2010/10/31

「被爆者の声をうけつぐ映画祭2010」のお知らせ(終了)  映画

(以下の今年の「被爆者の声をうけつぐ映画祭」は終了しました。台風が来てたので、ちょっと動員が心配でしたが、うまい具合に前日に台風が過ぎ去り、31日は天候が持ち直し、予想していた以上に観客の方が来場されて、ほっとしました。ご来場いただいた皆様、有難うございました。)

僕もスタッフとして関わっている、「被爆者の声をうけつぐ映画祭」、今年で4回めになりますが、その2010年度のプログラムが決まりました。
今年は、10月1日(金)、2日(土)、31日(日)の3日間、開催します。(3日目は会場の都合で日にちが飛んで31日になります。)
詳細は下記のサイトをご参照ください。
なお、個人的なおすすめ作品は、関川秀雄監督の『ひろしま』です。

「被爆者の声をうけつぐ映画祭」
http://hikakueiga.exblog.jp/

日時:2010年10月1日、2日、31日(3日間)
会場:明治大学リバティタワーホール(お茶の水)
※会場の都合により、開催3日目は10 月31日(日)になります。3日ではありませんので、ご注意下さい。
各回入場料
前売りチケット:大人1,000円 学生・子ども500円
当日チケット :大人1,200円 学生・子ども800円

オープニング 10月1日(金)17:30 〜 18:30
 主催者挨拶 軍縮平和研究所代表(10分)
 『井上ひさしを偲ぶ 朗読」
 朗読:大原穣子他

プログラム・ 10月1日(金)18:30 〜 21:00
 劇映画『父と暮せば』(99分)/16m/m
 スタッフのお話:交渉中

プログラム・ 10月2日(土)10:00 〜 12:00
 ドキュメント『ヒロシマ・ピョンヤン』(90分)/ DVD
 スタッフのお話:伊藤孝司監督 (30分)

プログラム・ 10月2日(土)13:00 〜 15:30
 解説: 有原誠治(15分)
 短編アニメーション『ビーズ・ゲーム』(カナダ 5分30秒)/ DVD
 短編アニメーション『雨はやさしく・・・』(旧ソ連 11分)/ 16m/m
 長編アニメーション『風が吹くとき』(英 81分)/ DVD
 ドキュメント『解き放たれた魔法のランプのジニー』(米 16分)/ DVD

プログラム・ 10月2日(土)18:30 〜 21:00
 解説:山口逸郎(10分)
 劇映画『ひろしま』(100分)/ 16m/m
 被爆者の証言:東友会(40分)

プログラム・ 10月31日(日)10:00〜13:00 
 ドキュメント『核のない21世紀』(日 60分)/ 16m/m
 スタッフのお話:片桐直樹監督 (10分)
 ドキュメント『フラッシュ・オブ・ホープ−世界を航海するヒバクシャたち−』(コスタリカ・日 61分)/ DVD
 お話:ピースボート関係者(50分)

プログラム・ 10月31日(日)14:00〜17:00
 ドキュメント『The Last Atomic Bomb(「最後の原爆」)』(米 92分)/ DVD
 講演 :キャサリン・サリバン(60分)/質疑応答(25分)
映画祭エンディング 10月31日(日)17:00 〜 17:15
 閉会の挨拶: 映画祭実行委員会代表(15分)
       
※今後の準備の中で、ゲストや出演者などに若干の変更が出る場合があります。

【開催場所】
10月1日(金)、10月2日(土)、10月31日(日)
明治大学リバティタワー 1Fホール

【ご連絡・お問い合わせ先】
共同映画M 03-5466-2311
M独立映画センター 03-5827-2641
ウイング・コア (FAX)03-3205-8958
Mail:eigasai★gmail.com
※上記アドレスの★を@に変えてご連絡下さい。
0

2010/10/30

NHK、カネミ油症特集番組についての追記  公害・薬害・環境・医療問題

(前記事、「NHK、カネミ油症特集番組のお知らせ」の追記です。)
ここで取り上げられているように、カネミ油症は40年たってもあまりに乏しい救済、支援しかされていないことで問題なのですが、今回はそのわずかな支援であった、カネミ倉庫が患者に支払ってきた「医療費」でさえ、なくなるという話です。これは、国はこれまでカネミ倉庫がつぶれないように、米の支援をしてきて、それがあるからカネミ倉庫は患者に医療費を支払ってこれた(実際の会計は分かりませんが、少なくともカネミ倉庫自身はそう言っている)のですが、政府の米の支援が打ち切られてしまうのでカネミ倉庫が医療費を支払えなくなるということです。
カネミ倉庫がつぶれて、国が医療費や賠償を負担しないといけなくなっては困るのでこれまで国がカネミ倉庫を支援してきたのであれば、その支援を打ち切るなら代わりに国で医療費を支払う制度を新たにつくるとか、しないとならないかと思うのですが、それをしないでただ打ち切るのでは最悪です。
自民党から民主党政権に代わった結果が、救済の見直しどころか、さらにひどい状況に患者(被害者)を追いやることになるのでは、本当にこの国はどうなっているのかとあきれるばかりです。
0

2010/10/30

NHK、カネミ油症特集番組のお知らせ  テレビ・ラジオ

*昨日、NHK、九州沖縄地方でカネミ油症の特集番組が放送されたそうですが、明日、10月31日に再放送されるようです。

*なお、これは九州沖縄地方でのみの放送なのですが、あわせて、11月2日、全国ネットの「おはよう日本」の中でも、カネミ油症のことが特集として放映される予定だそうです。(何時の「おはよう日本」なのかは不明。)

http://www.nhk.or.jp/fukuoka/inside/index.html

九州沖縄インサイド
■第2〜5金曜 総合 午後7:30〜7:55
■翌々日の日曜 総合 午前8:35〜9:00(再)
10月29日(金)午後7:30〜7:55
わたしたちを見捨てないで〜カネミ油症 “支援”打ち切りの危機〜
九州沖縄地方(一部地域除く)再放送:10月31日(日)総合・九州沖縄地方

(再放送)
チャンネル:総合/デジタル総合
放送日: 2010年10月31日(日)
放送時間:午前8:35〜午前9:00(25分)
ジャンル:ニュース/報道 > ローカル・地域

日本最大級の食品公害・カネミ油症。国による救済は一切なく、被害者は苦しんできた。さらに今月、唯一の支援策だった加害企業からの医療費すらも…。
昭和43年に起きた食品公害「カネミ油症」。狭い認定基準によって、被害者の10分の1程度しか救済されなかった特異な食品公害だ。今も10代20代の2世たちに「油症」は引き継がれ、苦しみは広がり続けている。だが、被害者への公的補助はなく、カネミ倉庫が患者に支払ってきた「医療費」さえなくなる可能性が出てきた。「カネミ油症」被害者は、なぜ救われないのか。「カネミ油症」の救済に向けて現状と課題を考える。
【キャスター】西東大
1

2010/10/16

『ショージとタカオ』上映会のお知らせ(終了)  映画

(終了しました。)

*知り合いの井手洋子監督が、14年かけて制作された作品です。

『ショージとタカオ』(158分)
布川事件 桜井昌司さんと杉山卓男さんの1996年の仮釈放から2010年の再審公判開始までの14年を追ったドキュメンタリー。
”冤罪の告発もの”ではなく、フツーのおじさんになるために奮闘する2人の暮らしを描きながら、裁判や人権の問題を見つめている。

【日 時】2010年10月16日(土) 13時30分上映開始

【場 所】田町交通ビル6階大ホール(東京港区芝浦3−2−22) JR線 田町駅、都営地下鉄浅草線・三田線 三田駅(JR田町駅芝浦口を出て一つ目の信号左、芝浦小学校向かい、徒歩2分)

【主催者】ショージとタカオ上映委員会

【連絡先】03-6273-2324

【料 金】前売り1000円 当日1200円
1

2010/10/3

『食卓の肖像』、高知での上映会も終了  映画

(10月3日、高知での上映会は終了しました。ご来場された皆様、有難うございました。)

「10月3日(日)、高知での上映のお知らせ」
(上映日時)
10月3日(日)午後2時

(会場)
高知市文化プラザ「かるぽーと」 9階 第3学習室

*以上の上映会については下記までお問い合わせください。
(問い合わせ)
金子サトシ
携帯090ー1793ー6627
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ