2016/11/18

こうの史代『この世界の片隅に』  マンガ

こうの史代は、『夕凪の街 桜の国』という広島の原爆を題材にしたマンガで評価が定着したマンガ家だが、作品としてはむしろ、なんとものどかな、貧乏な若い夫婦の日常生活を描いた『長い道』の方がユニークで面白かった。この、戦争や原爆を題材にしつつ、日常生活を淡々と描く、という両面を達成したのが『この世界の片隅に』だろう。
もっとも、『夕凪の街 桜の国』でもすでにそうした側面は出ていたし、それは、かつての広島の原爆の被害を描いた「夕凪の街」のパートを、現在の広島を描いた「桜の国」のパートが補完していくという時間の処理の手法にあったし、『夕凪の街 桜の国』が高く評価されたのはまさにこのような構成で、現在の日常的な視点から広島の被害を見直していくということを成功させたからだろう。そして、この手法は実は『この世界の片隅に』でも踏襲されていて、それは時間ではなく、場所を広島と呉の2つに設定したことで、広島の原爆被害を、呉の日常生活からとらえるという構成をしているのだと思う。
このように、こうの史代の本領は、戦争や原爆の被害、あるいは貧しい夫婦の生活を描きながら、描かれるのは、日常の生活細部のささやかな発見である、という点だろう。
これこそは、実は、ある種の少女マンガ、たとえば大島弓子『綿の国星』が行おうとしてきたことを引き継いだものなのであるし、正しき(という言い方は変だけど)サヨクの方法論なのだと思う。
貧しいからこそ日常生活のすみずみを見つめて世界を夢想してしまおうというのがサヨクの方法論だったのではないのかな?
こうした夢想力をなくしてしまうと、「お花畑」でなく厳しい現実を見つめるとか言って、他人を排斥したりするようになるのだろう。(今のトランプ現象の背景。)
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ