2009/4/30

『グラン・トリノ』  映画

個人的には『センチメンタル・アドベンチャー』が一番、好きなクリント・イーストウッド作品なので、『センチメンタル・アドベンチャー』を思わせるところ(喀血)が好き。ラストのかすれた歌声も、どことなく『センチメンタル・アドベンチャー』を思い起こさせた。
それにしても、この脚本はもともと別にイーストウッドのために書かれたわけではなく、あったもので、しかも基本的に脚本の台詞を変更せずにそのままだと言うんだけど、そのことが一番、驚きかもしれない。よくこんなイーストウッド向きの話が転がっているものだなあと。
『チェンジリング』だって実話だと言うし、イーストウッドで一番、謎なのは、けっこう脚本家はいつも違う人のものなのに、ああ、これはイーストウッドのやる話だよなあという一貫性があるということ。イーストウッドの映画の物語には明らかに傾向というのか、一貫性があるからね。(補足として、『ミスティック・リバー』公開時に僕が書いた一文を最後に加えます。)それが、毎回、違う脚本家(違う人が考えた話)というのは一体、どういうことなのか・・。
まあ、ハリウッドはとにかく脚本のストックがたくさんあるので、イーストウッドの嗅覚を刺激するものが探すとそれだけ転がっているということなのかもしれないけど・・。で、それはよく出来た脚本でも、イーストウッド以外の人だったらなんだか、これはちょっと違うなあ・・と思って自分の映画には選ばないものをイーストウッドはこれだと思うことが多いということなのか・・。たぶん、これにはキリスト教との関係というのか、立ち位置みたいなのがあって、そこらへんは日本人には分かりにくいところなのかもしれないが、やっぱりキリスト教文化圏の人だとそうした価値観がどこかで身についてるからこの映画で描かれるような教会とか神父の描き方にはどこかで本能的に反発するものがあって、この物語はどこか違うんじゃないか?と思いがちなのであるが、イーストウッドは逆にそこに興味を持つのかもしれない。
それと、これもキリスト教と関連あることなのかもしれないが、「家族・親族を信じられない人の物語である」ということ。そこに違うと思う人がいるのではないか?と思うのだけど、イーストウッドは逆にこれだと思うのかもしれない。そのように家族の物語として考えて行くと、小津の映画が想起されるわけだけど、しかし、小津とイーストウッドをそうした連関性で考えると、冒頭に書いたように、イーストウッドはいつも脚本家が違う人のものであるということが、つまり小津のように特定の脚本家の人と話を練り上げていったわけでもないようだということがやはり驚きとして浮かび上がってくる。
それにしても、『グラン・トリノ』でもやはり「家族・親族を信じられない人は不幸になる」ということが描かれているのであるが、イーストウッドが繰り返し、そうしたことを描いて来たのはなんなのだろうか。今回の作品の、妻の懺悔しなさいという言葉に従わないことの苦悩というところは『許されざる者』を思わせる。(ただ、今回の『グラン・トリノ』で、妻が懺悔してと言ってたのは、朝鮮戦争とかのことよりも、親族に対するふるまいについて懺悔してと言いたかったのではないかと思うんだけど・・。)あるいは、『ミスティック・リバー』の、家族が信じられなかった人は不幸になる・・というかのような展開。だからこそ、『チェンジリング』のヒロインはひたすら息子の帰還を信じようとした(家族を信じようとした)わけなのか・・。
そういう意味では、『グラン・トリノ』では、悪者の若者たちの側も、一見、ひたすら理不尽に悪者であるかのように思えるかもしれないけど、実はそうではなく、論理があって動いていることが分かる。つまり、このどうしようもないように見える若者たちも、最初は、親族だから救おうとして、自分達なりに「正義」の行動をしようとしたのであることが描かれている。なのに、親族の青年が無視したから腹を立てたわけだ。理由があるのである。それが理由だから、この若者達はイーストウッドが演じる主人公の家を襲うのではなく、あくまで親族を執拗に襲おうとしたのではないか。つまり、彼らはイーストウッドが演じる主人公の行動に腹を立てているのではなく、親族の人達の自分達への対処を問題にしているのではないだろうか。


(補足)『ミスティック・リバー』公開時に僕が書いたもの
本作「ミスティック・リバー」について、9.11以降のアメリカをとらえていると書いたのだけれども、それだけ現実世界をつかまえた迫真性をもつ作品だと思ったのでそう考えたのだけれども、しかし、実はここで描かれている、法律による善と悪の観念をこえて人間をとらえようとする観点は、イーストウッドが一貫して描いてきた主題である。だから、特に9.11以降だからこうした映画を撮ったと考えるのは間違いだったかもしれない。

そもそも、出世作「ダーティハリー」からして、法のルールの範疇をこえて捜査をするはみ出し者の刑事の活躍を描くものだし、「アウトロー」(1976)は殺された妻の復讐をしようとする農夫を描く話だし、あるいは「許されざる者」(1992)にしても、法のルールをこえて動く人物たちをイーストウッドは繰り返し描いて来た。
こうしたイーストウッドの姿勢を、タカ派的な思想であると見ることはもちろん出来ると思うし、実際、イーストウッドはタカ派の人なのだろうと思う。
だが、イーストウッドが繰り返して描いて来たそうしたドラマを、端的にタカ派思想を肯定するものとしてとらえるべきなのかどうかは疑問である。というのは、イーストウッドの映画ではそうしたタカ派的人物がそうした行為を行った結果の苦悩や葛藤も描かれていると思えるからである。ならば、そうした人物を必ずしも肯定しているとは言えないのではないかと思う。
それよりも気にかかるのは、こうした人物が出て来ることがまるでこの社会の必然であるとイーストウッドはもしかしたら考えているのではないかと思えるぐらい、繰り返し、現状の法や裁判の制度に対する不信感、正義が現状の世界で機能していないという不信感がドラマの主軸として描かれて来たと思えることである。
たとえば、「ガントレット」(1977)は裁判の証人が命をねらわれるのを守ろうとする話だし、「真夜中のサバナ」(1997)や「トゥルー・クライム」(1998)は冤罪かと思われる事件に取り組むジャーナリストや新聞記者の話である。
あるいは、「ペイルライダー」(1985)や「許されざる者」は悪徳な保安官と対決する話だ。本来、正義を守るべき保安官が悪徳なことをしている認識のもとにドラマが描かれているわけである。
ここまで繰り返しこうした話を映画にしてきたことを考えると、やはりイーストウッドは法や裁判の制度の機能に対する不信感、あるいは現状で正義が機能しているのかということに対する不信感というのか、絶望感をもっているとしか、思えない。
「パーフェクトワールド」(1993)に至っては、主人公の刑事はかつて逮捕して刑務所におくった少年がそのために犯罪を繰り返す人間になったのではないかと苦悩しているのである。ここには逮捕して刑務所に入れても結局は人間は裁くことは出来ないのではないかという考えさえ、読み取れないことはない。
だから、この「パーフェクトワールド」の思考の延長で考えるならば、「ミスティック・リバー」のショーン・ペンにしてもやはり刑務所に入った人間であるということがかえって彼をあのような人物にしたのではないか?ということが描かれていると読み取れるのである。
もちろん、だからといってそうした人物を肯定するというのは近代社会の法というもの自体を否定してしまうような話であり、暴論にしかならないと思うけれども、そもそも人間の善と悪とはなんなのか、法というものがなんなのかということにまでイーストウッドは不信感をもっているのではないかと思えてくるのである。
だから、「アウトロー」のような復讐の話と、「トゥルー・クライム」のような冤罪をはらそうとする話とは表裏一体のものなのだと思う。
3

2009/4/23

『真心話』(大傑作!)  映画

イー・トンシン、今回、続けて見て、つくづくこの監督はウォン・カーウァイなんかよりもずっと素晴らしいと思う。特に、『ぼくの最後の恋人』と『真心話』は大傑作だと思うが、しかし、この素晴らしさをいったい、どのように語ればいいというのだろうか。
『フル・スロットル ー烈火戦車ー』ならバイクレースに明け暮れる青春ものとか、『早熟』なら高校生の妊娠を題材にした思春期、ティーンの恋愛ものとか、こういう売りの映画とまだ言えそうなものだが(しかし、実際には、『フル・スロットル ー烈火戦車ー』も、『早熟』も、そうした作品の題材でイメージするものとはまったく違うところに物語が着地していると思える。その展開にはあっと驚かされ、それこそがこの監督の作品の凄さであるのだと思うのだけれども)、『真心話』、これにはいったい、どういう「売り」があるというのか? それとも、この映画はいわゆる「等身大もの」というやつなのか? いかにもという「売り」はないけど、「等身大」の青春ものであることが素晴らしいみたいな・・。そうなのかもしれない。たしかに、ここには普遍的な若者たちの悩みが描かれているとも言える。しかし、「等身大」とかリアルとかいうことだけではすまない何かがあるような気がするのだ。たしかに奇跡のようにすべてがリアルであるのだけど、同時にすべてが夢のようでもある・・。まあ、それが「恋愛」ということなのかもしれないけど・・。「恋愛」とは、単に共感しあえる者同士が癒しあうことを言うのではない。『真心話』で描かれるのは、むしろ、まったく違った境遇に育った男と女がいかに理解しあっていくか?ということの物語だと言える。そして、「違う」からこそ、相手のことを分かろうとするし、「恋愛」が生じるのかもしれない。そのことをこんな風に描けるとは驚きだ。
優れた企画、アイデアの映画というのはいっぱい、あるし、それはそれでたいしたものだと思うけれども、『真心話』のような映画は、このような映画が世の中に成立して存在しているということは、それ自体が驚くべきことなのではないかと思う。
2

2009/4/19

イー・トンシン監督映画祭で3本  映画

シネマート六本木、イー・トンシン監督映画祭、初日。
映画はアクション!
『忘れえぬ想い』で婚約者の恋人を失ったセシリア・チャン演じるヒロインがつぶやく、「変よね、涙が出ないの」。このヒロインがめそめそ泣き過ごしたりしていない健気な女であるからこそ、逆に観客のほうは目頭が熱くなるのをおさえることが出来なくなる・・。観客が涙するのは、メロドラマとしての筋書きによるものだけではない。もちろん、これは上質のメロドラマであることは疑いようもないのだけど、筋書きだけだったらほかにも同様のものがありそうな『忘れえぬ想い』が、他の類似のストーリーの映画と異なるものでもあり得ているのは、同時にこれがアクション映画でもあるからではないだろうか。実際、このヒロインがとった行動は、めそめそしている場合じゃないとばかりに、彼が遺した彼の息子の少年を守るために、彼の代わりにバス運転手になるという(バスの運転の経験なんてまったくないのに!)具体的な「アクション」にほかならないのだから。メロドラマを、恋愛ものを、アクションものとして撮ること。映画はアクション、人生はアクション、恋愛はアクション。その香港映画魂こそがイー・トンシンを「メロドラマの名匠」の域に留まらない映画を撮る監督にしているのではないだろうか。
傑作ラブコメディ『ぼくの最後の恋人』でも事情は変わらない。もちろん『忘れえぬ想い』は名作と言っていい作品であり、内容的な面の充実ぶりから考えてもこれをイー・トンシン監督の代表作の一本とすることに異論はないのだけど、しかし、軽快なラブコメディの『ぼくの最後の恋人』はもしかしたら『忘れえぬ想い』以上の大傑作なのだった。(それだけに『ぼくの最後の恋人』上映でトラブルがあったことはちょっと残念だったけれども。)
『忘れえぬ想い』のセシリア・チャンが「変よね、涙が出ないの」とつぶやくのが逆に観客の涙腺を誘うように、『ぼくの最後の恋人』のミリアム・ヨンは男勝りの酒豪で、だからいつも自分より男のほうが先に酔っぱらってしまうので自分が介抱してあげなければならなくなるのだけど、男が吐いているのを見ても平気な時にああ、この男を愛していると思うという健気な女であるわけだけど、しかし、決まって男は酔っぱらうと「結婚しよう」という言葉を口にするんだけど、翌朝、しらふになると男は口にしたことを忘れているという、だから酔っぱらった男が言うことは信用できないという女で、そう言いながらぐいぐいと男勝りに酒を飲むわけだから、観客のほうは逆になんともこのヒロインがいじらしく思えて来てしまうわけなのである。まあ、この男勝りの酒豪のアクションぶりといじらしさの落差こそがコメディであるということなのかもしれないけれども。そして、『忘れえぬ想い』が「アクションメロドラマ」とでも言うべき作品であるように、『ぼくの最後の恋人』は「アクションラブコメディ」なのだ。
また、イー・トンシン監督の映画は、裏稼業に生きる香港人たちを描いた映画でもある。『忘れえぬ想い』のミニバス運転手は、正規の組合には属さない不法な営業によるものだったし、ポルノ映画の世界を題材にした『夢翔る人 色情男女』も、映画内映画と言える撮影現場を描いたものでありながらシネフィル的な「映画愛」作品の域に留まらない作品になっているのは、それがポルノという裏稼業に生きる人達を描いた香港庶民派喜劇であるからだ。そして、ここでも、結局はアクションなのだ。この映画の1エピソードで、ある売れない監督は、走って、走って、ついには本当に現実の映画の撮影現場からいなくなってしまうのだから!ピンク映画の撮影現場を描いた森崎東監督の『ロケーション』を思い起こさせる、ポルノ映画の撮影現場をアクション映画として描いた快作である。
「アクションメロドラマ」、もしくは「アクションラブコメディ」。そういうジャンルがあるのかどうかは知らないけれども、イー・トンシン監督のこの3本の映画はそういうような言い方がふさわしいのではないかと思う。そして、ジャンルとしてそういうものが確立されているのかどうかはよく分からないけど、日本映画のファンならかつて「アクションメロドラマ」「アクションラブコメディ」と呼べるような映画を撮っていた監督のことを知っているのではないかと思う。川島雄三である。川島雄三のような「アクションラブコメディ」を現役で撮っている監督が香港にいることに日本映画のファンはくやしい思いをするべきなのかもしれない。
付け加えておくと、『夢翔る人 色情男女』で主人公の映画監督が自分がどういうポルノ映画を撮ればいいのか分からなくなって参考のために見るのはなんと『変態家族 兄貴の嫁さん』なのだった。こんな風に『変態家族 兄貴の嫁さん』を引用してみせる香港の映画監督の勉強ぶりと才気にもやはり日本映画ファンはくやしい思いをするべきなのではないだろうか。
0

2009/4/11

『イエスマン』  映画

クリックすると元のサイズで表示します

傑作!
コメディなのに泣ける。ジム・キャリーは偉大だとマジで思った。
ジム・キャリーの「一人称コメディ」部分も、見事にシチュエーションコメディとして設定にハマっていてまったく浮き上がっていません。
新興宗教的なセミナーみたいなのをネタにして、楽しめるコメディにしているというのも凄い。
さらに、ラブコメというのか、ラブストーリー部分も抜群(ズーイー・デシャネル、最高!)で、しかも、途中まではラブストーリーのシーンとそれ以外のシーンとが別にあるという感じで、別の話がそれぞれ進行しているとも思えたのですが、それが見事に合致していくんですね。こういうのが構成の妙なのだと思った。
ほんとに凄くよく出来たシチュエーションコメディ。やっぱりアメリカ映画はうまいなぁー。脱帽。
0

2009/4/10

『ダイアナの選択』  映画

話のネタ自体は特に面白いとは思わないものの、編集の念の入り方と、何より、多感なティーンの女の子の、背伸びして悪ぶっている面とピュアな面とが同居しているようなキャラクター造型がうまく出来ていると思われるという点で面白いように思いました。
ただ、逆に、あまりに念がはいり過ぎているので、このカットはこういう意味・・みたいな、意味性にとらわれ過ぎているような気はしないではないし、ヌーヴェルヴァーグの映画のように意味性をこえてゾクゾクするというわけではないので、つまり端的に言ってこの映画よりもたとえばロメールの映画のほうが「ああ、これが映画なんだよなぁ・・」と思わざるを得ないという気もするのだけど、でもこれだけ女性の心理描写のようなものを丹念に表現してくれるのであればそんなことを言ってこの映画を否定してしまうのもどうかという気もしてくるのであり、結局はこの監督の力量に感心する次第です。
(というか、ネタ自体はそれほどのことではないにしても、「女性もの」としてこういうのを見せられると、「ふむふむ、女性っていうのは何を考えてんのかなー。女性心理を分析してみよう・・」みたいな観点で見れるからそれはそれで面白いことなのかも・・。)
0

2009/4/4

『REPO! レポ』  映画

まさに2000年代の『ロッキー・ホラー・ショー』と言うべき快作。こういうロックSFゴシックミュージカル(?)はあまり見たことがないから新鮮。
サラ・ブライトマンの歌声はほんとに凄い。
パリス・ヒルトンがああいう役をやっているというのもネタとしても面白い。

監督は『ソウ』シリーズのダーレン・リン・バウズマン。この監督は、抜群に物語の語り口がうまいと思うイーライ・ロスや、ホラーの見せ方がうまいアレクサンドル・アジャと比べると、ストーリーの語りの面がやや弱いかなと思っていたんだけど、やりたかったのがこういう世界だったのなら話は別かも。これはもう、ストーリーの語り口がどうこうというより、映像と音楽をいかにミックスさせていくかの純粋な追及の世界という感じですからね。こういうロックSFゴシックミュージカルはこれまであまりなかったジャンルのものではないかと思うので、ぜひ、今後も極めていって欲しいものです。
0

2009/4/3

『フロスト×ニクソン』  映画

ロン・ハワードは純愛の人なんだと思う。この監督の映画では、ドロドロの三角関係みたいなものが描かれることはあまりないようだから。『ラブINニューヨーク』なんかはスクリューボールコメディをやろうとしたのか、婚約者がいる青年が娼婦の女にひかれていくという話だったけれども、『スプラッシュ』では恋敵はあらわれない。2人の間にある障害はあくまで人間と人魚ということなのだ。でも、『スプラッシュ』のように人間と人魚の恋物語というのをコメディとして面白く見せられればいいのだけど、恋敵があらわれないロン・ハワード監督の恋愛ものは、時には「恋愛もの」として単調になりかねない。アツアツのカップルとか仲がいい夫婦の話を見せられても、まあ、観客としては面白いかというとねぇ。
そういうわけで、恋愛部分は時には単調になりがちなロン・ハワード監督の作品なのだけど、この『フロスト×ニクソン』はそのへん、うまく処理していると思う。フロスト側とニクソン夫妻との2組のカップルのアツアツ純愛ぶりを対比して見せるだけで面白く効果をあげているのだから。それにしても、こんな風に取材中にたまたま乗った飛行機で女をナンパしてそのまま仕事の助手兼彼女にしてしまうなんて、ウソだろ、そんなうまい話があるわけがない・・と思うのだが、それもコメディとしてうまく話の中に入れているから、ま、いっか・・で観客がすんでしまうのである。これが「恋愛もの」だったら、ああいう出会い方は御都合主義では・・と観客は思うかもしれないのだけど、ニクソンを題材にした政治ものかと思って観客は見に来ているので(日本で言えば「立花隆×田中角栄」みたいな・・。そんなの、誰も見たいと思わないだろうけど・笑)、ああいうシーンに逆に意表をつかれて面白く思ってしまうのだ。ズルイとも言えるが、やっぱりうまいとも言える。
0

2009/4/3

『ウォッチメン』  映画

呆れた。この手の「悩めるスーパーヒーローもの」(?)って、昨年の『ダークナイト』は面白く見たんだけれども、今回のこれは「悩める」というよりも、ほんとにただの退廃したスーパーヒーローたちものっていう感じで、「悩める」も何も、そもそもこいつら、本当に地球のこととか人類のこととか数百万人の人間が死んでいるということについて1パーセントでも(少しでも)考えているのかどうかさえ疑わしい。こんな話にどういう風に共感して見ればいいというのだ。こんなろくでもない話を金かけて映像化した人達がいることのほうがむしろ驚きである。
まあ、もしかしたら「アンチスーパーヒーローもの」かな?と思って見に行ったほうが間違いで、これはアンチですらなく実はスーパーヒーローものではまったくなく(「アンチスーパーヒーローもの」というのなら一応、「スーパーヒーローもの」の範疇に入りますから)、ただの退廃した現代アメリカ人を描いた映画だったのかもしれない。あ、それで『リトル・チルドレン』と役者が2人、ダブっているわけか。スーパーヒーローたちの話と思って見に行ったことがそもそも間違いだったわけね・・。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ