2011/3/21

「100ミリ・シーベルトで0.1以下」という言説について  原爆・原発問題

毎日新聞でもある医者の人が書いていましたが、「ガンになる人は100ミリ・シーベルトで0.1以下。50万人が51万人に増える程度。日本人は2人に1人はガンで死ぬから、0.2%増えてもたいしたことではない」ということを言う人が出て来ましたが、これは根拠はチェルノブイリの調査をしたIAEA、WHOなどによる国際フォーラムの発表データのようです。
しかし、同フォーラムはチェルノブイリの事故で、被曝に起因する死者を当初4000人と推定するなど、被害を隠そうとして来た側であり、そこで発表している数字は信用できないところもあるようです。
2005年のロシア政府の公式発表では炉の封じ込め作業に動員された作業員だけでも延べ80万人のうち5万人が既に死亡しているそうです。

(補足、訂正)
「ガンになる人は100ミリ・シーベルトで0.1以下。50万人が51万人に増える程度。日本人は2人に1人はガンで死ぬから、0.2%増えてもたいしたことではない」と書いたのですが、数字がちょっと変でした。訂正します。
「ガンになる人は100ミリ・シーベルトで1%以下。日本人は2人に1人はガンで死ぬから、100万のうち、50万人が51万人に増える程度。増えてもたいしたことではない」です。
2

2011/3/21

カネミ油症に通じるところがあるかもしれない福島原発の問題  原爆・原発問題

福島原発事故、野菜から放射性物質による汚染が見つかり、カネミ油症にも繋がる食の安全の問題になってきてしまいました。
テレビで専門家という人がこの数値なら安全みたいなことを平然と言っていますが、そんなに簡単に安全と言えるような問題ではないと思います。そもそも皮膚に触れた場合と食べ物を摂取した内部被曝とは影響が違うと思うし、低線量被曝という問題もあります。
低線量被曝については原爆症認定訴訟でも重要な争点になっていますが、国側は低線量被曝を認めないのですが、原告側は主張してきました。なので、政府やテレビが盛んにこの被曝量、値なら人体に影響がないと言っているのは、国側にそった主張で、裁判で何度も原告側が勝訴してきた原爆症認定訴訟の成果をまるで無視したものです。

でも、かといって、東北、関東に住んでいて、東北、関東の農作物を食べないなどということは考えられないことだし、食べるので、結果としてはガンの発生率が今以上に高くなるのではないでしょうか。
当面はとにかく原子炉からこれ以上、放射能を出さないようにする対策をとることが早急な課題なのでしょうが、長期的には農作物や土壌汚染、それを摂取したことで起こる被害ということのほうが今回の原発事故の深刻な問題なのかもしれません。

また、前にもちょっと書いたように、原爆の被爆者の人の中で、「ぶらぶら病」と一般的に言われる、仕事や何かをしていてもすぐにだるくなって疲れてしまうという症例があります。これは病院に行っても病気と診断されなかったり、本人も病気だとは思っていないこともあります。実は、アメリカでも「慢性疲労症候群」という「ぶらぶら病」に似た症例があり、これが核実験やスリーマイル島の原発事故の影響によるものもあるのではないかとも言われています。(アメリカの国側は認めていない。)
政府やテレビがこの数値は安全といったことを言っていますが、たとえばある原発労働者の人がその基準より低い数値でガンなどの病気が見られなかった、病院に行っても病気だとされなかった場合でも、実は放射能による影響でこうした症例が出ていて、医者も本人も病気だと思っていなかったり全く別の病気だと考えているということもあるかもしれません。
もしかしたら、このあたりの、病院に行っても病気でないと言われたりしているという問題は、カネミ油症や水俣病に通じるところがあるのかもしれません。

食の安全の問題、すぐに健康被害が出なかったとしてもじわじわと複雑な健康被害が出ているかもしれない問題など、カネミ油症にも繋がる問題としても、福島原発事故が今後、どのような影響を与えていくかを考えてみる必要もあるように思います。
2

2011/3/20

安全な被ばくなどあり得ない(崎山比早子氏)  原爆・原発問題

(*政府やテレビに出てくる専門家は「この数値なら人体に影響がない」と言うのだけど、それについて他の専門家からも疑問が出ています。)

「安全な被ばくなどあり得ない」
元放射線医学総合研究所主任研究官 崎山比早子氏

http://ameblo.jp/kokkoippan/entry-10834910961.html

>報道では「100ミリシーベルト以下ならば心配ない」としているが、それは白血球の急激な減少や脱毛などの急性障害が生じ始めるレベルを指す。

>実は1ミリシーベルトを浴びると、数年から10数年後に1万人中1人が「晩発障害」、つまりがんになることは明らかになっている。このリスクは2ミリならば2人、10ミリならば10人と、放射線量の上昇に正比例して高まる。これは、放射線の専門家による「国際放射線防護委員会(ICRP)」の見解で、世界では常識であることをぜひ知ってほしい。


(*この崎山比早子氏が書かれていることを読むと分かることは、仮に全く同じ1ミリシーベルトの放射線量を浴びた人がいたとしても、ガンになる人とならない人がいるということです。つまり、放射線量をその人が他の9999人よりも多く浴びたからガンになるということではないのです。どういうわけでそうなるのか、その放射線のメカニズムはよく分からないのだけど、1ミリシーベルトで1万人中1人の人、2ミリならば2人はガンになるという影響が出てくるとのことなのです。
「1万人中1人」なら少ないリスクだから無視してもいいと考える人もいるかもしれませんが、果たしてそうなのでしょうか。)
12

2011/3/19

放射能の問題の難しさ  原爆・原発問題

放射能の問題について、今日、いろいろと話を聞いてきましたが、政府やテレビに出ている専門家が言っている、「この数値なら人体に影響なく安全」というのも、本当なのか、かなり疑わないといけないところがあるようです。どういう放射性物質かで半減期や影響も違うし、単純に数値だけで安全とは言えないらしい。黒い雨だったら目に見えるけど、塵やほこりが原発から出た放射性物質を含んでいた場合、塵やほこりを見て危険性は全く分かりません。今日、テレビのニュースでセシウムやヨウ素が含まれている野菜でも安全な値とか、専門家の先生が言っていたのだけど、カネミ油症の作品をつくった自分としては素直に信じることは出来ません。またごくわずかな数値でも、どんどん蓄積されていったらどうなるのかということもありますし、同じ数値でも人によって影響があるかないかに違いもあるらしい。ある原発労働者の人がこれだけの数値で安全だった(表に出る病気が見られなかった)からと言って、他の人もそうだとは限らないということ。また、表にははっきりとした病気だとは見られなくて、だるい、疲れやすいなど(原爆の場合で言う「ぶらぶら病」)、病院に行っても病気だとされない場合でも、実は放射能による影響なのではないかということもあります。子供や妊婦への影響の大きさということもあります。本当にやっかいで難しい問題です。
4

2011/3/17

福島第一原発、チェルノブイリのようにコンクリートで覆ってしまうことを求めます!  原爆・原発問題

いろいろな情報を総合して考えると、現状の福島第一原発のトラブルは、チェルノブイリのようにコンクリートで覆って放射性物質が出ないようにするしか、手のうちようがないように思えます。
そういうことが行なわれる物理的な可能性があるのかどうか、よく分かりませんが、とにかく、政府に至急、この案を検討して頂くことを私は求めます!
25

2011/3/17

全国の放射能濃度のグラフ  原爆・原発問題

文部科学省が公表している全国の放射能濃度のグラフです。

http://doko.in/micro/
0

2011/3/17

米政府、福島第一原発80キロ圏に避難勧告  原爆・原発問題

*混乱を煽りたくはないが、事実なので・・。

(ニュース)
米政府、80キロ圏に避難勧告
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4675841.html

 福島第一原発の事故を受け、アメリカ政府は原発から半径80キロ以内に住むアメリカ市民に対し、その圏外に避難するよう勧告しました。

 「NRC(米原子力規制委員会)は大統領にその勧告を示し、国務省に伝達されました。原子炉から半径50マイル以内のアメリカ人に対し、そこから避難するようにというものです」(カーニー報道官)

 ホワイトハウスのカーニー報道官は16日、アメリカ原子力規制委員会が福島第一原発の状況を分析した結果、「事態は悪化した」として、福島第一原発から半径50マイル=およそ80キロ以内にいるアメリカ市民に対しその圏外に避難すること、それが不可能な場合は屋内退避することを勧告したと明らかにしました。

 これはアメリカで同様の状況に陥った場合にとる対応と同じものだということで、カーニー報道官は「危機的な状況にある」と述べています。

 アメリカ政府は、前日には半径30キロの屋内退避など、日本政府の対応を適切とする見解を示していましたが、その後の状況の変化を受けて独自の対応に踏み込んだものです。

 また国防総省によると、救援活動に携わるアメリカ兵も原則、半径80キロ以内に立ち入らない措置をとっていて、ヘリコプターなどの乗組員にはヨウ化カリウムを配っているということです。(17日03:41)
0

2011/3/16

東京都の環境放射線、大気中のヨウ素とセシウムの測定サイト  原爆・原発問題

東京都では、健康安全研究センターが環境放射線の測定を、産業労働局が大気中のヨウ素とセシウムの測定をおこなっていて、それぞれ毎日ウェブサイトで公表しているそうです。

健康安全研究センター
http://www.tokyo-eiken.go.jp/

産業労働局
http://www.sangyo-rodo.metro.tokyo.jp/
2

2011/3/16

反核医師の会、福島原発事故についての声明  原爆・原発問題

(転載)

福島原発事故についての声明
2011年 3月16日
核戦争に反対する医師の会(PANW)
             代表世話人 
                       
     児島  徹
                       
     山上 紘一
                       
     中川 武夫

3月11日午後にM9,0という東北太平洋沖大地震 は、大津波によって多くの犠牲者を生み出すととも に、東京電力福島原子力発電所原子炉の炉心溶融、爆発を次々と引き起こし、放射能汚染の濃度と範囲 を広げました。ことに1号原発3号機はプルサーマ ル発電でプルトニウムを使用しており、拡散した場合の危険は計り知れません。未曾有の大震災で住まいや家族を失った上に被曝の不安にさらされている被災者の苦しみは察するに余りあります。

巨大地震の下では、世界で唯一、地震多発地帯の上に原発を建設してきた国策が誤りであったことが実証され、我が国の原子力安全神話ももろくも破綻させられ、原発依存の我が国のエネルギー政策の早急な大転換・見直しが迫られています。またチェルノブイリ原発事故を想起させる今回の事故は、世界中からも憂慮の眼で見られています。

こうした中で看過できないことは、テレビをはじめとする報道機関が、原発の放射能汚染の危険をレントゲン撮影の放射線量と比較するキャンペーンをしていることです。ウラン、プルトニウム、セシウム、ヨードなどの放射性同位元素による原発汚染の危険性を無視することは容認できません。

私たち、核戦争に反対し、核兵器廃絶をめざす医師・医学者は、今回の未曾有の大地震の被災者に対して心よりお見舞い申し上げ、出来る限りの支援活動に取り組むとともに、原発事故について政府と東京電力に以下のことを当面対策として強く求めるものです。

1、福島原発事故に関わる正確な情報を迅速に収集し速やかに公表すること。
2、事故処理に全力を傾け事態の拡大を防止すること
3、国内備蓄のヨウ素剤の活用など、住民の被曝拡大防止と被曝者にたいする適切な治療を迅速におこなうこと。
40

2011/3/16

福島第一原発事故について、全日本民医連より  原爆・原発問題

今回の福島第一原発事故について、全日本民医連事務局長談話が出ました。

http://www.min-iren.gr.jp/seimei-kenkai/2011/110315_01.html
0

2011/3/15

上関原発工事中断  原爆・原発問題

*今回の事態を受けたのか、上関町の原発建設工事、作業中断のニュースが流れました。

(ニュース)
工事の一時中断を発表=山口県上関町の原発建設で−中国電力
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2011031500840

 中国電力は15日、福島第1原発の被災で広がる不安に考慮し、山口県上関町で進めている上関原発の建設工事を一時中断すると発表した。同社は「事態の推移を見極めた上で、(建設予定地付近の)住民に説明することを最優先に取り組む」とし、作業中断を決めたとしている。(2011/03/15-16:19)


*ただし、現地にいる方からのメールによると、あくまで一時的な中断で、「取水口、埋立、海上の工事は中断」「ただし環境調査、建屋の維持整備、地質調査は継続」とのことだそうです。
0

2011/3/15

「ミリシーベルト」「マイクロシーベルト」とは  原爆・原発問題

今回の原発事故に関して、内部被曝の恐さについてや、放射能の子供への影響の大きさなどを言わずに、数値だけで人体に安全とか影響があるとか言っている政府やマスコミの姿勢にも問題があると思います。
「レントゲンと同じ程度」という言い方も、それだけの放射能をずっと浴び続けたらどうなるのかという観点が抜けています。(レントゲンだって、1日に何回も、何十回も浴びれば危険ではないでしょうか。)
また、マイクロシーベルト、ミリシーベルト、シーベルトと複数の単位が出て来ていることも混乱しているようですが、これについては下記のサイトの記事がたいへん、参考になるようです。


(以下、引用)
遠くからでもできること、すべきでないこと、被災地の人々に迷惑をかけず助けとなるための行動法まとめ
http://gigazine.net/news/20110312_how_to_help_your_loved_ones_from_afar/


「ミリシーベルト」「マイクロシーベルト」とはどんな単位なのか、どのくらいから危険なのか?放射線量計測単位のまとめ
http://gigazine.net/news/20110315_sievert/

「放射線量が基準値を超えた」「被ばく者が出た」といった言葉を聞いて不安が高まっている人も多いのではないでしょうか?焦って行動する前に報道で耳にする「ミリシーベルト」「マイクロシーベルト」とはどんな単位なのか、実際にはどれくらいから危険なのか確認しておきましょう。

詳細は以下から。


◆短期間被ばくの致死線量

人間は地球上のどこに住んでいても常に放射線を浴びています。世界で平均すると、人体は年間およそ2.4ミリシーベルト(2.4mSv:1シーベルトの1000分の1×2.4)の自然放射線に常にさらされています。放射線を短期間に全身被ばくした場合の致死線量は、5%致死線量(被ばくした人の20人に1人が死に至る線量)が2シーベルト、50%致死線量が4シーベルト、100%致死線量が7シーベルトと言われ、200ミリシーベルト以下の被ばくでは、急性の臨床的症状(急性放射線症)は認められないとされています。

ここで言う「短期」とは約1時間ほどと考えてください。1シーベルトだと吐き気を感じる、2〜5シーベルトで頭髪が抜ける、3シーベルトを超えると30日以内に50%人が亡くなる、とも言われます。

◆「シーベルト」と「シーベルト毎時」

報道では「毎時」が省略されている場合がありますが、シーベルトとは「ある期間に被ばくした量の合計」をあらわす単位であり、1時間その場所で過ごした人が1シーベルト「被ばく」することになるという状態が「1シーベルト毎時」です。もちろん「毎秒」や「毎年」といった表現もできますが、特に説明のないかぎりテレビなどの報道で省略されているのは「毎時」のようなので、例えばある地域で「1マイクロシーベルトが観測された」という報道があれば、人間がそこで1時間過ごすと1マイクロシーベルトを「被ばく」することになる、と考えてください。「2.4ミリシーベルト毎時」であれば、普通に過ごしていて1年間に浴びる放射線量を1時間で浴びる、というレベルです。

◆「400ミリシーベルト」ってどのくらい?

2011年3月15日11:00に発表された福島第一原発3号機付近の「400ミリシーベルト」という数字ですが、5%致死線量(2シーベルト=2000ミリシーベルト)の5分の1にあたります。つまりこの5倍の線量に約1時間さらされた場合、20人に1人が死に至る可能性があります。また、この数字が観測されたのはあくまで原子炉からごく近い場所であるということにも注意が必要です。

◆「ミリ」と「マイクロ」の違いを頭にたたきこみましょう

ニュースで「8217マイクロシーベルト(μSv)」「1941マイクロシーベルト」などと聞くととてつもなく大きな数のような気がするかもしれませんが、「マイクロ」というのは「ミリ」のさらに1000分の1。1マイクロシーベルトは1シーベルトの100万分の1です。200万マイクロシーベルトで5%致死線量なので、2000マイクロシーベルトでも5%致死線量の1000分の1です。

つまり分かりやすく表現すると以下のようになります。

1シーベルト(Sv)=1000ミリシーベルト(mSv)=100万マイクロシーベルト(μSv)

大量の放射線は人体に有害ですが、微量なら人体に影響はありません。万一の場合を考えて、できる限りの対策を取ることは重要ですが、関東などに住んでいる人は「マイクロシーベルト」というのはとても小さな単位であるということを心にとめて、むやみに焦って行動しパニック状態におちいらないよう気をつけたいものです。

放射線被ばくと健康への影響の関係。単位はマイクロシーベルトですが、10万マイクロシーベルト(100ミリシーベルト)を超えるとガンになる人が増加するとされています。

◆そもそも「シーベルト」とは何をあらわす単位なのか

目に見えない放射線量の人体への影響をはかる単位「シーベルト」とは一体何をどう表しているのか、もやもやしている人も多いのではないでしょうか?少し長くなりますができるだけイメージ的に把握できるよう説明していきたいと思います。
「シーベルト」(Sievert、Sv)というのは放射線防護についての研究で大きな功績のあるスウェーデンの物理学者ロルフ・マキシミリアン・シーベルトにちなんで名付けられた単位で、これを理解するにはまず「グレイ」(Gy)という単位について
知っておいた方がわかりやすいかもしれません。

「グレイ」という単位は、放射線に照射された物質が吸収する質量(kg)あたりの放射線量(J:ジュール)をあらわし、1kgあたり1ジュールの吸収線量を1グレイ、と定義します。

ジュールというのは「重さ×加速度×時間」などで求められる仕事量で、電力の話題でよく聞く「キロワット時(kWh)」と同じ次元の単位です。1ジュールは1ワット秒(Ws)で、これは1キロワット時を1000(キロ)で割ってさらに3600(1時間は3600秒なので)で割った大きさ。洗濯機を3回運転すると1kWhと言われるので、1Wsというとかなり微量の電力量です。1ジュールは小さなリンゴ(約102g)を1メートル持ち上げる時の仕事に相当する、と聞くとイメージしやすいでしょうか?

「シーベルト」も「グレイ」と同じように「J/kg」の次元の単位なのですが、放射線にはさまざまな種類があり、「物」ではなく「人」が放射線を吸収した場合は、その放射線の種類(アルファ線、ガンマ線など)により受ける影響が異なります。
同じ1グレイの吸収線量でも、人体組織が吸収した場合、例えばアルファ線で1グレイの吸収線量だとベータ線で1グレイの場合の20倍ほど影響が大きいとのことで、これに応じて放射線荷重係数をかけて、アルファ線で1グレイの被ばくなら人体への影響は20シーベルト(Sv)ということになります。物理量ではなく「人体への影響」を基準に考えた等価線量という概念にもとづく量なのです。
0

2011/3/15

「ヒア アフター」上映中止  映画

*これは思わぬ展開。まだ見てなかったので、見損ねました。

(ニュース)
東日本大震災:地震
0

2011/3/14

福島第一原発3号炉で爆発(その3)  原爆・原発問題

*前々記事、前記事の続きです。


事故
2

2011/3/14

福島第一原発3号炉で爆発(続き)  原爆・原発問題

*前記事でリンクした原子力資料情報室のサイトの続報。


事故
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ