2005/6/28

久々に  文学

 最近、本を読むまとまった時間が取れなくなっていたのですが、ちまちま読み続けてやっと平野啓一郎の『高瀬川』を読み終えました。
残念ながら、期待したほどの作品はありませんでした。



短編集なんですが、普通に読めたのは「清水」のみ。
「追憶」に至っては、問題外。紙、もったいないから。
「氷解」は二段組みのわりに、その効果が出ていないし読み辛い。こういった題材を扱うなら、二者の思考を章ごとに交互に出したほうがよかった。前々作(くらいかな?)『一月物語』の流れを現代に持って来た感じはする。
表題作の「高瀬川」を読んで思ったのは、『このひとは無理に現代物書かなくてもいいんじゃないのか?』ということ。
今までみたいに古典的なものに材を取ったほうが…。と久々に本を読んで感じました。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ