2006/5/25

前売り  映画

笑う大天使』の映画の前売りを買いに池袋へ。
夏休み公開だそうです。
特製ストラップももらえて、嬉しい。

予告編見たけど、制服が…。
あんな制服、ありえない。お嬢様なのに。
川原泉の原作の制服の方が、よっぽどお嬢様なのに。
0

2006/2/18

春の居場所  映画

 『春の居場所』を、昨日の仕事帰りに観てきました。
レイトショーだったんで池袋の西武や東武をうろからしたり、夕飯に回転寿司を食べたりしていました。
仕事帰りにレイトショー観て帰るなんて初めてで、地元ではできなかったことでした。
始まる前にパンフレット買おうと思ったら、『お作りしていません』と言われて残念。原作本はもう持っているから、買うわけにはいかないし。

で、映画ですが何と言うか……雰囲気映画であるな、と。
ものすごく感情を動かされることはないけれど、雰囲気だけを楽しむ映画です(以下、ネタバレあり)。

主人公(堀北真希)がもうちょっと周囲になじんでいるところ(『順応性の高さ』)とか『頭がいい』設定なのにテストの点数に関することや、家族もお手伝いさんは出てくるけど肝心の父が出てこない(後に主人公が『自分の居場所がない』と感じた原因の一つになる)、とか色んな点に違和感はあった。

『お嬢様学校→やむを得ない事情で都立高校に進学』の設定も生かされていなかったし、最後に成長した主人公(佐藤藍子)が昔好きだった人(城咲仁)に再会して、それが判るシーンもメルアドもらって…ってところも画面ではっきりそれと判るメルアドだって見せたほうがよかった。
(映画では佐藤藍子が空メールもらってそれ見て判る、ってだけなので、高校時代のあだなをアドに使ってたのかな?と観客が想像するしかない)

それにしても、堀北真希が大人になって佐藤藍子ってないと思う。
目のでかさとかあきらかに違うし。
それだったら友だちのマッキー(柳沢なな)の大人になった姿の方がまだよかったよ。目のでかさはこっちの方が近かったと思う。

まあ、今まで映画化された作品(『大統領のクリスマスツリー』『F』)よりは好きだな。原作に沿っているし。



0

2005/12/1

映画化  映画

 大好きな作家、鷺沢萠さんの最後の小説『春の居場所』が映画化されるそうです。
この小説は死後、ご自身のパソコンから発見されたものです。最後の小説本となった『ビューティフル・ネーム』に未完のままで収録されています。

制作サイドに彼女のファンがいるのかどうかわかりませんが、原作の持つ雰囲気だけは壊さないで欲しいなと思います。
過去に映画化された彼女の作品(『大統領のクリスマスツリー』、『F』)は、『設定を借りただけの別物』と呼ぶしかない状態になってしまっていたので。



彼女が書くことのなかった結末をどうつけるのか、一ファンとして見守ろうと思います。
0

2005/5/15

寒いなぁ  映画

 二、三日前から寒いですね。
それに今日は急に雨が降ったり、雷が鳴るし、軽いけど地震も来るしと三拍子でした。

 久しぶりにHP更新。というか、link追加しました。
随分増えたなぁ。そのうち、linkのページを増やさなくてはいけないかもしれません。
---------------------------------------------------

今、ケーブルテレビで『誰も知らない』を見ました。
去年映画で見たときにはラスト何分か、具合悪くなって映画館を出たので見れなかったのです。今回、期待していたのですが、すっごく後味悪い。
 何で、ラストで母親が出てこないの?!
出てきてきっちり落とし前をつけるべきだろう、これは!!
いや、これはある意味アリかもしれないけど。そういうタイトルなんだから。でも、納得いかない。

0

2005/4/23

嵐のように  映画

 今日はシリーズ物をそろそろあげようかと思っておりました。
が、昼ごろ起きたら、お友達の「よ」さん(仮名)から電話が。
「×××(←地名)にいるんだけど、来ない?」
この×××という所はウチから、めちゃくちゃ近所にあります。
 何故、せめて一週間ぐらい前に電話をくれないのでしょう?
そしたら余裕を持って予定を空けておくのに。

 それで二人で映画を観ました。
キアヌ・リーブス主演の『コンスタンティン』です。
面白かった。マジで。
(以下ネタばれ。要注意。)
洋画のわりに(←結構失礼)主人公たちがラブラブべたべたもしないし。恋愛映画でなくてもやたらラブラブべたべたしてません?洋画って。
そういうのが苦手なわけで、洋画自体あまり観た事なかったんですよ(←実際、洋画を観るのが人生で二回目のヒト)。
終わった途端、「よ」さん(仮名)に言いましたよ。
「最後で×××がいいとこ取りだったね!」
「よ」さん(仮名)はこう言いました。
「続編ができそうな映画だね」
おそらくできるでしょうね。見に行くか行かないかはわかりませんけど。

でも、ポスターにあったキャッチコピーは絶対違うと思うの。
『天使と悪魔のボディガード』って。
内容と合ってないよ。





0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ