2010/10/31

「被爆者の声をうけつぐ映画祭2010」のお知らせ(終了)  映画

(以下の今年の「被爆者の声をうけつぐ映画祭」は終了しました。台風が来てたので、ちょっと動員が心配でしたが、うまい具合に前日に台風が過ぎ去り、31日は天候が持ち直し、予想していた以上に観客の方が来場されて、ほっとしました。ご来場いただいた皆様、有難うございました。)

僕もスタッフとして関わっている、「被爆者の声をうけつぐ映画祭」、今年で4回めになりますが、その2010年度のプログラムが決まりました。
今年は、10月1日(金)、2日(土)、31日(日)の3日間、開催します。(3日目は会場の都合で日にちが飛んで31日になります。)
詳細は下記のサイトをご参照ください。
なお、個人的なおすすめ作品は、関川秀雄監督の『ひろしま』です。

「被爆者の声をうけつぐ映画祭」
http://hikakueiga.exblog.jp/

日時:2010年10月1日、2日、31日(3日間)
会場:明治大学リバティタワーホール(お茶の水)
※会場の都合により、開催3日目は10 月31日(日)になります。3日ではありませんので、ご注意下さい。
各回入場料
前売りチケット:大人1,000円 学生・子ども500円
当日チケット :大人1,200円 学生・子ども800円

オープニング 10月1日(金)17:30 〜 18:30
 主催者挨拶 軍縮平和研究所代表(10分)
 『井上ひさしを偲ぶ 朗読」
 朗読:大原穣子他

プログラム・ 10月1日(金)18:30 〜 21:00
 劇映画『父と暮せば』(99分)/16m/m
 スタッフのお話:交渉中

プログラム・ 10月2日(土)10:00 〜 12:00
 ドキュメント『ヒロシマ・ピョンヤン』(90分)/ DVD
 スタッフのお話:伊藤孝司監督 (30分)

プログラム・ 10月2日(土)13:00 〜 15:30
 解説: 有原誠治(15分)
 短編アニメーション『ビーズ・ゲーム』(カナダ 5分30秒)/ DVD
 短編アニメーション『雨はやさしく・・・』(旧ソ連 11分)/ 16m/m
 長編アニメーション『風が吹くとき』(英 81分)/ DVD
 ドキュメント『解き放たれた魔法のランプのジニー』(米 16分)/ DVD

プログラム・ 10月2日(土)18:30 〜 21:00
 解説:山口逸郎(10分)
 劇映画『ひろしま』(100分)/ 16m/m
 被爆者の証言:東友会(40分)

プログラム・ 10月31日(日)10:00〜13:00 
 ドキュメント『核のない21世紀』(日 60分)/ 16m/m
 スタッフのお話:片桐直樹監督 (10分)
 ドキュメント『フラッシュ・オブ・ホープ−世界を航海するヒバクシャたち−』(コスタリカ・日 61分)/ DVD
 お話:ピースボート関係者(50分)

プログラム・ 10月31日(日)14:00〜17:00
 ドキュメント『The Last Atomic Bomb(「最後の原爆」)』(米 92分)/ DVD
 講演 :キャサリン・サリバン(60分)/質疑応答(25分)
映画祭エンディング 10月31日(日)17:00 〜 17:15
 閉会の挨拶: 映画祭実行委員会代表(15分)
       
※今後の準備の中で、ゲストや出演者などに若干の変更が出る場合があります。

【開催場所】
10月1日(金)、10月2日(土)、10月31日(日)
明治大学リバティタワー 1Fホール

【ご連絡・お問い合わせ先】
共同映画M 03-5466-2311
M独立映画センター 03-5827-2641
ウイング・コア (FAX)03-3205-8958
Mail:eigasai★gmail.com
※上記アドレスの★を@に変えてご連絡下さい。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ