のテレビやラジオが電波妨害を受けているという。

 シリア亡命中のハマスの指導者メシャール氏は2日夜、テレビで演説し、イスラエル軍の地上侵攻を想定した戦闘準備は整ったと表明し「徹底抗戦」を宣言。ハマスはイスラエル領内へのロケット弾攻撃を続けている。

 これに対し、イスラエル軍は3日も空爆を継続し、新たにハマス軍事部門の幹部を殺害した。海上からの攻撃も加えた。米政府はイスラエル軍の地上侵攻について「イスラエル自身が決断すること」と事実上、黙認する姿勢を示している。

 AFP通信によると、3日までのパレスチナ人死者は442人に達した。国連はこの死者数の少なくとも4分の1が民間人と推計している。
http://mainichi.jp/select/world/news/20090104k0000m030054000c.html

ガザ:イスラエル軍 地上侵攻を開始

3日、ガザへの地上侵攻を開始したイスラエル軍=ロイター

 【エルサレム支局】イスラエル軍は3日夜(日本時間4日未明)、パレスチナ自治区ガザへの地上侵攻を開始した。軍報道官が米CNNテレビなどに確認した。イスラム教原理主義組織ハマスのロケット攻撃陣地の制圧が主な目的。軍当局によると、作戦は長期間に及ぶ予定だという。先月27日に始まり、死者が440人を超えた対ガザ攻撃は、さらに拡大した。

 ロイター通信によると、ガザ北部ベイト・ラヒヤの住民が、戦闘ヘリを伴った戦車が境界のフェンスを越えて侵攻を開始するのを目撃した。一部の戦車は砲撃を行っていたという。ガザの別の場所でも侵攻が始まったとの情報もある。

 イスラエル軍報道官は「歩兵、工兵、海軍も関与している」と説明、標的が多いため作戦は長期間に及ぶとの見通しを示した。侵攻開始を受け、イスラエル当局は数万人の予備役の追加招集を発表した。

 リブニ・イスラエル外相は地元テレビに「今回の作戦が長期的な平穏をもたらすことを期待している」と述べ、ハマスに対する軍事的圧力を強めて停戦交渉を有利に進める意図を示唆。今後、数次にわたる作戦が必要になる可能性もあると語った。

 ハマスは侵攻作戦を激しく非難、ガザ領内の交戦でイスラエル兵士数人を殺害したと発表した。
http://mainichi.jp/select/world/news/20090104k0000m030095000c.html

イスラエル軍地上部隊、ガザへの侵攻開始 武装した数十人のパレスチナ人を殺害

イスラエル軍は3日、パレスチナ自治区ガザに地上部隊を侵攻させた。
イスラエル軍は、イスラム原理主義組織「ハマス」がロケット弾を発射している場所を制圧するのが目的だとしていて、AFP通信によると、イスラエル軍はガザ地区への地上侵攻後、武装した数十人のパレスチナ人を殺害したという。
イスラエル軍の攻撃によるパレスチナ人の死者は、これまでに460人を超えている。
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn/20090104/20090104-00000925-fnn-int.html

米大統領「一方的停戦、受け入れられぬ」 イスラエル擁護鮮明
1月4日8時1分配信
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ