2018/2/11

眼下のクロマチック・ハーモニカ   - study

ずっと12穴だったので、16穴に慣れる方法を考案中。

12穴は、右手のスライドレバーからの位置で把握していた(と思う、、、)なので、270と一穴分違うCX12は苦労した。
16穴は、発想を変えて左手で持って全体感を把握して、楽器の真ん中がドとドの間のようなイメージを最初に考えた。12穴だとミとソの間がセンターだ。

最近考えたもう一つ、私は演奏中は目をつぶることが多いのだが、直したいと思ってた。16穴の場合は目を開けて眼下のハーモニカを意識すると音が当たりやすのでは?、吹いてるときも意識して、口につけるときも意識すれば、穴番号見ないで、ヒットするのでは?と取組中。こうすれば課題の目を開けての演奏が可能だ。

12穴は目をつぶっても吹けるぞ!って感じぃ?

吹きはじめの美学として、パッとくわえて吹き始めたい。それと、ハーモニカを上から下まで舐めるのはどうかと思う。そんなもんはすぐに乾くし、唇から多少の唾液を供給しつつ吹くのがよろしいかと思う。
0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ