2013/10/31

『天国の門』  映画

ネイトが手紙を書くシーンが感動的なのは、その手紙の内容だけでなく、たどたどしい書き方、筆跡だからなのだろうか。ネイトは貧しくて、おそらく学校もろくに行けなかったようなので、独学で文字を学んだのだろうか。

この映画は、主人公の保安官(金持ちのエリート)と、貧しいネイトという対比的な境遇のふたりの男が出てくる。ヒロインのエラはこの2人の男の間で迷うのだが、こう書くと、ひとりの女を男2人が争う三角関係もののように思えるが、実は、エラは2人の男の愛の間をさまよい、迷っているわけではないようだ。エラは親を亡くし、貧しい境遇から成り上がってきた娼婦たちの元締めであり、それだけに自分が蓄えてきた財産には執着があるし、それをほうりなげて男たちの愛を選ぶことは出来ずに、迷っているようなのだ。男たちの愛を選んだら、また貧しい時代に戻ってしまうのだから。だとすると、エラは男2人の間を迷っているというより、自分が苦労してためた財産を守ることと、男たちの愛との間を迷っているということなのか。
こう書くと、シビアすぎる話のように思えるが、このシビアなリアリズムがこの『天国の門』の凄みなのかもしれない。

マイケル・チミノ監督が後年に撮った『心の指紋』は、貧しいインディアン青年がエリート医師を誘拐するバディムービーの傑作だが、金持ちエリートと貧しい者との対比、葛藤を描くという点で『天国の門』とつながっているのである。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ