2004/9/30

MOND  -gigs

ドは濁らずモントと読むらしい。フランス語?
お店はそんなに広くはないけど、ジャズをやるにはいい大きさで通りに面していてガラス張りでなかがみえる。中の様子を見て入れるので入りやすいのでは?でも、漏れる音を聞きながら見るだけ見てて中に入らないへんな人もたまにいる。
場所は谷塚って一般的にはいまいちマイナーな所にあって、東武伊勢崎線で東京から埼玉に入って最初の駅。駅からそんな遠くし交通の便は悪くないはず。ただ認知度が、、、僕の家からは車だと10分かからない。自転車だと20-30分。
今年オープンしたらしい、マスターの服部さんは僕と同い年で高校が一緒だった。むこうはロック系音楽サークルで僕は吹奏楽部で微妙に接点があるようでないようで、顔と名前だけ何となく覚えていて、初めて店に行った日にこちらから「何年生まれですか?」で一緒で、では「高校は?」ってな会話で発覚した。
ライブはほぼ毎日入っていて、ジャンルはジャズが多いが、ブルースとかいろいろありみたい。木曜日はジャズのジャムセッション。

で、本日は一週間くらい前に急にベースが都合悪くなったのかベースのトラで呼ばれた。自転車でスタッドBを持っていた。お客様がすくなくて必然ハウスバンドのトリオ(柳pさん、大江dsさんと僕b)の演奏が多く、ピアノトリオだとはったりベーシストにはちと辛かった。。。ソロも特に早い曲なんかベースじゃとれないのでハーモニカって感じ、、、お二人とも若くて将来性がある感じでとても刺激になりました。
ボーカルで来ていただいた方は、どっかで会ったなぁと思いつつもどこだったか思い出せずに何曲か経過してある曲の譜面で思い出した。またこうなるところだった。

MONDにはいまのところ月一回しのださんバンドで出演になってます。よろしくお願いします。
http://www.livebarmond.com/
0

2004/9/27

続:手首   - study

手首が大切だと書いてから、意識して練習してるのだが、ずいぶんと音が当たりやすくなった気がする。
実は、このこと気がつくヒント(というかそのまま?)徳永延生さんのコーヒーブレイクに書いてあったのでした。ここに来てるクロマチック吹きの人はチェックしてると思うが徳永さんのHPは要チェックです。
穴移動の時の手首は回転運動というか軽くひねる感じというか、そんな感じで動いている。で、この手首も微妙な動きをしているわけで、日々の練習のはじめは上手く動かなかったりする。ギターの指ほどは必要ないだろうが手首に関してもウォーミングアップってものが必要なのかもと感じている。
今まではただ持っていてハーモニカが落ちなきゃいいじゃんって感じ?で、そんな繊細なことやってるなんて意識してなかった。意識しないでもある程度出来るわけだが意識して鍛えると違うなぁと思っております。
そんなことを意識しつつ、パガニーニの常動曲とかバッハの無伴奏フルートもんとかクラシック物に、音楽的表現はさておき単にぷかぷか吹いてるだけだけど取り組んでる。
30代最後の悪あがきでテクニカルなメカニカルな練習をしてみようかなと、、、
0

2004/9/27

ダブル  -gigs

昼ダンモでジャムセッションベース、夜、JanomeでHUG安石よし美vo、寺屋ナオgでハーモニカ。
最近ウッドを練習してるので、ウッド持っていきたいところだが体力温存のためエレアコベース、案の定ベースの人は来なくてとても疲れた。体力的なこともそうだが、大きな音での音疲れとずーっとコード進行とかベースランニングとか考えてるから頭が疲れるのだ。で、とっととJanomeに向かいハーモニカ、今のハーモニカは鳴りが軽いので結果タンギングが強くなってる。ジャズにとっては悪いことではないのだが、原因がよくないかも。セッションでJanomeのウッドを2曲弾いたこの前の時よりセッティングがきつくなっていた。やっぱ地下だと湿気とか環境がよろしくないのだろうか?
最近ダブルヘッダーが多く、というか昼ダンモの日に夜の演奏が入るせいなのだが来月も再来月もダブルヘッダーでもう一本10月にある。まぁ効率的といえば効率的か。
0

2004/9/26

Studyに関して   - study

Toots and HarmonicaHarmonica Studyの拡張版で、そちらは4,5年前に書いたので、こっちは今、僕が思ってることで適当に断片的にアップしていきます。(その課程で本編の手直しが出来るといいかな。)
あくまで僕の経験上の正しいと思ったことを書いてます。
間違いや勘違いというのもあるし、たとえば1年後僕の考えが変わってる場合もあるかもしれません。その点をご了承下さい。

こと奏法に関しては10人いれば10通り言うことが違う場合があります。
わかりやすくするため極端な例ですが、唇に関してある人は「ゆるめなさい!」いいある人は「きつくしっかり」という表現をするかもしれない。
でも、その先にある音を正しく出すため柔軟で的確なアンブシャ(口の形)をつくるという目的を読みとれば、まるっきり反対のことを言っていてもどちらも正しいということがあります。

単に表面的な文面にとらわれずに、自分が今なにが足りないかなにが出来ないのかなにを出来るようになりたいのかを常に考えながらやってると答えが見つかっていくような気がします。
まぁ、言うまでもないですが自己責任ってやつです。(ん?ちがう?)
なのでもし読んでるみなさんがうまくいかなくても、僕は免責です。よろしくお願いします。
0

2004/9/24

カーティスクリークバンド  - CD

とあるオークションで、八木のぶおhcaさんの参加してるカーティスクリークバンドのCDが3枚出品され、3枚とも1万円弱の値段がついた。とても人気があるようだ。僕はたまたま90年代始め頃再発されたときに、どーんと3枚まとめて購入したのだ。うしし。
リアルタイムでこのバンドを聴いてはいないので想像なのだが、ちょうどフュージョン創世記で、推測だが当時はカシオペアやスクエアより人気があったというかマニア受けというか?、、、(でも、スタジオミュージシャンの寄せ集めなのでバンドとしては続かなかったのだろうか、、、)
サウンドは、八木のぶおさんのハーモニカとサックスのユニゾンがこのバンド特徴のひとつだと思う。八木さんの演奏は、テンホールズに関してはリーオスカーの流れを汲んだようなプレイで、加えてクロマチック・ハーモニカも演奏している。最近はいろいろプレイヤーが出てきたが80年代90年代とレコード・CDやテレビ等から流れるポップス系の大部分のクロマチックが八木さんであった。(と思う)みなさん知ってるものだと「北の国から」のハーモニカ。
(ん?八木さんってリーダーだったのか?)

カーティスクリークバンドに関して僕の持ってる本から引用します。
1980年 Curtis Creek Bandを結成。
    翌年より、4枚のアルバムを発表1984年まで、全国的にコンサート活動を実施。
1981年 「Spirits」(ワーナーパイオニア)発表。
    8月、「Drifting」発表。
1982年 「Love Songs」発表
1984年 「City Morning」(キャニオンレコード)発表。
「テンホールズ ハーモニカ教本」八木のぶお著(全音楽譜出版)より

「カーティス・クリークというのは釣り関係の用語で釣り好きのスタジオミュージシャンが
集まって作ったバンドようですが、八木さんは釣りをなさらないようです。」
HarmonicaREVEIEW No22の記事「フィッシャーマンズハープ」続木力に記載あり

http://www.harashobo.co.jp/yorozu/tranquille/index100.html
ここに伝説のバンドとの記述があった。へ?再結成的なライブがあったのか、全然しらなんだ。
文中にある「Rope Ladder To The Moon(月へのなわばしご)」では、複音ハーモニカをつかってる、めずらしや〜。その後テンホールズも出てくるけども。
さらに検索したら。
http://www.mandala.gr.jp/aoyama/0410.html
思いっきり復活してるやん。(^^;;;(うっ10/27は既に予定が、入ってる、、、)

僕がFIHのコンテストで「In a Sentimental Mood」を選曲したのは、
八木のぶおさんがライブで演奏しているのを聴いたからなのでした。

そのオークションだと最近トゥーツ参加の石黒ケイさんのCDが1万円以上の値が付いた。これは持っていないのでと〜っても欲しいのだが、出せるのはせいぜい5千円位だよなぁ。
オークション等で値がつくを、また再発してくれないかなぁ。そこそこ商売になると思うのだが、、、あと「City Morning」(キャニオンレコード)ってのは再発されてないし、、、お願いします。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2004/9/23

Janomeライブ  -gigs

石本望vo&しのりんず。
石本さんはなんか賞を取ったらしい。Janomeで3回目。
弦を張り替えたウッドを持っていった。実戦初出動だったが、よく鳴っていた、前よりよく鳴っていたという声も、うひょ、、、ん?十万するものが粗大ゴミにならずに済んだ。2ステージ弾いたらさすがに指は痛くなったが、ウッドでいけると日曜から練習再開だったので、当たり前といえば当たり前、ピッチが悪くても当たり前(ん?)。。。
今日やってみて思ったがハーモニカの持ち替えは、ウッドの方が楽器が安定していて、エレアコよりもやりやすい。
いまはスタッドBの方がきついセッティングになってるのでそれを利用してこれから少し夜練をしよう。。。かな
クリックすると元のサイズで表示します
(僕のウッドを弾くあるこさん)
0

2004/9/22

ロングト〜ン   - study

よい音をだすべく体の使い方を整える練習で、ただ長い音を吹きゃ〜いいってもんじゃありません。僕は次のことをチェックしてます。
(1)お腹に力(腹式呼吸)
(2)喉を開ける
(3)肩の力を抜く(関連してハーモニカを軽く持つ)
(4)唇の形をしっかり保つ。
ってことを、、、こういうものはゆっくり音をのばした方がチェックしやすいのでロングトーンでやります。なので、時間がないときはそれらをチェックしつつスケール、アルペジオ練習などというのもありかと思います。大切なのは、普段の演奏中でも(1)〜(4)は常にちゃんとしてて音を出さないとだめってことかもしれない。

ハーモニカの場合(他の吹奏楽器そうでしょうが、)低音部では息の量、高音部では息のスピードが必要となります。
最近、あみ出して練習してるのがそれを逆手にとって音を良くする方法。
高音を練習して息のスピードを付けてから低音を吹くとしまった音色が作れて、
低音を練習して息の量をたっぷりとってから高音だと豊かな響きになります。
自分の音を良く聞いて、頭の中の自分の出したい音のイメージに近づけることが重要です。

このあと(1)〜(4)の僕が勝手に思ってるハーモニカ特有の注意点をわけて書くつもりはある。
(ん?本編のHarmonica Studyでも同じようなこと書いてあるなぁ。まあいいか現在の文章ってことで、、、)
0

2004/9/20

崎元譲と仲間たちによるコンサート  Harmonica

行ってきました。いつも日曜で予定が合わなくて、3,4年ぶりかな?
ホントは、崎元教室の発表会的な内容なのだがあえてコンサートと称して、ある意味甘えを許さない姿勢というか、音楽的にというかそんな感じのタイトルにしているらしい。
今年から2日形式、本日は例年の後半の上級者の部で、ドイツ音楽特集だった、聴きながら思い出したのだが10数年前、初めて同コンサートに行ったときにも、ドイツ特集で同じようにバッハの無伴奏パルティータを聞いた。その時の記憶はうろ覚えなのだが、今回も出ていた中里さんや今回はもう出ていなかったが小林史真さんなどがパルティータを吹いてた。当時の僕は、ニコレのフルートでは聴いていたがハーモニカで聴くのは初めてで、ハーモニカでこの曲をやるのかぁと正直びっくりしたものだ。
バッハの無伴奏の曲に関しては正直言って、人にもよるが破綻してる部分が見られて、とりあえず音を間違えないでその先に表現があるのだろうと思わざるを得なかった。
(何人かいて実力もまちまちで、なかには素晴らしい演奏もありました。)
でも、僕も同じ楽器やってるかららなぁ、、、たとえばパルティータもたまに吹いて難しさわかってるので、、、っていう部分がある。
何曲か歌の参加があったが、たとえば今回のプログラムなら無伴奏フルートの演奏とかを入れるとおもしろいかも、ハーモニカの欠点や逆に長所が浮き彫りにされる。
いずれにしろコンテスト優勝者を出してる日本最高峰の教室のコンサートなのでクロマチック吹きなら聴く価値があると思う。毎年やってます。久々にクラシック聴いて心地よかったし、いろいろ勉強になりました。
何曲か参加した崎元さんの音は圧巻でした。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2004/9/19

ワンテイク  Toots

おそらく、Nature Vision Soul Bossa Trioのレコーディングのエピソード記事発見。
http://diarynote.jp/d/32970/20030328.html
そっか、ワンテイクか、なるほど。
0

2004/9/19

ウッド復活!?  diary

先日買ったウッドベースの弦を張り替えた。スピロコアのソフト弦(weich)で糸巻きの方が紫色になっていた。以前のは赤だった。こっちはなんなんだろうか?
張り替え方はエレキギターと基本的に変わりないのだが、何しろでかい。。。糸巻きもエレベ用の早く巻ける補助器具が使えないで大変だった。
張り替えてみて、音量はいままでよりでなくなったが、G弦が異常に鳴りがよかったのだが、それがなくなりどの弦もバランスがよく鳴るようになったと思う。それよりなにより弾きやすくなった。張り替えてよかった。これなら普段の練習がそこそこでも実践で使えそうだ。というかいままで練習レベルで指が痛くてめげていた、、、
僕のウッド、楽器がいいかどうかはよくわからないが、日本のこの季節の温度・湿度が変わる中で弦高があんまり変わらない、、、つまり木は凄く安定してるのだと思う。
ウッドベースのネックを左腕で抱え込んで支えてハーモニカ吹く練習するかな。
0

2004/9/18

Tootsの  Toots

写真みっけ!
http://goldenlady.blog.ocn.ne.jp/goldenlady/2004/09/toots_thieleman.html
わーい、それだけで嬉しい。

僕のほうの記事の内容はありません。すいません。
こういうのはただリンクだけすればいいのか?。。。ただリンクだと無断リンクになるからなぁ。まぁいいか。
0

2004/9/18

William Galisonの記事  Harmonica

みっけた。
http://blog.livedoor.jp/mihoyokota/archives/5226227.html
早速覚えたてのトラックバック。。。うまくいくか?しらない人だ、どきどき、、
ギャリソンの記事が出てます。よい文章で良くまとまってます。
セサミのハーモニカが彼だと書いてあります。もちろん昔(90年代以前?)オリジナルの番組テーマあとの導入部分のクロマチックはトゥーツなのですが、90年代後半位かな?ブルースハープでのテイクがありました。ブルースハープっぽくなくて、クロマチック奏者臭い演奏だったですが、なるほどギャリソンだったのか。

たぶん今でも手にはいるかな?スマップのインストアルバムでもギャリソン2曲聴けますよ。
コメントにあるトゥーツとグラッペリのJust The Two Of Usが収録されてるのはこちら。名盤です。

トラックバック、こんな使い方でいいのだろうか?
0

2004/9/18

ブログ完成!。。かな  diary

7月の下旬から使い始めてちょこちょこちょこちょこいじってた当teacupブログだが、だいだい思うような形にまとまってきた。最近あちゃこちゃに個人でホームページ持つもんだから、それでたいてい掲示板と日記があり2つチェックしてさらにときたまスケジュールチェックもしなきゃいけないのでたいへん。(たいへんなら別に無理してチェックしなくてもいいんだけど、、)
で、このページは1ページ開ければ済むわけで、これから開設する個人のHPもブログ形式が増えていくと思う。もちろんブログは個人ページを意図して出来たわけではないし、ブログだとデザインも画一化されるので魅せるHPを作りたい人には向かないわけではあるが、手軽に情報を満載できる形式だ。
携帯から見た場合は、一番下のリンク集をクリックすると携帯対応のコンテンツに行けるようにしてある
0

2004/9/17

転調   - study

昔からの練習メニューのひとつにCharlie Parker Omnibooksを吹くってのがあるんだけども、良くまとまってるアドリブで有名なのを20曲位セレクトして複写してありそれを譜面見ながら吹いてた。その過程でかなり暗譜したものもあるけど譜面は見てる。
一時期ウッドベースでもやっていて、ウッドの時は指動かなくて超大変な思いをしていたが、ハーモニカに戻ったときになんてすらすら吹けて(*注:ウッド比)ハーモニカって簡単な楽器なんだろう!?(*注:ウッド比)と思ったものだ。
で、最近やってる練習法として、吹いててこりゃいいとかよくまとまとまってるとか他でも使えるって思う2〜4小節単位のフレーズを、転調して12のキーひと巡りしてみる。頭が疲れて結構大変。度数のこととか考えながら頭のなかで転調して吹くのだ。で、苦労して元のキーに戻ったときには、オリジナルキーはすらすら吹けるし頭にも入る!ってのをやってます。
たま〜にできるのだが、度数のこととか意識から抜けて歌うように吹いて音が正確に当たると気持ちいい。
0

2004/9/16

On The Moon/Peter Cincotti / William Galison(hca)参加  - CD

On The Moon / Peter Cincotti にウイリアムギャリソン(hca)が参加してるとjazzLifeに出てた。
ピーターさんで検索したら「ひらいけん」に楽曲を提供しているようですね。
ギャリソンは何曲参加してるのだろうか?最近CD買いすぎてるので僕は様子見です。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ