2005/3/7

練習フレーズ(2)   - study

ハワードレビーを聴いたあとで考えた練習フレーズ。
よっつの穴で行ったり来たり、、、
1)ノリは3連符、2)ひたすら吸う、3)ハーモニカを動かす。4)何回も繰り返す
1番穴から、レファラシラファレファラシラファレファラシラファ・・・・
2番穴から、ファラシレシラファラシレシラファラシレシラファラ・・・・
3番穴から、ラシレファレシラシレファレシラシレファレシラシ・・・
以下同様だんだん上がっていく、、、逆に下の穴へ動くパターンもいいかも。

ポイントは、グリッサンド風ではなくきっちりいっこづつ吹く、音をきっちり分離させて3連符で吹くこと、最初はゆっくりがいいかもで最後も分離できなくなるほど速くしない。

これで訓練できるのは、
1)呼吸法
きっちりと安定して吸わないと音が出ない。
2)アンブシャ(口の形)
しっかりしてないと音の粒がそろわない。
3)手首の回転運動
ハーモニカを動かす手首の回転運動の習得になる。
(ある音域では上手くいっても高い方でだめだったり、この場合はハーモニカの持ち方に偏りがあるのでそれを修正。)

この辺が総合的に鍛えられそう、、、、

で、これもゆくゆくはアドリブのなかで使えるフレーズではないかと、なぜ吸音、3連かというと、
1)ジャズは3連ノリが重要。
2)吹音だとダブり「ド」があるのであんまりフレーズにならない。

ただ滑らせただけだとハッタリに聴こえるが、きっちり粒をそろえて3連符で決めるとフレーズになるはず。使い方はひとかたまりの場合と何回か繰り返す場合と。。ただ、まだ使ったことないので頭の中での予想です。
しかしハワードレビーってなんであんなフレーズかふけるんだろうか、、、かっこいいなぁ。

ちなみにトゥーツは、みっつの穴で行ったり来たりの
ラシレシラシレシラシレシラシレシラシレシラシレシ
ってフレーズを使ってます。これも練習してみましょう。
0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ