2011/5/1

『魔法少女を忘れない』  映画

傑作。
いいところはいろいろあるが、メガネ少女、森田涼花の、あの台詞まわし、口調の素晴らしさを僕としてはまず讃えたい。これは、いわば、ストローブ・ユイレ的な試みの和製版とも言えるのかもしれないけど、こんな風な形でストローブ・ユイレを引き継いだことをしてしまうなんて、やっぱり素晴らしいとしか、言いようがないではないか。
あるいは、最後の、谷内里早の笑顔のクローズアップのストップモーション。ややカメラがズームアップしてからクローズアップでストップモーションになるのだけど、これがかなり中途半端なズームアップで、カメラの動きとしては何の意味があるのか、不明とも言えるものなのだが、にもかかわらず微妙な気持ちの揺れをあらわしているようにも思えるのである。ロメール的な、気持ちの揺れとでも言うのか。当然、ロメールは参照してつくっているのだろうが、しかし、こんな風に撮れてしまうのはやはり素晴らしい。ちなみに、このシーンの谷内里早の髪型(それまでと違う)も実にいいと思う。
1

2011/5/1

『キラー・インサイド・ミー』  映画

ジム・トンプスンの原作を読んでいないので、終盤の展開に何がどうなったのと驚いたが、考えてみれば、決して意表をついてそれまでのストーリーと違うことが起こったというわけではなく、たしかにこれは最初からこういう話であり、こういう展開をするべく展開したとも言えるのかもしれないが、しかし、こういう展開をするとは普通の観客(読者)は予測しないよね。こんなことを考える作家の想像力に乾杯。
そして、マイケル・ウィンターボトム監督は、あの『バタフライ・キス』の監督であるわけだから、この物語にひかれ、こういう風に撮るのは当然だとも言える。と、これも不覚にも見終わってからそう思ったのだけれど。
0

2011/5/1

小佐古敏荘氏の内閣官房参与辞任、記者会見資料全文  原爆・原発問題

NHK「かぶん」ブログに、小佐古敏荘氏の内閣官房参与辞任、記者会見資料全文が掲載されています。内閣の中からも出て来た、政府の放射能、放射線対策への異議申し立てです。

http://www9.nhk.or.jp/kabun-blog/200/80519.html
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ