2013/7/17

『さよなら渓谷』  映画

最近の日本映画としてはかなり評価が高いようなので、見てきました。
たしかに、力作で、何より、渓谷とか、歩道橋、電話ボックスなど、ロケーションがいい。ドロドロした暗い話なのに、けっこう開放的な気分で見ることが出来るのは、こうした風景の撮り方の良さがあるからだと思う。こういう作り方があるのかとその点は感心しました。

ただ、この映画は、もともと無理がある設定の話を、細かいディテールで成立させようとしているものなのだけど、無理な設定を成立させようと、ほんとに細かくいろいろ考えてつくっていることはよく分かるのだけど、それでもやっぱり無理なものは無理なのではないかという気持ちは最後まで乗り越えることが出来なかった。
もっと言うと、男目線では、なるほど、これはあり得るかもと思えるのだけど、女目線ではどうなのかな? 女性の方が見たら、「そんなの、無理よ・・」と思われて終わりなんじゃないだろうか・・という疑問が晴れなかった。そこらへん、逆に女性で見た人にどう思ったか、聞いてみたいところ。
ひとつ、思ったのだが、鈴木杏が演じる女性記者が、最初は理解できないと言っていたのだが、それがどうして理解していったのか、そこの部分がもっと描かれていれば、こういう疑問は晴れたかもしれないということ。原作がどうなのかは分からないが、映画を見た限りでは、女性記者の心の動きはじゅうぶんに描かれていたとは言えないように思う。大森南朋が演じる男性記者が納得していくのは、大森は共通する葛藤が背景にある役でもあるので、見せ方としては分かりやすいとは思うのだが、逆に、そりゃ、通じる葛藤がある男の目線で納得していくのは当然でしょという感じもするので、説得力という意味ではじゅうぶんではないのではないか。

あと、不自然と言えば、真木よう子が、かなりいろいろな体位のセックスシーンを演じてるのに、どういうわけか、胸(乳房)やお尻をぜったいに見せないんですけど・・。部屋の中でセックスしているのに、なぜか、パンティをはいていたり・・。これは事務所からの要望なのか? もともと濡れ場をおさえている映画ならともかく、大胆な濡れ場がある映画なので、かえって不自然にしか思えなくて、妙に気になって仕方がなかったんだけど・・。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ