2013/9/11

『わたしはロランス』  映画

なんてゴージャスな恋愛映画!
監督は24歳!なんてゴージャスな才能。

といって、『わたしはロランス』は実はひどく個人的な恋愛話でしかないんだけど、そもそも恋愛とは個人的なものだし、しかし、当人にとっては、人生で最も重要なゴージャスな体験なのだが、しかし、どこにでもある恋愛話を描いてもごくごく普通に日常生活を丹念に追った映画にしかならないだろう。だが、真に新鮮、奇抜な発想(アイデア)と、それを映像にする圧倒的なビジュアルセンスと演出力があれば、ひどく個人的な恋愛話を、まるで『タイタニック』のような大メロドラマとして成立させられることを『わたしはロランス』は証明してしまっている。

それにしても、トランスジェンダーって…。さすが、カナダ。日本でこういう映画が誕生するのはいつの日か。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ