2010/1/12

2009年度キネマ旬報ベストテン  映画

ロメールが亡くなりましたね。僕が特に好きだった作品は『モード家の一夜』『夏物語』『三重スパイ』。一度でいいから、脚本がゴダールで演出がロメールの映画(あるいは、その逆に脚本がロメールで演出がゴダールの映画)を見てみたかった。合掌。

さて、キネマ旬報ベストテン。西川美和作品が1位に。文化映画部門ではこれまで何度か、ありましたが、劇映画部門で女性監督の作品がベストワンになったことはけっこう快挙なのでは? そういう意味では保守的な業界ですから・・。

2009年度キネマ旬報ベストテン
【日本映画】
1『ディア・ドクター』
2『ヴィヨンの妻〜桜桃とタンポポ〜』
3『劔岳 点の記』
4『愛のむきだし』
5『沈まぬ太陽』
6『空気人形』
7『ウルトラミラクルラブストーリー』
8『サマーウォーズ』
9『誰も守ってくれない』
10『風が強く吹いている』

【外国映画】
1『グラン・トリノ』
2『母なる証明』
3『チェンジリング』
4『チェイサー』
5『レスラー』
6『愛を読むひと』
7『アンナと過ごした4日間』
8『戦場でワルツを』
8『スラムドッグ$ミリオネア』
10『イングロリアス・バスターズ』

【個人賞】
監督賞:木村大作『剱岳 点の記』
脚本賞:西川美和『ディア・ドクター』
主演男優賞:笑福亭鶴瓶『ディア・ドクター』
主演女優賞:松たか子ヴィヨンの妻〜桜桃とタンポポ〜』
助演男優賞:三浦友和『沈まぬ太陽』
助演女優賞:満島ひかり『愛のむきだし』『プライド』『クヒオ大佐』
新人男優賞:西島隆弘『愛のむきだし』
新人女優賞:川上未映子『パンドラの匣』
外国映画監督賞:クリント・イーストウッド『グラン・トリノ』『チェンジリング』
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ