2018/4/13

『発酵する民』  映画

3.11後に作られた「鎌倉イマジン盆踊り部」を記録した平野隆章監督のドキュメンタリー映像『発酵する民』は、3.11はなんだったのかを別の角度から照らし出している。結局、原発反対デモはどこに行ってしまったのか?という疑問は残しつつ、しかし、3.11はいまだに決着などついていないし、すべては進行中、発酵中なのだろう。この映画はある意味で未解決、未完成の作品だけど、だからこそ、3.11の後の、いまに至るまでの人々の「気持ち」をたしかにとらえだしているとも言える。
0

2018/4/9

『あなたの旅立ち、綴ります』  映画

面白かった。シャーリー・マクレーン主演で、作りて(監督と脚本家)はかなりの映画的センスがあるのでやはりシネフィルなのだろうけど、かといって過去の映画の引用や参照っぽいところはほとんど感じられず(ひとつだけ、アマンダ・セイフライドが男に会いにいくところが、あ、『アパートの鍵貸します』への目くばせかなと思ったけれど)、実際の人生の葛藤に即してドラマが作られているという感じで、それでいながらしゃれた映画に仕上がっているところがいい。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ