2018/3/31

続:練習メニュー   - study

練習メニューについて書いたが、50歳過ぎで再びクロマチック・ハーモニカをたくさん練習して、この練習をしたらこうなるっていうのが見えてきた。
1年前と比較してここができたから更に行くとこうなるって感じ?がつかめてきてこうなると練習も苦ではなくなる。フィジカルの面での鍛錬ということも相乗効果になってる。

私がクロマチック・ハーモニカをたくさん練習したのは、20代で、30から40代は練習こそすれど他の楽器があったりでそれほど練習をしてなかった。

で、そのクロマチックをたくさん練習していた20代は20代で、あまり考えずにただがむしゃらにスケールとかオムニブックをやっていたがそれはそれで、出来ていたんだなぁと最近思うようになった。

考えてやった体の動きだけど、昔はなんにも考えない出来ていたのかも?って感じ。

ちょっとなに言ってるのかわからなくなってきたが、まだ何年もある50代は、とにかく速く吹く練習をしておきたい。
1



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ