2019/7/20  11:36 | 投稿者: min

新潟県旧山北町に山熊田という地域がある。
現在もマタギ文化が息づいている貴重な地域だ。

人里から遠く離れた山熊田では「しな布」という日本最古といわれる布が織られている。
科の木の皮から織られるしな布は当地では「羽越しな布」(うえつしなふ)と呼ばれている。
その技術を受け継ぐ女性たちが10数年前に起業し、「さんぽく生業の里企業組合」を立ち上げた。

しな布の技術を受け継ぐ主要メンバーは3人の年配の女性。
これに加えて、村上市が技術継承のため募集した県外の女性1名
しな布は「さんぽく生業の里」で織っている。
このほか、以前に県外から移住してきた女性が技術を受け継ぎこれから集落内に工房を開く予定とのことである。

科の木の皮はアブが発生する夏前に切り出され、来週には灰で煮る作業を行い、その後糠につけて糸のもととなる。

細かく裂かれた繊維は手回しの昔ながらの糸車で撚り、糸に紡ぐ。
その後は木組みの足踏みの織機で筬で横糸を一本一本丁寧に組み上げていく。

製作しているのはハンドバックや着物の帯
生産量も少ない貴重な製品のためか結構な高値で販売している。

手触りは繊維を肌で感じるようなこしのある感触。
この技術をいつまで継承できるか、これからの課題であろう。

山熊田は数十軒の集落で集落に続く1本道も整備されているが、昔は冬期間の除雪もなく孤立した。
今は、県道ということもあり、除雪が行われてる。また、道路には山水を流すことから道路の凍結はない。

集落に沿って清流山熊田川が流れており、田んぼを作れるような平地は見当たらず、集落を越えると林道となり、ほとんどの地域が森である。

集落では一部の家にはプロパンガスボンベが見えるが、多くの家が薪を積み上げているから、風呂などはこの薪を使って沸かしているのだろうか。

現在は水も電気も不自由はないが、昔はどのように生活していたの気になるところであるが細かいことは聞けなかった。

高齢者の割合が極めて高いこの集落では、病院などはどうしているのか聞いてみたが、病院行きのバスが集落まで来て乗せてもらっているのだそうだ。

山熊田は昨年読んだ宮城県出身の作家「熊谷達也」の小説、森3部作の1つ「相剋の森」の舞台となったところである。
相剋の森では現代のマタギをテーマにしたもので、最近では、マタギなど山熊田を取材した新聞連載やテレビ番組が作られている。

さんぽく生業の里には熊の皮が室内に飾られている。
本来の目的はマタギのことを中心に調べたかったのだが、男衆の姿は見えず、生業の里内にもめぼしい資料はなかったことから、また今度にする。

山熊田小学校跡地
クリックすると元のサイズで表示します

廃校となった学校
クリックすると元のサイズで表示します

さんぽく生業の里
クリックすると元のサイズで表示します

さんぽく生業の里内の熊の毛皮
クリックすると元のサイズで表示します

しな布を織る機織機
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

集落を流れる川
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

集落風景
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

朝日道の駅にある「またぎの家」
奥三面ダム建設で閉村した三面の民家を移築したもの
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
2




AutoPage最新お知らせ