2006/7/25

同姓同名  日常

今日の新聞の文化面に『結構います 同姓同名』という記事が出てました。
例えば、『田村亮』さん。
田村正和さんの弟で俳優の『田村亮』さんとお笑いの『田村亮』さんがいます。特に同じ業界で活躍されている場合には、間違われやすいですね。
テレビに出ている方だと、同じ名字の人があやかって名前をつけるというのも結構ありますね。

大学教授などは研究分野が近いと、間違われることも多いようです。


私も実は同姓同名の人に遭遇したことがあります。
と言っても、ご本人を見ていないので『遭遇』とはちょっと違うかな?
昔、ある習い事をしていたとき、事情で一旦途中で休んでいました。
その後、復帰したときに同じ名前の人が同じクラスに入っていることを知りました。上から下までまるっきり同じ。違うのは漢字表記が微妙に一文字違うことだけでした(例えば「ともみ」と書くのに「友美」か「智美」かくらいの違い)。
同じクラスとはいっても時間帯が違うのでやめるまで、お顔を見たことは一度もありません。一度見ておきたかったな、と今でも思います。

そういえば小学校の同級生がうちの父とまるっきり同姓同名でした。
びっくりしましたよ。
父の世代には「普通にいる名前」で、私たちの世代には「ちょっと古風」がちょうど重なりあったのかもしれません。

0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ