2018/6/5

ハーモニカバンプ   - study

クロマチックハーモニカソロで、イマジンを吹きました。
https://www.youtube.com/watch?v=WzSvUF4A0BQ

この曲はCM7 FM7のコードが印象的ですが、そこはミソとファラの和音で表現。
オリジナルのテンポだと間延びしちゃうので、ちょいとリズミカルにやってます。

テンホールズハーモニカでバンプは有名ですが、それのクロマチック版というかハーモニカ版ですね。

吹きのミソと吸いのファラをハーモニカバンプと名付けました。もうやってる人いるだろうね。。。どうなんだろか?

この曲では、ファラのときにわざとかる〜く吹きのドミを混ぜてもカッコいいです。リズミカルになるし、メジャーセブンとナインスのテンションコードなので響きもOK。

考えてみたら先日、八木のぶおさんのライブに行って飛び入りさせてもらった曲が、FM7とBbM7の繰り返しだったので同じ進行でした。

使えるスケールは、
・CでアイオニアンとFでリディアンが基本。
・Cのペンタトニック
・Cのペンタトニックでレとかラで装飾音符的にレバーオンして、ブルーノートスケールに突入
・普通のCのブルーノートスケール
・CでGm7C7でFへという流れや、FでFm7Bb7(サブドミナントマイナー)想定とか行けるか?

ハーモニカで簡単に伴奏できて練習になるコード進行だなぁと思います。
お試しあれ!


ミニハーモニカバージョンです。
https://www.youtube.com/watch?v=3fG-zs5HO-8
0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ