2005/10/16

韓流とは無縁の韓国映画『ひとりで回る風車』  映画

川崎市民ミュージアムで河明中(ハ・ミョンジュン)監督の『ひとりで回る風車』(1990年)。
以前にこの監督の『かんかん照り』を見て圧倒されて思っていた作品とちょっと違った。『かんかん照り』は男と女の話で神代辰巳監督の映画を思わせるものだったのだけど、今回は少年が主人公で両親が亡くなっていて祖母、兄との貧しい生活を描くものだった。でもこの『ひとりで回る風車』もやはり美しい作品。いわゆる今時の韓流とは無縁のものだ。河明中監督は主に1980年代に作品を撮っていた監督で『ひとりで回る風車』以降は撮っていないよう。河明中のような監督が撮れなくなったことで「韓流」が成り立っているのだとすれば、韓国映画界が喪失したものもあったのではないかと思うのだけど。(もちろん、「韓流」の中からいい作品がうまれていることもたしかかと思うので一概には言えないが。)
1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ