2006/6/29

金英男さん記者会見にヘギョンさんは出席せず  ニュース

*日本時間午後4時から金英男さんが記者会見を行う。キム・ヘギョン(ウンギョン)さんは欠席という報道。北朝鮮当局の監視下での記者会見のため、どこまで真実が明かされるのかは不明だが、とにかく、北朝鮮側が韓国人拉致被害者を表に出して来たのであり、今後の韓国内の世論に影響を与えるものと思われる。

(ニュース)
金英男さん家族が個別対面 午後に記者会見
 【ソウル29日共同】横田めぐみさんの夫の可能性が高い韓国人拉致被害者、金英男さん(44)は29日午前、母の崔桂月さん(78)、姉の金英子さん(48)と、北朝鮮・金剛山のホテルの部屋で個別に対面し、2日目の日程に入った。韓国取材団によると、午後4時(日本時間同)から約30分間、英男さんの記者会見が行われる。めぐみさんに関する新たな情報が明らかにされるかどうかが注目される。
 会見には金英子さんが同席するが、めぐみさんの娘キム・ヘギョンさん(18)や、英男さんが再婚したとされる妻パク・チュンファさん(31)とその間に生まれた息子キム・チョルボン君(7つ)は出席しないという。
(共同通信 6月29日12時49分更新)

金英男さん記者会見、北朝鮮による拉致否定
 【金剛山29日聯合】北朝鮮拉致被害者の金英男(キム・ヨンナム)さんは29日、第14回南北離散家族面会行事が行われた金剛山ホテルで記者会見を行い、自身の北朝鮮居住の経緯について拉致疑惑を否定するとともに、偶然の機会で北朝鮮に渡ったと主張した。
 金英男さんは同日、高校1年生だった1978年8月5日、全羅北道群山の仙遊島海水浴場に遊びに行った際、先輩とのハプニングに巻き込まれた。一時身を隠そうと付近にあった小さな船に乗り、少しだけ漕ぎ出したところで寝てしまい、目を覚ますと島も海水浴場の灯りも見えなかったという。島に戻ろうと必死で船を漕いだが島は見えず、夜が明けると大海にいたと当時の状況を説明した。
 発見した船に救助を求め乗り込んだが、「島に戻るのは難しいので自分たちのところに行き、後で家に帰るのはどうか」と言われたという。北朝鮮の船であることを後で知り、到着した場所は南浦項だった。当時は恐ろしくもあり心配で、最初の数日間は食欲もなかったが、次第に北朝鮮側の人たちとも親しくなり心も打ち解けた。ここで勉強をして故郷に戻ればいいのでは考え、それから28年という歳月が流れた、と話した。
 英男さんは現在の自身の職業について「特殊部門、具体的には統一部門関連事業をしている」と明らかにした。
(YONHAP NEWS 6月29日17時34分更新)

会見で“めぐみさんは死亡”
横田めぐみさんの夫である可能性が高いとされてきた韓国人拉致被害者のキム・ヨンナムさんは、29日午後、北朝鮮のクムガン山で開かれた記者会見で、めぐみさんは1994年に死亡したと述べました。ヨンナムさんは、めぐみさんについて、「仕事を通じて知り合い、日本語を学んだ。結婚して3年後に子どもにも恵まれたが、その後、健康状態が悪くなった。看病のかいなく、めぐみは94年4月13日にみずから命を絶った」と述べました。
(NHKニュース 6月29日 17時9分)

*金英男(キム・ヨンナム)さんの記者会見はあまりに北朝鮮側の主張にそった内容。
韓国内では日本に対する不信感もあり、この内容を信じたい、日本の側が嘘をついているのではないかと考える人もいるかもしれないが、しかし、証言通り、船が遭難して助けられたのならばどうしてこれまで戻ってこなくて音信不通だったのか、また他の多くの拉致被害者もみな、そうした事情で拉致されたわけではないとでも言うのかなど、疑問が沸いてくることはふせぎようがないだろう。
また横田めぐみさんの死についても、遺骨は本物であると強調されるとかえって嘘なのではないか?という疑問が沸く。
つまり、あまりに北朝鮮側の主張にそくした内容であるため、逆に信憑性が疑われてくるのではないだろうか?
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ