2005/7/28

『姑獲鳥の夏』  映画

テアトル池袋は水曜日1000円なのでつい『姑獲鳥の夏』を見たのですが、自分には合わないタッチのようです。映像が無駄に(というか、ストーリーとあまり関係ない部分で)凝り過ぎかと思いました。
でも、思ったほど、おどろおどろしいものではないところは悪くないものなのかもしれません。
ストーリー自体はこれだけの話を考える作家というのは凄いなあとは思います。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ