2010/11/20

『タケオ』  映画

『タケオ』−ダウン症ドラマーの物語−
町田市民フォーラムのホールで鑑賞。タケオという、ダウン症の20代前半の青年が、セネガルに渡り、アフリカン・ドラムのワークショップに通い、演奏する模様を描いたドキュメンタリー。

それは、それは、心地よい時間が流れている映画だった。
ふと気がつくと、観客のひとりの僕は日常の時間からワープして、違う時間の中にいるような気持ちになった。
それが、タケオという青年の身につきそう時間なのか、セネガルという異国の時間なのか、どちらなのかは分からない。おそらく、どちらの要素もあり、どちらの要素も混合しているのかもしれない。
そう、タケオという青年の時間と、セネガルという国の時間が見事に混合しているというのか、ぴったりと合っているのかもしれない。
だから、時折、挿入されていく、タケオのお母さんがタケオを幼少の頃から撮って来た8ミリなどの映像が、スムーズに合わさって作品になっているのではないだろうか。
もちろん、この映画の作り手がそのように計算してつくってそうなっているのではあるのだろうけれども・・、それにしても、こんな風に、タケオという青年の時間と、セネガルという国の時間とがぴったりと合って行くのを、具体的に映像で(タケオの愉快な言動の数々だけでなく、セネガルの海辺やバオバフの木といった風景も背景にした映像で)見れるというのは、やっぱり素敵な体験だ。

この映画はまだ出来たばかりで(監督の話によると実質的に昨晩、完成したものらしい)、今日が最初の上映会で、まだこれから上映して行くものらしいのであるが・・(もしかしたら、まだバージョンが変わって行く可能性がある段階なのかも?)、また1本、素敵な映画が世の中に誕生したものだと思う。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ