2015/1/19

斎藤環氏の『沈みゆく大国 アメリカ』批判について(続き)  公害・薬害・環境・医療問題

前の文章を書いた後に、斎藤環氏のツイートを見たら、『沈みゆく大国 アメリカ』について、「最大の問題は、オバマケア導入以前から存在している問題を、まるで導入以降に生じたかのように印象操作していること」と斎藤氏がツイートされていました。しかし、この読み方のほうが誤読ではないでしょうか。
たとえば、『沈みゆく大国 アメリカ』の、重要なドン・ダイソン医師のインタビューを読み直してみると、この医師は、オバマケアによってメディケア、メディケイドの問題が生じたなどとは言っていないように思います。
ドン・ダイソン医師は、メディケア、メディケイドの保険の問題があり、むしろオバマケアによってこれが解消されることを期待していたが、しかし、オバマケアはまったくその解決策にならなかった、それでオバマケアには失望したということを言っているのではないでしょうか。私にはそう読めます。
これは「オバマケア導入以前から存在している問題を、まるで導入以降に生じたかのように印象操作している」ということではないと思うのですが…。
ただ、『沈みゆく大国 アメリカ』にはオバマケアによってそういう問題が生じたとは書いていないと思うが、オバマケアがその解決にはならないどころか、事態をさらに深刻化させているということを主張しているのかなとは思います。この点はたしかに異論はあり得るかもしれません。
つまり、メディケア、メディケイドの保険の問題はオバマケア以前からある問題であり、オバマケアとは別問題。なので、オバマケアによってそれが良くなるとかさらに悪化するということでもなく、そもそも違う問題ではないかと考えるなら、オバマケアについて論じる時にそれを持ち出すのは印象操作だと。
そのような考えで、印象操作だと言われているのかなといま、思いましたが、もしそうだとしても、オバマケアによってこうした問題が生じたという風にはやはり書いていないように思うので、その点は誤読のように思います。
堤氏はオバマケアがアメリカの医療問題を解決しないどころか、さらに深刻化させると考えて、それでこうした医療問題について書いているのではないでしょうか。ただ、この点は、オバマケアがそうした医療問題をさらに悪化させるのかどうかは、オバマケアはまだ始まったばかりだし、評価できないところはあるのかもしれません。
堤未果氏の著書に対して、そうした異論はあるのかなとは思いますが、でも堤氏は、オバマケアによってこうした問題が生じた、オバマケア以前にはこうした問題はなかったとは書いていないし、オバマケア以前からあるこうした問題が、オバマケアによって悪化するのではないかという主張と思われます。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ