2011/6/28

『ring my bell』  映画

DVDで。
鎮西尚一監督。

人物がボソボソとごく自然に(ただし普通よりはゆったりとしたタッチかもしれないが)話すのでつい普通に聞いてしまうが、よく聞くと、奇妙な、およそ人間同士の日常会話とは思えないような、まるで詩のような台詞がたびたび出て来たりする。時には、歌となって、誰に聞かせるともなく、人物が口ずさんでいたりする。まるで詩の朗読のようなひとり言を人物がブツブツと言っていたらあまりに無気味だけど、歌となって口ずさんでいるのであれば、人物がひとりで歌を口ずさむということは現実にあることであるから、前後の話の脈絡とかとあまり関係なくそういうシーンがあったとしても、まあ、あり得ることだと見る人は納得できるものではある。しかし、これが映画だということに気がついた時、たしかに人物がひとりで歌を口ずさむということはあることではあるのだが、なぜ映画においてそういうシーンを自分が見ているのかと考えた場合、当然、この映画の作り手はなんらかの意図があってこういうシーンを入れているはずだと考えるわけであるが、鎮西尚一監督には果たしてなんらかの意図があるのだろうか。もしかしたら、鎮西尚一監督は、いわゆるミュージカル映画のようなタッチが好きで、ミュージカルのような雰囲気を導入したくてこういうシーンを導入したのかもしれない。しかし、もしかしたらそういうことでもないのかもしれない気もしてくる。もしかしたら、ミュージカルがやりたいというより、純粋に、前後の脈絡と関係なく、唐突に何かが起こる瞬間を描くということがこの監督がやりたいことだったとしたらどうだろうか。
そう言えば、音楽の入れ方も、何か、奇妙だ。話を盛り上げるために音楽を入れるというのとも違って、まるで効果音のように音楽が入ってくる。入れ方のタイミングが効果音のような入れ方だというだけでなくて、音楽なのか、効果音なのか、判別がつかないような音もあるのだ。(台詞にしたって、歌なのか、詩なのか、判別がつかないような台詞もあるのだけど。)だが、唐突に何かが起こったと思うのは、その音楽が突然、ピタッと止まり、その瞬間に、山形育弘が演じる主人公がバタッと倒れる(これも実に奇妙な、別に何かにひっかかったとかいうわけでもないのに、普通に立っている人間が突然、ゆっくりと地面に脱力していくように倒れるのだけど)シーンである。ここで音楽が突然、途切れ、つまり無音になるのだが、すると何を思ったか、ヒロインの女の子が突然、服を脱ぎ出すのである。そして、ベッドシーンになるのだが、なぜいきなりこういうシーンになるのか、ヒロインの女の子が何を考えて服を脱ぎ出したのか、よく分からない。分かるのは、どうやら、唐突に何かが起こったらしいということである。唐突に何かが起こったということは、音楽がピタッと止まって無音になったこと、そして主人公の青年が奇妙な倒れ方をしたことで分かるわけだが、とにかく唐突に何かが起こったので、唐突にベッドシーンに突入してもなんとなくスムーズに見ることは出来るのである。しかし、その意味ではスムーズに見ることは出来るのだが、ここでまたこれが映画だということを意識した時、なぜこのように唐突に展開するのかを考えた場合、果たして明確な回答は得られるのだろうか。たとえば作り手の鎮西監督がこのシーンで言いたいことはこういうことだというような論理的な回答を観客は見いだせるのだろうか。もし仮に、鎮西監督がやりたいことが、唐突に何かが起こるという瞬間を具体的に映画で(映像と音で)描きたいということ、そのものだったとしたなら、どうだろう。そうだとしたなら、そもそも、論理的な回答を探すことにそれほど意味があるのだろうか。
こういう風に考えていくと、ますます分からない不可解な映画のような気もしてくるのだが、しかし、それでも(いや、だからこそ、なのかもしれないが)、この映画がとてつもなく面白い映画だということ、そのことははっきりと分かるのである。そして、こんな映画を撮れるのは鎮西尚一監督だけかもしれないということも。
0

2011/6/28

鎌田七男医師の調査ー調べた全員の尿からセシウム  原爆・原発問題

*「今後、汚染された野菜などを食べなければ心配はないが、原発事故が収束しなければこの地区に住み続けるのは難しい」
うーむ、微妙な表現・・。

(ニュース)
◆調べた全員の尿からセシウム
 '11/6/24 中国新聞

広島大原爆放射線医科学研究所(原医研)元所長の鎌田七男医師ら5人の専門家チームが、福島県飯舘村と川俣町山木屋地区で住民計15人の尿を検査したところ、全員から放射性セシウムが検出されたことが23日、分かった。
福島第1原発事故による住民の内部被曝(ひばく)の実態を裏付けた。
ただ検出量はごく微量で「今後、汚染された野菜などを食べなければ心配はない」と説明している。

調査対象は4歳から77歳までで、飯舘村が10人、川俣町山木屋地区が5人。
事故から55日後の5月5日と5月末ごろに計2回採尿し、広島大大学院工学研究院の静間清教授が100ミリリットル当たりの放射性物質量を測定した。

2回とも全員からセシウムを検出。
しかしごく微量で、今後50年間、放射線を出したとしても計0・1ミリシーベルト以下に収まる量という。
ヨウ素は最初の検査で6人から検出。
最も高い人は3・2ミリシーベルトだった。
ただ2回目の検査で出た人はいなかった。尿などで排出されたとみられる。

鎌田医師と、わたり病院(福島市)の斎藤紀医師は
「ヨウ素が検出されなかった人がいるため、呼吸ではなく、汚染された野菜やキノコを食べたのが原因ではないか。いずれもその後出荷制限されており、総じて心配はない」
と結論づけた。


【放射能漏れ】
15住民の内部被ばく確認 福島2町村、微量セシウム
2011.6.27 01:12
 広島の放射線研究者らが福島県飯舘村と川俣町の住民計15人の尿を検査したところ、全員が内部被曝(ひばく)していたことが26日、分かった。放射性セシウムはごく微量を全員から検出、放射性ヨウ素は推計で最大3・2ミリシーベルトだった。
 調査した広島大の鎌田七男名誉教授(放射線生物学)は「今後、汚染された野菜などを食べなければ心配はないが、原発事故が収束しなければこの地区に住み続けるのは難しい」としている。
 鎌田教授らが5月に2回、両町村で住民15人から採尿し、原発事故後の行動を調査。セシウムは2回ともごく微量を全員から検出。放射性ヨウ素は最初の検査で6人から検出し、最も高い人で3・2ミリシーベルトだったが、2回目で出た人はいなかった。ヨウ素の数値は「汚染食物の摂取による影響」としている。外部被曝の推定線量は13・5〜4・9ミリシーベルトで、内部と外部の被曝の合計は約2カ月間で14・2〜4・9ミリシーベルトだった。

http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110627/dst11062701150001-n1.htm
0

2011/6/27

米、ネブラスカ州の原発、続報  原爆・原発問題

*どうなっているのか、分からないが、稼働中で非常事態宣言が出されているのは、フォートカルフーン原発ではなくクーパー原発の方なので、クーパー原発の方が注視が必要かも。

(ニュース)
大洪水で孤立寸前の米原発 「メルトダウンの恐れ」とデマ飛ぶ
2011/6/20 19:53

0

2011/6/27

福島、祝島からフランス映画祭に駆け付けたジャン=ポール・ジョー監督  映画

骰子の眼

フランス映画祭2011開幕、『セヴァンの地球のなおし方』ジャン=ポール・ジョー監督が原発反対の鉢巻きで登場
http://www.webdice.jp/dice/detail/3116/

*この記事、ジャン=ポール・ジョー監督の「原発絶対反対」の鉢巻き姿もだけど、「私も原発反対だ、貸してくれ」とオタール・イオセリアーニ監督が鉢巻きを借りて頭に巻いている写真もグッドです。
0

2011/6/26

『ミスター・ノーバディ』  映画

理系男子のロマンチックな恋愛に関する妄想をこんな形で具体的に映像世界を造型して描いた映画はなかなか珍しいものなのではないだろうか。
もちろん、僕はカンペキに文系人間なので、これを見て共感を覚えるということではないのだが、興味深い作品ではある。
たとえば、主人公の男子が出会ったばかりの女子に火星について語ることが恋愛のきっかけになる・・というあたりが理系男子妄想の極め付けなのだろうが、しかし、この作品の壮大さは、近未来でその火星に普通に旅行にいっている人達が出て来るのだが、火星旅行は退屈なものでほとんど何もすることがなくて眺めているだけというシーンがあり、先に書いた、火星に行けなかった時代の人達の、ロマンチック願望としての火星と対比的に描かれていたりするというところにある。
そして、近未来に、ついに不老不死を手に入れて、死ななくなった人類の人達は、もはや恋愛もセックスもしなくなっているようなのだが(する必要がないから)、だからこそ、記者は、昔の時代を知っている主人公の老人に恋愛とかセックスとはどういうものだったんですか?と興味津々に尋ねるわけである。しかし、恋愛やセックスを体験したことがない人に説明しようにも説明できるはずもなく、かつてキシェロフスキが描いた偶然をめぐる話の映画以上にこの映画はどの女性も選択できずに混乱していくのである。
0

2011/6/25

母親の選択  原爆・原発問題

下記の記事。

被曝した福島の子供たちが東京で健康診断
http://tanakaryusaku.jp/2011/06/0002535

ここで、山田真先生と黒部信一先生は反対のことを言われています。
山田先生は避難することをすすめ、黒部先生は、避難することによるストレス、いじめでかえって発症することもあるのではないかと指摘されています。
で、とにかく、本当に親身になって話してくれているこういう先生たちの話を聞いて、この母親は避難することのほうを選択されたわけですよね。
0

2011/6/21

NPJ通信、福島市「子ども健康相談会」レポート  原爆・原発問題

6月19日に福島市で小児科医の人たちが行なった「子ども健康相談会」の報告が下記に出ていました。

NPJ通信
http://www.news-pj.net/genpatsu/2011/0620.html

東北、関東の子ども達が鼻血を出しているということについて、そのレベルの放射線量で鼻血を出すとは考えられず、放射線の影響ではないものをそう言っているのではないかという医者の人達などもいて、いま、ネット上で論議がされているようなのですが、そもそもどういうメカニズムで放射線の影響で鼻血が出るのか、その医学的なメカニズムもよく分かっていないようなので、現時点ではこれが放射線の影響によるものという前提で考えることもたしかに間違いかもしれない危険性はあるとは思いますが、どういうメカニズムで鼻血が出るのかが分かっていないのであれば、どの程度のレベルの放射線量だったら鼻血が出るものなのかも分からないのではないでしょうか。
なので、とにかく、子ども達の健康状態の推移を注視する必要があるのではないかと考えます。

(ただ、花粉や黄砂、なんらかの化学物質の影響など、いろいろな可能性が考えられるし、そうした他の可能性も視野に入れて考える必要はあるのかもしれません。)
0

2011/6/20

カネミ油症:民主党、救済法の素案示す  公害・薬害・環境・医療問題

(ニュース)
カネミ油症:前農相、救済法の素案示す 被害者に直接説明
 民主党の「カネミ油症対策を進める議員連盟」代表の山田正彦・前農相は18日、長崎県五島市で開いた「カネミ油症五島市の会」との意見交換会で、基金による医療費支給など被害者救済法案の素案を示した。被害者団体への直接の説明は初めて。同会の宿輪敏子・事務局長は「全面救済の突破口になる」と歓迎した。

 油症の原因物質であるポリ塩化ビフェニール(PCB)は、PCB特措法に基づき国や関係企業が拠出した基金で廃棄処理しており、国も毎年数億円支出している。素案は「体に蓄積されたPCBを廃棄処理する」との観点で、この基金から医療費や通院費などを出せるよう特措法を改正する内容。同議連は近く自民、公明両党に素案を示し、合意を得れば今国会中に超党派の議員立法で成立を目指すという。

 意見交換会には被害者約50人が参加。事実上の救済法を評価したうえで「被害者の3分の1は亡くなり、残ったのは高齢者だけ」「生きているうちに医療費の借金を返したい」などと訴え、補償金や健康手当などの実現も求めた。山田前農相は「最初から満足できる法案にはならないが、皆さんの要望に沿って改善する」などと答えた。【椿山公】
(毎日新聞、6/19)

http://mainichi.jp/seibu/shakai/archive/news/2011/06/19/20110619ddp041040005000c.html


患者救済、国会提出へ 五島で山田氏、油症の法改正検討

 民主党「カネミ油症対策を進める議員連盟」の会長、山田正彦前農相は18日、五島市内であった油症患者との意見交換会で、ポリ塩化ビフェニール(PCB)関連2法に患者救済の内容を加えた改正案を立案して今国会中に提出し、成立を目指す考えを示した。
 PCBは油症の原因物質。PCBの適正処理を進める特別措置法と、PCB廃棄物処理基金について定めた環境再生保全機構法を改正し、同基金を患者の救済費用にも充てる考え。基金は国やカネミ倉庫、PCBを製造したカネカなどで出し合い、認定患者に医療費と通院交通費を支出する方向で検討中。
 山田氏は来週にも自民、公明両党幹部らと改正案について意見交換。超党派の議員立法として、延長が予想される今国会の衆院環境委員会に提出したい考え。
 患者ら約40人は救済の動きを歓迎する一方、健康管理手当支給を訴える声も相次ぎ、山田氏は「ハードルは高いが党として検討してみたい」と述べた。診断基準見直しや民間療法の費用負担も検討するという。
(長崎新聞、6/19)

http://www.nagasaki-np.co.jp/news/kanemi/2011/06/19105118.shtml
0

2011/6/20

カネミ油症:研究班が遺伝子検査を表明  公害・薬害・環境・医療問題

*被害者(患者)からは本当に被害者(患者)のためになる研究をしていない・・と評判が良くない、カネミ油症の全国油症治療研究班ですが、ここに来て「患者の遺伝子検査」を表明。
 なぜ、いま、突然、こういうことを研究者の人達が言い出したのか?と思いつつ、注目。

(ニュース)
カネミ油症:厚労省研究班、患者の遺伝子検査 治療法開発へ期待

 国内最大の食品公害「カネミ油症」の治療法を研究する厚生労働省全国油症治療研究班(班長=古江増隆・九州大大学院教授)は九大病院と共同で、人体に入った有毒物質ダイオキシンを細胞内で取り込む受容体と、油症症状の表れ方との関連を調べるため、今年度から3年間かけて、認定患者100人以上の遺伝子を検査する方針を決めた。17日に福岡市であった患者側との会合で説明した。

 現行の認定基準はダイオキシン類PCDFの血中濃度が決め手となっているが、症状は強いのに濃度が低いため、認定を受けられない患者も少なくない。古江班長によると、この個人差は細胞内でダイオキシンの受け皿となる「アリル炭化水素受容体」の型や数によって生じている可能性があるという。受容体が多いと少量のダイオキシンでも激しい症状を引き起こすことが考えられ、研究班はこの受容体を増やす特定の遺伝子を患者ごとに検査し、症状の強さなどと関連がないか調べる。

 計画は7日に九大の倫理委員会で承認され、研究班は協力患者の募集を始めた。古江班長は「受容体の型によって起こりやすい症状などとの関連が明らかになれば有効な治療法開発につながるかもしれない」と語る。会合に出席した長崎県五島市の認定患者、宿輪敏子さん(49)は「認定基準の見直しにつながれば」と期待した。【阿部周一】
(毎日新聞 2011年6月18日 西部朝刊)


カネミ患者遺伝子検査へ 診断基準に反映も

 カネミ油症の治療法を研究する厚生労働省全国油症治療研究班(班長=古江増隆・九州大医学研究院教授)は17日、認定患者を対象にした遺伝子検査を本年度から実施する方針を明らかにした。原因物質であるダイオキシン類に対し、患者によって症状の出方に違いが生じる原因を探る。検査結果は新たな治療法開発や、ダイオキシン類の血中濃度を柱とする診断基準の緩和につながる可能性もあるという。
 福岡市で16、17日にあった治療班の報告集会で発表。終了後、約20人の認定患者と懇談し、検査内容を説明した。
 古江班長によると、認定患者にはダイオキシン類の血中濃度が低いのに症状が重かったり、逆に高いのに症状が軽かったりする例があるという。この要因について、ダイオキシン類に反応する体内の受容体に差があるため、症状に違いが出ると仮定。遺伝子検査で認定患者のデータを集め、受容体と症状の軽重との関連性を調べる。
 検査は、福岡、長崎、広島3県で今夏以降に開く油症一斉検診で、同意を得た認定患者から採血して調べる。今後3年間で100人のデータ採取を目指すという。
 カネミ油症五島市の会(長崎県)の宿輪(しゅくわ)敏子事務局長は「新たな治療法につなげてほしい。遺伝子は究極の個人情報で、患者の不安がないように説明を尽くしてほしい」と話した。
=2011/06/18付 西日本新聞朝刊=
0

2011/6/19

ニッポン人脈記 石牟礼道子さん(朝日新聞)  時事問題

(朝日新聞 2011.6.17)
水俣は問いかける:1 魂の遺言に向き合う/ニッポン人脈記

 3月11日のことだ。
 水俣病患者の苦悩を描いてきた作家、石牟礼道子(いしむれみちこ)(84)の熊本市の仕事場に訪問客があった。
 彼女の世話をしている看護師たちが野の花をつんで作った花かごを持ってきたのだ。
 「お誕生日おめでとうございます」
 自分が生まれた日をすっかり忘れていた石牟礼は「今日は世の中何があるかしら」とテレビをつけると、東日本大震災の映像が映し出された。
 壮絶な光景に息をのんだ石牟礼はそれから連日、震災のニュースに目がくぎづけになった。家屋が倒壊した被災者が、自分たちよりも津波にのみこまれた人々やその家族の無念さを思いやり、涙を流す姿を見た。
 「希望がもてない日本だなあと思っていました。でも、東北の人々のことばを聞いていたら、こういう人たちがいらっしゃるのであれば、日本人にも希望がもてるのかもしれないと」
 水俣病問題にかかわって約半世紀。この間、石牟礼はずっと危機感を募らせてきた。
 互いを思いやるきずなが失われ、無機質の巨大なビルが立ち並ぶ都会の姿は、近代文明のなれの果てに見えた。
 そこには生きもののざわめきがなく、何より大地が呼吸をしていない。
 石牟礼は大震災のことを考え続けた。
 「息ができなくなっていた大地が深呼吸をして、はあっと吐き出したのでは。死なせてはいけない無辜(むこ)の民を殺して。文明の大転換期に入ったという気がします」

    *

 石牟礼が育ったのは熊本県水俣市。静かで、のどかで、ひそやかな不知火(しらぬい)海のなぎさで遊んだ。近くにはチッソの工場がそびえ立っていた。
 1950年代の半ば、石牟礼はこんな話を耳にした。
 「妙な病気がはやりよっとばい。猫は鼻で逆立ちして、鼻が真っ赤になって」
 胸騒ぎがした。
 当時、海では魚が海面に浮き、魚を食べたカラスが空から落ち、漁師の中には手足が震え、よだれをたらし、うなり声をあげ、死ぬ者もいた。
 水俣で起きていることを書かねばと思った石牟礼は、患者の家を歩いた。苦しんでいるのは10人や20人ではないと直感した。
 患者を描く際は地元のことばで表現した。
 「そうしなければ患者さんの心情は伝わりませんから」
 病院に収容された患者が海の美しさを懐かしむ場面を、石牟礼はこう描いた。
 「わけても魚どんがうつくしか。いそぎんちゃくは菊の花の満開のごたる」

    *

 65年、雑誌に原稿を発表していた石牟礼の自宅を渡辺京二(わたなべきょうじ)(80)が訪れた。
 渡辺は「熊本風土記」という雑誌の創刊を準備していた。石牟礼の原稿を一読した渡辺は驚き、知り合いの作家上野英信(うえのひでのぶ)(故人)が出版社にかけあった。原稿は69年に「苦海(くがい)浄土」という題で出版され、反響を呼んだ。
 だが、水俣市はチッソの企業城下町。企業の影響力が大きく、患者は孤立していた。
 「水俣病はふつうの事故ではなく、緩慢なる毒殺です」
 何とかしなければと思った石牟礼は「もっと多くの人に知らせたい」と訴えた。
 「石牟礼さんの頼みなら」と、渡辺はガリ版刷りの新聞「告発」を出した。以後、石牟礼と共に動き、原稿の清書や資料の整理を今も続ける。
 渡辺自身、石牟礼の作品から示唆を受け、近代を問う作品や論評を書いてきた。
 「何でも一緒にやってきたんだから。こうなったらとことん手伝うしかない」
 石牟礼は水俣病患者と震災の犠牲者の姿を重ねる。
 「亡くなった人たちの魂が伝えようとしている遺言に向き合わなければ、日本は滅びると思います。でも、受けとめて立ち上がった時、今までとは異なる文明が出来上がるのではないでしょうか」
 医療、認定、賠償。水俣病を通して突きつけられた問題に向き合ってきた人々をたずねながら、被害者となった国民、企業、国の関係を見つめ直す旅に出た。

 (稲野慎)
6

2011/6/19

菅もやっぱり・・  原爆・原発問題

(ニュース)
<原発>菅首相「安全性が確認されたものは稼働」
 菅直人首相は19日、停止中の原発の再稼働を地元自治体に要請する方針を海江田万里経済産業相が表明したことについて「私もまったく同じだ。すべての原発を停止するとは言ってない。(政府が停止要請した中部電力)浜岡(原発)は例外的で特別な事情があるが、他の安全性が確認されたものは稼働していく」と述べた。インターネットを通じた国民との自然エネルギーに関する「オープン対話」の際に語った。【高橋恵子】(毎日新聞)

*ううむ、結局、菅もやっぱり浜岡原発一時停止だけなのか・・。
0

2011/6/19

6月19日、福島市で「こども健康相談会」開催(終了)  原爆・原発問題

(下記は終了しました。)

(下記の健康相談会、すでに参加者多数で締め切ったそうです。なお、アドバイザーの先生方は必ず参加するというものではないそうです。早とちりで、誤った告知の仕方をしてしまい、すみませんでした。)

6月19日(日)に、福島市で、小児科医等による「第一回こども健康相談会」。
0歳児〜20歳の乳幼児・青少年の小児科医による健康相談、および身長・体重・血圧測定。
「子どもたちを放射能から守る全国小児科医ネットワーク」代表 山田真(小児科医・八王子中央診療所理事長)氏ら、小児科医のグループが参加。アドバイザーに、崎山比早子(元放射線医学総合研究所主任研究官、医学博士、高木学校)氏、矢ヶ崎克馬(琉球大学名誉教授)氏、肥田舜太郎(内科医)氏。
詳細は下記を。

http://blog.goo.ne.jp/kodomofukushima/e/7a7e7183450fc8044db8dc5b4283f07e
0

2011/6/18

新しい形のヒバク  原爆・原発問題

*前記事の東京新聞の記事でも紹介されている、「チェルノブイリへのかけはし」のブログのレポートです。

http://www.kakehashi.or.jp/?p=3509

*何が起こりつつあるのか?
 過去の事例(原爆やチェルノブイリ原発事故)も参照しながらも、それとはまた異なる、未知のことが起こるかもしれない・・という視点もあわせ持って、注視が必要なように思います。
0

2011/6/18

子に体調異変じわり 「避難か」苦悩の親(東京新聞)  原爆・原発問題

子に体調異変じわり 「避難か」苦悩の親(東京新聞、6月16日付)

http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-484.html

http://lucian.uchicago.edu/blogs/atomicage/2011/06/16/children-showing-health-effects/

*インターネット上では、いろいろすでに健康被害が始まっているのではないか・・という話が流れていますが、はっきり新聞記事になったものを見ると、やはりちょっとショックです。
0

2011/6/17

「レベル4」とはINES基準のレベル4のことではないとの情報も・・  原爆・原発問題

すみません。前記事の、米、ネブラスカ州の原発の件、その後、インターネットで下記を見たところ、レベル4というのはINESの基準のレベル4のことではないそうです。

http://ceron.jp/url/togetter.com/li/150411

放射能漏れは確認されていないのでしょうか。
しかし、水没しており、危険な状態。とりあえず注視か。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ