2004/11/30

時間がないときの練習フレーズ   - study

時間がないけど、ちょっと(数分?)音が出せるぞって時はこんな音型を練習してます。
3連音符で半音パターン
ドド#レレ#レド#ド

ドド#レレ#レド#ド#レレ#レド#ド#レレ#レド#ド#レレ#レド・・・・・
ってひたすら繰り返します。

で飽きたら半音ずつ下がる(あるいはあがる)で12キー。
吹き吸い穴移動のバランスを考慮してファやドはどちらを使うか決めておきます。

ロングトーンでの注意事項を意識しつつ、お腹の使い方やレバー操作および音によっては穴の移動をなど総合的にウォームアップ、鍛錬できるような気がします。ここを鍛えてるぞって意識も必要です。
時間がないときはこれだけやったり、時間のある時でも必要に応じてこの音型を練習してます。

で、このフレーズはCメジャーだと、ミからとシから始める同音型がCメジャースケールの音に合ってジャズのアドリブで使えます。定番フレーズの一つです。その場合は1サイクルだけ演奏します。これはアドリブ中、誰かがやると呼応して真似するフレーズでもあります。
0

2004/11/30

Anthony Molinaro/Howard Levy-Live  - CD

じつは、Jeff Berlin: Lumpy Jazzが海外通販初挑戦。。。
決済方法がカードだと簡単なのですね。あと国のプルダウンリストにJapanがあって、郵便番号書いて住所をローマ字で書いておけば、、、(ホントは番地を先に書くの?)
で、味をしめた私は前々から欲しかったこの、Anthony Molinaro/Howard Levy-Liveを注文。ハワード・レビーは、テンホールズハーモニカでクロマチック・スケールが自由自在の超絶変態系技巧のハーモニカ吹き。
内容は変態系が行き過ぎて、すっとはなじめない感じだが、テクニックがむちゃくちゃすごいなぁ。。。気が向いたときにじっくり聴こう。
この人発想がブルースだけじゃないんだよね。。。ブルースの人達がオーバーブローとかのテクニックを身に付けても、フレーズが追いついていかないからここまで行かない気がする。だから後続のプレーヤーが全然出てこない。(知らないだけかもしれないけど)(フレーズだけの問題じゃないけど。)
あと彼のプレイに関してはハーモニカのリードが自由自在に操られてるなぁって印象を持ってます。ピッチなんかも自由であたかもバイオリンみたいな感じでコントロールしてるなぁってイメージがあるのですよ。
ここから買いに行けます。
http://www.levyland.com/
クリックすると元のサイズで表示します
0

2004/11/30

Jeff Berlin / Lumpy Jazz  Toots

Jeff Berlin / Lumpy Jazz ってのにトゥーツが一曲参加してる。
ジャズライフのベース特集の記事に中に紹介されていた。
ちらっと聴いただけだが、ベースの隙間にちょっこっと入ってる感じ、
最近のトゥーツの参加録音に関してだが、もっとちゃんとフィーチャーしてよ!
って録音が最近多いような気がする。気のせいかなぁ?
ネット販売のみようで、こちらで注文できます。
https://www.jeffberlinmusic.com/
クリックすると元のサイズで表示します
0

2004/11/30

練習  diary

最近ハーモニカもベースもバランスよく練習してる。(絶対量はともかく)
20代は2,3時間平気で練習できたけど、30代はその前に疲れちゃって20代の遺産を取り崩すというか勢いで適当にやってる感じ?だった。(ダメじゃん)
でもこれから来る40代はそうも言ってられないなぁって感じがしてます。
体がね、、だんだん堅くなったり、言うこと利かなかったりするんじゃないかなぁ?なのでとにかく体を動かそうって感じでウッドベースもちゃんとやろうかなぁと、計画中。ベースって役割的にも自分に合ってるとも思うし。。。
0

2004/11/30

入院  diary

歯の治療中なのだ。歯医者さん恐いもんでだいぶ放置していたので結構時間がかかってる。
で、その課程で嚢胞(腫瘍?)があるのが見つかって検査した。結果は良性とのことで一、二年位はほおっておいても大丈夫らしいが、小さくなることはないらしいの手術してとった方がいいらしい。そんなもんは、とっととかたづけたいので、来年早々1月に入院だぁ。一週間位入院が必要で、そのあとしびれも残るかもってことなのでハーモニカはひょっとしたら吹きづらくなるかもしれない。そうなっちゃったらベースのスキルアップをはかるかな。
30才の時に自然気胸で2週間入院した以来だ。今は当時と違ってHDウォークマンもあって自分のCDを全部持っていくのと一緒だし、ノートパソコンでインターネット(PHSを部屋で使ってもいいのかな?)も出来るしDVDも見られるし、暇つぶしには事欠かない、、、わくわくするなぁ。。。ん?
んなわけで、ライブやセッション等キャンセルしたりご迷惑をかけるかもしれませんがよろしくお願いします。
0

2004/11/28

Danmo〜No Name  -gigs

ダブルヘッダー、ウッドベースとハーモニカを持って行った。
昼はDanmoのセッション、エレベの人が来てくれたので体力温存した。ハーモニカも何曲か吹いた。
夜はノーネーム、最近買いそろえた小物類を要塞のようにフルセッティング。
譜面台とマイクスタンドと椅子と楽器はウッドとハーモニカでアンプはビンゴ。
ウッドはソロになると辛いけど生音でも行けた。ビンゴじゃなくてマイクロキューブでも良かったわけだ。
ウッドは座って弾くと体力的にも楽だし音もよく聞こえるので弾きやすい。
歌伴のバラードで一拍目をボンと弾いてそのあとハーモニカで吹くという新しい技を開発した。
これで11月のライブも終了。今年もあと一ヶ月だ。
0

2004/11/26

続:マイクの重さ   - study

マイク持ちながらの練習を始めて一ヶ月、最初はとまどったがだいぶ慣れてきた。
あまりまとまってないけど、僕の思ってる注意点を箇条書きにしてみる。

●左手は人差し指と親指でハーモニカを挟み、マイクは中指〜小指で包む。
 その際マイクを強く握らない。(強く握ると自ずと肩に力が入り悪影響)
 
●マイクの重みで忘れてしまうが、ハーモニカを動かすこと、手首を回すこと。
 (最初上手く音が当たらない速く吹けない状態だった。)

●慣れないと重くて動かないが、慣れれば大丈夫。。。(だと思う。)
相対的には重くなり最初は速いフレーズが吹けなくなるが、前の状態と比較するからいけないのであってそれを忘れて絶対的な感覚で、つまりマイクを持つ程度の重さはちょっとした訓練、コツの習得で克服できるってことかな?って感じ

●マイクをもつと左手を基点とした穴のヒットポイントがずれる。
今までは、左手の基点が動かなかったが、それが動く可能性があるのでその修正と左手の基点の再構築。持ち方から来るのだが左手親指が重要かなぁ?って漠然と思ってる状態。

●距離の調節の持ち方、縦方向、横方向
 音域によりマイクを横方向に移動出来るようにする。(トゥーツがよくやってる)
 場当たり的な対処だがマイクを離して音量も調整できるようにする。
 (セッションとかで音量がすぐに調整できないときに有効)

でもマイクの重みからまだちょっと肩に力が入ってしまうかなって感じはまだある。
あと、ある程度マイク持っての練習が出来たらマイクスタンドを使っての演奏を想定して、マイク持たない練習もそれなりにいるかと、、、、、いきなりマイクを持たないと軽くてハーモニカが動きすぎるのでその制御の練習が逆にいるかなぁと思ってる。
0

2004/11/23

リハ  -gigs

ボーカルの神谷さん、ギターの田島さんのユニット(かな?)に呼んでいただくことになり、そのリハをした。
この組み合わせだと、私はいったい何をすればいいの?って感じになるベースなのハーモニカなの?
結局、適当に織り交ぜつつ、ベースは弾く普通に弾いてソロはハーモニカって感じか、、、
店はそんな広くないので、ベースは生でハーモニカはマイクロキューブって組み合わせ。
ギターの田島さんは、チックコリアのスペインやらそちら方面が得意なので、いい機会なのでハーモニカで練習してみよう。
家に帰って、スペインのハーモニカでの音源があったので、練習材料に使おうと思ったら、オリジナルのBmじゃなくCmでやってた。。。使えねぇ。
本番は12月25日、立石のレノロココって所です。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2004/11/14

Mondで  -gigs

ライブ。Shino(vo)ちゃんとしのりんず。
前回からウッドを持っていってる。音の響きがよくわからん。アンプの前だと聞こえるのだろうが、立ち位置のスペースがアンプから離れたとこにあるのだ。
最近ライブを見ててベースの人がMCとかルバートとかのちょこっとの隙間に座って休んでいるのを見かけて取り入れてギターアンプに座ったりしてみた。何しろウッドは体力勝負的なことがあるので、上手くペース配分をしないといけない。休憩時間はボーッっとして頭を休めたい感じになる。
なんとトロンボーンの人が3人も来た。
0

2004/11/12

JamSession@Janome  -gigs

先月休んだので、2ヶ月ぶり。
最近ウッドも練習してるので、ひとりでも弾ききるぞって覚悟してたら、ベーシスト登場、ありがたや。
ウッドは座って弾くと自分の音がよく聞こえて弾きやすい。ボディーとの角度とか顔が近づいてきこえやすくなるのだろうか?でも、左手の感覚がいつもと違くなるのだが、まぁもともとそんなにフォームが固まってないので適当かもしれない。体力的にも楽なので、研究してみよう。
ハーモニカは歌伴で一曲だけ吹いた。
0

2004/11/3

老人 and ハープ  Harmonica

「Natalie Cole 『Love Letters』とToots Thielemansという老人」 http://hokazono.exblog.jp/1131248/って記事発見。
もちろん好意的な記事で、コメントもたくさんでもりあがっているのだが、ちょっとひっかかる箇所が、
・・・たしかにTootsはおじいちゃんだが、老人といわれるとなぁ。現役なのだし。。。
あと、わからないのがハープって言い方に妙にこだわっている。なぜ?クロマティックハープっていったいなんじゃい???そのインタビュー訳したひとの誤訳というか気を利かせてハーモニカって表現をしなかったのだろうが、トゥーツ自身はハーモニカと呼んでいる。
僕もライブやっていて他の人が僕を紹介するときハープの方がかっこいいと思ってるのか、ハープって言う人が多いのだ。でも、ハーモニカの方が正解!ハープって呼ばれるのは嫌いである。本物のハープに失礼でもある。ブルースハープならまだしも、クロマティックハープなんて竪琴と間違えちまうよ。

---とおもって、ググったらクロマチックハープって言ってるところ結構あるんですね。ありゃりゃ。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ