2018/11/15

半分を生きる  甲状腺ガン闘病記

 甲状腺がんの手術から、まる五年を迎えました。
2013年11月15日のことでした。

先日病院での診察と血液検査及びエコー検査を受け、毎日2錠飲んでいるチラージンSを1錠にしてしばらく様子を見ると先生より指示が出た。
症状が一時的に落ち着いたり病気の治療が有効化することを寛解というのだが、甲状腺がんの場合は10年と言われている。
ちょうど半分来たことになる。
私は甲状腺の左葉を残している。
そして薬も最初の半分。

 私は半分を抱えて、新たな五年を生きる。
欠けた半分は埋まることはなくても、その欠落が私を形づくっていく。

最後に(傷写真注意。流血はない)

2014年、術後1年。
クリックすると元のサイズで表示します

2018年、5年目。
クリックすると元のサイズで表示します

遠目で見ると、まったくわからない。
妊娠線や肉割れに効くという、バイオイルが体質に合っていたみたいです。
2

2016/11/15


 甲状腺ガンの術後3年目の検診、無事終了。
数値異常なし、でした。

傷の消え具合としては、遠目で見れば気にはならない程度ではないかと思います。
がっちり目の前だと「あぁ、あるね」という感じ。


 手術直後の写真は、私としては「手術後(摘出物)の写真を見せてください」とお願いしたのですが、先生は「手術後(患部)」と思われたらしく、患部の内容写真を見せていただきました。
まぁ、また来年あたりに機会を伺って見せてもらうことにします……。
0

2016/4/6

主治医交代  甲状腺ガン闘病記

 今年2回目の診察でした。
血液検査は前回やったので、今日はなしです。


外科の入り口に主治医の名前が書いてあるのですが、別の先生の名前が書いてありました。
「先生、急にお休みかしら?」と思っていたら、診察してくださった先生から主治医交代を言い渡されました。
「私、何かやらかした?!」というわけではなく、急な転勤で3月いっぱいで別の病院に異動になったそうです。
「急な異動だったので………、砂原さんにはA先生からご挨拶もなくすみません」
診察してくださった先生が謝ってくださいました。
そりゃあそうだよね、私、前に来たの1月ですものね………。


「そういえば、先生、あれってまだ見せてもらえますかね?」
「何ですか?」
「甲状腺取った時の中身というか、患部というか………写真でいいんですけど」
「入院時のカルテにありますから、次回準備します。今度担当になるB先生にお願いしておきますね」
「お願いします」

手術で取ったものを見せてもらっていないことを数日前に思い出したので、お願いしておきました。
次回は7月に、血液検査もあります。


0
タグ: 甲状腺ガン

2016/1/6

本年初診察  甲状腺ガン闘病記

 今年初診察に行ってまいりました。

年明けてすぐなので混んでいるかと思いましたが、わりとそうでもなくすんなり終了しました。
血液検査もしたのですが、結果はもらえませんでした。
何故だ。

次は4月です。
0

2015/10/14

術後2年目の診察(※傷写真なし)  甲状腺ガン闘病記

 甲状腺ガンの手術を受けて、早いものでまもなく2年になります。
厳密に言うと手術をしたのは11月なんですが、薬をいただく関係で今回は10月に検査となりました。

 今回も去年同様、首のエコー検査のみでした。
健康診断の季節なのか、検査室が混雑してました。


 結果、異常なし。
残してある甲状腺左葉にも、そしてリンパ腺にも転移なし、です。

 
 傷写真は今回ありませんが、色素沈着のせいかちょっと茶色に近くなってきました。
なるべく日に当てないようにはしてるんですけどね………。



0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ