2017/7/21

『世界は今日から君のもの』  映画

面白かった。ちょっと『アメリ』の日本版のような感じの映画なのだけど、『アメリ』ほど極端な世界を構築しているわけではなく、日常的なリアリティの中で作品を成立させている。こうした不思議な女の子の不思議な話を、極端にしてしまわないで、日常的な等身大の感覚でリアリティを持たせて成立させているのはかなり独特の達成をしている作品だと思う。市民講座の話とか、スケッチブックが無くなった出来事のオチも意外性があり、面白かったです。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ