2006/4/27

『東海道四谷怪談』  映画

ラピュタ阿佐ヶ谷で中川信夫監督の『東海道四谷怪談』。
言うまでもなく、日本映画史上に燦然と輝く傑作中の傑作。
自分は完璧さ、完成度の高さをめざした映画はあまり好きではない・・みたいなことをよく僕は言ったりしているのだけれども、この映画に関しては本当に完璧な傑作だと唸るしかない。
低予算を逆手にとったようなカメラワーク。直助という民谷伊右衛門をそそのかす主人公、伊右衛門よりもさらに悪いやつを出したことで深みを出すことに成功したキャラクター設定。そうした様々な要素が完璧なまでに映画的だ。もちろんあまりにも有名な歌舞伎を土台にした作品なのだけれども、完璧なまでにというのか、骨の髄まで映画的な作品なのだ。
特にラストシーンのお岩さんのカットを含め、こうした怪談ものでもきちんとキャラクターを昇天させるように描く中川信夫監督の心優しさみたいなものにしびれてしまうのだ。
恐いというより、うっとりとしてしまうような作品だと言えるのかもしれない。

もちろん、この映画を代表作として知られる名カメラマン、西本正氏が香港娯楽映画の基礎を築いた人物である(『ドラゴンへの道』などブルース・リー映画のカメラマンでもあるのだ)ということもきわめて映画的な事態であると言えるのかもしれない。

西本正 作品リスト
http://www.jmdb.ne.jp/person/p0221150.htm
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ