2012/9/27

領土問題再考  時事問題

現状の世界各国の領土というのは、戦争も含む実効支配を続けることで確定されているところがあるというのは現実としてあることだと思います。そうした帝国主義的な領土の確定の仕方、戦争とか実効支配で、歴史的、地理的にあいまいな土地がどこの国の領土であるかを確定させるやり方に対して、批判的な視点は必要かと思います。しかし、そうした帝国主義的な領土の確定の仕方を全面的に否定して、そのような帝国主義的なやり方で確定されている領土は、世界中、どこも認めないなどと主張しても、あまりに世界の現実からかけ離れた主張ではないかと思うし、世界中の人々から広く同意を得ることは出来ない主張なのではないかとも思います。

結局、帝国主義とか、戦争とか、そうしたことも歴史の一貫なのであり、そもそも各国の領土は、帝国主義とか、戦争とかも含み入れた人類の歴史の過程で変動し続け、現状として確定されているものなのだと思います。何千年、何万年も、まったく変化しない、「固有の領土」として、ある一国の領土が存在すると考えるほうが、領土というのは変動し続けて来たものなのだという歴史を無視していると言えるのかもしれません。

なので、とにかく、日本政府の「固有の領土」という主張は無理があると思うので、この考えから離れることがまず必要なのではないかと思います。

でも、こういう風に考えて行くと、結局のところ、いろいろな解釈の仕方とか、観点とかで、その土地がどの国の領土かの判定が違ってくるとも言えます。絶対的に、100パーセント、客観的な、領土の国際的な判定基準というのがあるのかも疑わしいです。そもそも、世界には、帝国主義とか、戦争とかに歴史的にまったく関わりがない、客観的な立場の国というのがあるのでしょうか。
早い話、日本と中国、日本と韓国の間に入って、仮にたとえばアメリカが判定したとして、アメリカの判定が客観的な立場のものなのかはおおいに疑わしいわけです。

竹島(独島)に関しては、戦前の日本の朝鮮支配の一貫に含まれるものなのか、日韓で議論が分かれるところですが、時期的に重なるなど、韓国側の主張に耳を傾ける要素はあるものと思っています。
一方、李承晩政権に始まる、韓国による、竹島(独島)の実効支配のやり方はかなり乱暴なものであり、こうした実効支配のやり方こそが帝国主義的なものなのではないかという見方も出来ると思います。
つまり、韓国側の、竹島(独島)は日本による帝国主義的な朝鮮支配の一貫で日本の領土に編入されたものだという主張に耳を傾ける要素があると思うと同時に、第二次世界大戦後の、韓国による竹島(独島)の実効支配のやり方も帝国主義的なやり方だと思うので、帝国主義的なやり方はけしからんという立場から言うのだとすると、竹島(独島)の場合はどのように考えればいいのか、微妙なところがあるように思っています。

また、尖閣諸島については、日本は無主の地だったところを先占の法理で自国の領土に組み入れたと主張しています。(中国側は、そもそも尖閣諸島は無主の地だったわけではなく、昔から中国側の領土だったのだと主張しているようですが。)仮に無主の地だったという日本の主張が正しいとするなら、無主の地だったのなら現状の国際法の考え方では日本の領土とするのが正当ということになるかと思います。しかし、現状の国際法の概念から離れて、帝国主義的なやり方でどこの国の領土かを特定するやり方は問題があるという立場から言うのであれば、そもそも無主の地の場合は先に自国の領土だと宣言した国の領土になるという決め方自体が帝国主義的な決め方で問題であるという考え方も出来るのではないかと思うので、こうした立場なら、無主の地だったからといって日本の領土だとは言えないのではないかという考え方もあり得ると思います。

結局、解釈の観点とか、角度で、どちらの国の領土かは違ってくるということです。
で、何をあなたは言いたいのかと言われてしまいそうですが。
とにかく、僕としては、日本と中国、日本と韓国にはそれぞれ歴史がありますので、そうした歴史的過程も踏まえて、それぞれの2国間で話し合っていくしかないのではないかと思います。(当然、日本側は過去の反省と謝罪が必要です。)

付記
なお、これでは、自分の意見、考えとしてどうなのか、はっきりしろと言われるかもしれませんので、あえて、現時点での僕の個人的な考えを書いておくと、僕は、尖閣諸島は中国領であり、竹島は日本領であるとするのが、どちらかと言うと妥当な判断なのではないかと個人的には考えています。
0

2012/9/26

天安門事件のトラウマ  時事問題

何度か、書いている通り、僕は個人的には、尖閣諸島がそんなに明確に日本の領土であることに疑いがないものであると言えるものなのか、かなり疑問に思っていて、中国側の主張にもじゅうぶんに耳を傾ける要素があるものと思っているので、中国側が日本政府に対して抗議するのは当然だと思っているのだが、それはそれとして、中国国内で起こったデモが、デモと言うにはあまりに乱暴で略奪行為にまですぐ発展したり、かと思うと、あれだけ暴れていたのに、中国政府が規制をかけたらすぐに鎮静化したりするのには、なんでこうなるのか?、これは民衆が自発的に起こしているデモではないのか?と唖然とさせられる思いがした。
で、それに対して、各マスコミに、中国に詳しい専門家という人達が出て来て、いろいろともっともらしい解説をされていて、ふーん、そういうものなのかと思ったりして、おそらく中国通の専門家なる方達が言うことは間違いではないのだろうと思うのだが、もしかしたら僕の見当違いかもしれないが、大切なことが抜け落ちているような気もするのだ。
その、僕が、抜け落ちているのではないかと思う、大切なことというのは、こうした変な形でしか、中国でデモが行なわれないのは、天安門事件のトラウマがかなり根強く人々の間にあるからなのではないかということだ。

天安門事件は、他国の僕にも、あまりに衝撃的な出来事だった。こんなことが世界にあっていいのかと、本当に震えて、ひと晩中、僕は泣いていたと思う。いまにして思えば、本当に僕は若くて、まだ子どもだったのかもしれないが、連日、天安門で若い人達のデモが膨れ上がっているという報道に、ああ、中国も、大きく変わろうとしているのかな・・と、素朴にわくわくして、期待していたのだ。それが、あんな風な結末になるなんて・・、軍隊が自国の国民を虐殺するなんて、そんなことがあるなんて考えてもいなかった(軍隊というのはどこの国でも自国の国民を守るためにあるものだと素朴に思っていた)僕は、あまりの衝撃で、天地がひっくり返ったような気持ちがしたものだった。まあ、いまにして思えば、単に僕が何も知らなかっただけで、天安門事件のこの結末を予測していた人が多くいたことや、そもそも軍隊というのは自国の国民を守るためだけにあるものではないらしいということをのちに知って、気づいて行くことになるわけだが、とにかく、天安門事件に遭遇した頃の僕は、こんなことが世界ではあるのかと衝撃に震えるしか、なかったのだ。
他国の僕でさえ、そうだったのだから、中国の人達には、やはり天安門事件のトラウマというのは根強くあって、それがデモが盛り上がっても、政府が規制をかけたらすぐ鎮まってしまうということに繋がっているのではないかと僕は感じる。どうなのだろうか。
1

2012/9/16

「被爆者の声をうけつぐ映画祭2012」のお知らせ(終了)  映画

(下記のイベントは終了しました。ご来場された皆様、有難うございました。)

私がスタッフをしている、「被爆者の声をうけつぐ映画祭2012」という映画祭が、9月14日(金)、15日(土)、16日(日)の3日間、御茶ノ水の明治大学リバティタワー1階リバティホールにて開催されます。
原爆、原発関連の劇映画3本、ドキュメンタリー8本を上映します。
先日、亡くなられた新藤兼人監督の追悼上映もあります。また『三池』の熊谷博子監督が昔、つくられた被爆者のドキュメンタリーや、鎌仲ひとみ監督の新作『内部被ばくを生き抜く』、その他、貴重な作品ばかりです。
よろしくお願いいたします。

(以下が映画祭の概要です。)
「被爆者の声をうけつぐ映画祭2012」のお知らせ

*2012年9月14日(金)、15日(土)、16日(日)
*明治大学リバティタワ− 1階リバティホールにて開催

プログラム&スケジュール *完全入替制

9月14日(金)
プログラム1
18:20〜21:00
開会の挨拶
*新藤兼人監督追悼上映
劇映画『原爆の子』(98分)
お話:新藤次郎(近代映画協会代表、映画プロデューサー)


9月15日(土)
プログラム2
10:00〜12:00
ドキュメンタリー『もし、この地球を愛するなら』(26分)
ドキュメンタリー『無限の瞳』(20分)
お話:『無限の瞳』制作関係者(数名)

プログラム3
13:00〜15:30
劇映画『ヒロシマの証人』(110分)
お話・山口逸郎(プロデューサー)

プログラム4
16:30〜18:10
ドキュメンタリー『幻の全原爆フィルム日本人の手へ! 悲劇の瞬間と37年目の対面』(72分)
お話・熊谷博子(監督)

プログラム5
19:00〜20:30
劇映画『あしたが消える −どうして原発?−』(55分)
お話・製作スタッフ

9月16日(日)
プログラム6
10:00〜12:00
ドキュメンタリー『内部被ばくを生き抜く』(80分)
お話:被爆者の方の証言

プログラム7
13:00〜15:00
劇映画『その夜は忘れない』(96分)
お話:被爆者の方の証言

プログラム8
16:00〜18:10
ドキュメンタリー『あの日 この校舎で ―五十年前に被爆したナガサキの記憶―』(30分)
ドキュメンタリー『二重被爆〜語り部・山口彊の遺言』(70分)
お話:稲塚秀孝(プロデューサー・監督)

プログラム9
19:00〜20:45
ドキュメンタリー『HELLFIRE:劫火−ヒロシマからの旅−』(58分)
お話:原爆の図丸木美術館学芸員 岡村幸宣
映画祭エンディングセレモニー

■ 会場:明治大学リバティタワ− 1階リバティホール
● JR中央線・総武線、東京メトロ丸ノ内線/御茶ノ水駅 下車徒歩5分
● 東京メトロ千代田線/新御茶ノ水駅 下車徒歩5分
● 都営地下鉄三田線・新宿線、東京メトロ半蔵門線/神保町駅 下車徒歩5分

地図
http://www.meiji.ac.jp/koho/campus_guide/suruga/access.html

鑑賞券
大人1000円/学生・子ども800円(前売、当日ともに、1プログラムごとに)
全プログラム フリーパス券 5000円
(フリーパス券は大人、学生・子どもの区別はありません。)

主催:明治大学軍縮平和研究所/被爆者の声をうけつぐ映画祭実行委員会
後援:日本原水爆被害者団体協議会/被爆者の声をうけつぐプロジェクト50/ノーモア・ヒバクシャ記憶遺産を継承する会

連絡先:Eメール eigasai@gmail.com
問い合わせ:
共同映画(株) 03-5466-2311(FAX03-5466-2312)
ウイング・コア 03-3232-7867(FAX03-3205-8958)

映画祭ブログ
http://hikakueiga.exblog.jp/

映画祭ツイッター
https://twitter.com/hibakusyanokoe


(作品紹介)

プログラム1
劇映画『原爆の子』
1952年、製作:近代映画協会・劇団民芸、監督:新藤兼人、98分、モノクロ
長田新編「原爆の子」をもとに、新藤兼人脚本、監督。戦後はじめて広島の悲劇を取り上げた長編劇映画。瀬戸内海の小学校教師石川孝子(乙羽信子)が幼稚園教師時代の教え子たちをたずね歩き、原爆の傷痕がなお深い痛みとともに残っていることを実感。滝沢修、宇野重吉らが共演。
* 5月29日に100歳で亡くなられた新藤兼人監督の追悼上映。

プログラム2
ドキュメンタリー『もし、この地球を愛するなら』
1981年、製作:NFBC(カナダ国立映画制作庁)、26分、カラー
監督:テリー・ナッシュ、日本語版制作・演出:片桐直樹
今から30年以上前の作品だが、医学博士ヘレン・カルデコットの熱気溢れる講演は現在の我々に鋭く迫る。何故これほどまで核兵器が発達したのか、もし核保有国がそれを使用したら……ヘレンは雄弁だ。どうすれば人類は生き延びられるか。「女は情熱的です。男を迷わせるほどに情熱的です。赤ちゃんを先頭に議会にデモをしましょう。地上からすべての核兵器を廃絶しましょう。もし、あなたがこの地球を愛するなら。」

ドキュメンタリー『無限の瞳』
1955年、製作:成城高等学校生徒会、20分、モノクロ
佐々木禎子さんの折り鶴にも影響を与えた、当時の学生たちの先駆的な平和運動を記録した貴重な作品。小学生の時に広島で被爆した千葉亮君は東京、成城高校に入学したが、白血病に襲われる。生徒たちが千葉君を救おうとカンパを集める運動を始め、集会やラジオで訴え、大学生たちの協力も得ながらこの記録映画を作り始める。運動が全国の高校生たちに「無限の瞳」となって広がって行く様子に驚かされる。

プログラム3
劇映画『ヒロシマの証人』
1968年、製作:「ヒロシマの証人」製作上映実行委員会、監督:斎村和彦、110分、モノクロ
1960年代、原爆症で倒れ亡くなる者が後を絶たないなか、貧しい被爆者たちが暮らす相生地区は、団地の建設計画によって立ち退きの対象となる。死の恐怖と生活苦に苛まれる被爆者たちは、やがてABCC(米国原爆傷害調査委員会)の非人道性を批判する医師たちとともに立ち上がる。被爆者たちの姿を通して戦後の広島を描いたディスカッション・ドラマ。本映画祭実行委員の山口逸郎が、初めてプロデュースに携わった作品でもある。

プログラム4
ドキュメンタリー『幻の全原爆フィルム日本人の手へ! 悲劇の瞬間と37年目の対面』
1982年、製作:日本映像記録センター、監督:熊谷博子、72分、カラー
原爆投下直後、その惨状を撮影したフィルムは、日本占領期に米軍によって持ち去られ、米国国立公文書館に所蔵された。時は過ぎ1980年代初頭、そのフィルムを市民のカンパにより10フィートずつ買い戻す市民運動「10フィート運動」があった。このドキュメンタリーは、その成果を用いて制作されたテレビ番組である。被爆者たちが、フィルムに収められた、かつての自身の姿を見ながら、その決して癒えない生々しい体験を語っていく。

プログラム5
ドキュメンタリー『あしたが消える −どうして原発?−』
1989年、製作:原発を考える映画人の会、構成演出:千葉茂樹/中嶋裕/田渕英夫/金高謙二、55分、カラー
今から23年前、この作品は、まるで福島の大惨事を見通していたかのようである。若くして骨ガンで亡くなった元原発技術者を父に持つ若い女性の思いと行動を追う。本当の死因は? 元原子炉設計技師、被ばくの実態調査を行う医師、そして父親の部下たちの証言。次々と原発の危険性が浮かびあがる。そしてスリーマイル、チェルノブイリ、六ヶ所村。「あしたを消さないために、私たちに今、何が問われているのだろうか」。

プログラム6
ドキュメンタリー『内部被ばくを生き抜く』
2012年、製作:株式会社環境テレビトラスト、監督:鎌仲ひとみ、80分、カラー
福島第一原発事故後、食べ物や検査に気をつかう福島県の親子たちを取材。あわせて、実際に被ばくに関する医療活動を継続してきた、肥田舜太郎、鎌田實、児玉龍彦、スモルニコワ・バレンチナ(チェルノブイリの小児科医)の4名の医師に、私たちがこれからどう対処していけばいいのかを鎌仲監督が問いかける。「内部被ばくの時代」をどうすれば生き抜くことが出来るのか、最前線で格闘する人々の声に耳を傾ける。

プログラム7
劇映画『その夜は忘れない』
1962年、製作:大映、監督:吉村公三郎、96分、モノクロ
雑誌記者の神谷(田宮二郎)は、原爆特集記事のために戦後17年目の広島を訪れる。しかし取材先では紋切り型の話しか聞けず、原爆の傷は既に癒えているように見えた。そんな中で出会ったバーのマダム・秋子(若尾文子)に惹かれていく神谷だが、彼女には秘められた被爆体験があった。男女の悲恋を通し、被爆の記憶の風化と、その奥にある癒えない傷を描いた先駆的な作品。

プログラム8
ドキュメンタリー『あの日 この校舎で ―五十年前に被爆したナガサキの記憶―』
1996年、製作:株式会社映像社・岩波映像株式会社、監督:吉川透、30分、カラー
この映画は、長崎市の新興善小学校で元気に遊び学ぶ子どもたちの姿から始まる。50年前のあの日、被爆直後、この校舎は市民の救護所になり、約7000人の被爆者が運び込まれた。当時の看護婦や看護学生たち、小学生だった被爆者などが再びこの校舎を訪れ、その時、眼にし、耳にした生々しい体験を語る。未来世代に伝えるために、被爆者たちが勇気を振り絞って語った貴重な証言。

ドキュメンタリー『二重被爆〜語り部・山口彊の遺言』
2011年、製作:タキシーズ、監督・企画・プロデューサ−:稲塚秀孝、70分、カラー
山口彊さんをはじめ7名が広島・長崎両市で被爆した体験の証言は、国内外に大きな反響を呼んだ。その後、カメラは山口さんを追い続けた。「核兵器をなくすために、皆さんの力をお貸し下さい」と世界に訴える言葉が胸に深く響く。そして、語られるもう一つの遺言。「核は人間の世界にあってはいけない。核は平和的な利用と言っても技術的にも倫理的にも問題があり、事故は止まらない。核が無くならないなら、人類は滅亡に近づく。それを伝える為に生かされていると思う(2007年3月16日) 」。
※本作品は『二重被爆』(2006年、青木亮監督、稲塚秀孝企画・プロデューサー)とは別の作品。

プログラム9
ドキュメンタリー『HELLFIRE:劫火−ヒロシマからの旅−』
1988年、製作:シグロ、監督:ジャン・ユンカーマン、58分、カラー
原爆投下直後の広島に入って被爆し、後に全15部にも及ぶ絵画「原爆の図」を描き続けた、丸木位里と俊の夫妻を追うドキュメンタリー。夫妻が行う共同制作の貴重な風景が収められているだけでなく、二人の芸術活動が、原爆を描くことから南京大虐殺や沖縄戦、アウシュヴィッツ、そして水俣を描くことへと広がり、反戦と平和を求める生きざまへと繋がっていく、その創作の旅路が活写される。
0

2012/9/13

「被爆者の声をうけつぐ映画祭2012」、いよいよ明日より開催!  映画

本日の朝日新聞朝刊(東京面)でも取り上げられていますが、「被爆者の声をうけつぐ映画祭2012」、いよいよ明日より三日間、開催されます。よろしくお願いいたします!
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ