2006/6/26

名前のこと  ご先祖探し

今まで社内では社員だけが名札をつけていました。
が、7月から全員が名札をつけることになりました。

不審者対策なんでしょう、このご時世ですしね。
名札なんて何年ぶりだろう。


突然ですが、私は自分の名前が嫌いです。
何でかというと、今私についているこの名前は父方の祖父母の「初孫につける名前」であって『私自身』につけられた名前ではないからです。
例えば妹が今の私の立場にいたなら、間違いなくその名前になったことは想像に難くないのです。
もしこの名が『私自身』に与えられたものだったなら、自分をもっと好きになれたかもしれません。
読みが同じ親戚(祖母方のはとこ)がいるのもそのことに拍車をかけている一因だと感じます(たとえば『薫』と『香織』で読みが同じ「かおる」みたいな感じ)。
改名をしようとは思わないけれど、友人に呼んでもらう事にも未だにためらいやとまどいを感じます。


私がものを書くとき、必ずペンネームをつけてきたのはそんな意味も含んでいるのかもしれません。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ