2016/10/26

『過激派オペラ』江本純子監督  映画

『過激派オペラ』江本純子監督
うわー、よくも悪くもやっぱり時代は少しずつ、変わってきていて、こういう映画が出てくる時代にいつの間にか、なっていたんだなあということを実感させてくれる作品。しかし、江本純子の、自身のセックスの欲望で劇団を作り芝居をしているというしょうもなさを描いたセルフパロディとも言える作品でありながら、しょうもなさなんてどこかに吹き飛んでしまって清々しい映画になっているのが凄いよね。やはりやっていることが本質的にラジカルだからなのか。もちろん、そのラジカルさをホースで水浴びなどの具体的な映像で見せていて、とにもかくにも映画になっている。
ちなみに、さりげなくカサベテスへのオマージュ(?)も。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ