2005/3/31

HarmonicaOnly  Harmonica

ハーモニカ専門店ハーモニカオンリーってみっけ。楽天へリンク貼ってあるのだが、なんかおもしろい。解説等も丁寧。でも、つい買っちゃいそうで危険。。。(無駄遣いはいけません)
書き込んでくれた方のページから発見。
0

2005/3/26

一大決心  diary

先日、思い切ってポジションマークを消してみました。(12フレットだけは残してあります。)
自転車の補助輪を外した気分です。その課程で左手ポジションってのは第一ポジション(2フレットに人差し指)が基本なんだな(第一っていうくらいだからたぶん)と気が付きました。エレベあがりでその前はギターだったものでどうもハーフポジション(1フレットに人差し指)が基本だぁってイメージが刷り込まれていたのですがそうするとAbやDbでポジションシフトしないといけないので不安定になる。逆に第一ポジションからハーフのBbやFにとかにチェンジするのは比較的簡単。再構築だ。今までもローポジションの時は第一とハーフで行ったり来たりだったので、やることにそう大きな違いはないのですが意識のなかでホームポジションが違うとやっぱり違うのだろうなと思う。
最近練習で修正してるが、今日ダンモのセッションで実践中にも直そうと思ったが、実践だとどうも癖が出てしまう。こうゆうのは練習で直さないとだめだな。
0

2005/3/25

Swing Girls  diary

今更ながら昨年公開されたスウィングガールズをDVDで見た。高校のブラバン時代を思い出す。マウスピースだけの練習とか、自分の楽器をほしい〜ってとこやら、そういうサックスを始めた頃の初々しい気持ちがよみがえる。A列車とシングシングシングはブラバンでやった、そのときと同じオブリガートが出てくるとこれまた懐かしい〜、始終うるうるしながらみた。ストーリーはあったようないような。しかしこれホントに演奏部分は吹き替えなしなの?とくにソロなんか上手い人がわざと下手に吹いたみたいな感じで音がしっかりしてる。すごいなぁ。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2005/3/23

Harmonica Dreams / Randy Singer  - CD

ランディさん本人からメールにてトゥーツのCDについて問い合わせがあって、返答したりしてやりとりして、君はハーモニカを吹くのか?とか僕の演奏のMP3も聴いてくれてプロフェッショナルか?とか今度日本に行きたい。だのあったが、何しろ僕の英語力では複雑な会話は出来ない。もう終わったかな???
それはそうと、たまにこっちが英語力ないとみると全部大文字で送ってくる人がいるんだけど小文字がわからないと思っているのだろうか?文字の問題じゃないぞ〜
彼のサイトにあるトゥーツとの共演ものは見たことがあったのだが、ただ舞い上がって吹きまくってるだけ?、、、で好印象ではなかったが、いい機会なのでCDを買ってみました。その前提条件があったためか、なかなかよかったです、フュージョンタッチでカルテットでせーので録音のジャズよりちゃんとお金がかかっていて、丁寧に歌うハーモニカもよい。そんな込み入ったフレーズは吹いてないけど、こうゆう音楽にはそれでいいのだろう。テンホールズも吹いてました。
Harmonica Dreams / Randy Singer
クリックすると元のサイズで表示します
0

2005/3/22

Another Day / Luigi Ferrara  - CD

Luigi Ferrara さんはイタリアのクロマチック吹きでどの程度のものかわからないがトゥーツにも師事したと解説にあるらしい。
丁寧な吹き方で音色も澄んでいて、そのへんはCDを出すクロマチック吹きのレベルに達してるとは思うが、早い曲になると音の取りこぼしがみられて、ちょっとまずいんじゃな〜い。ミストーンじゃなくて、早さについていけなくてちゃんと音が出てない感じが、ちらほら。聴いてるこっちが心配してしまう。
奏法を見直さないといけませんね。(余計なお世話?)
デジタルオーディオプレヤー(この用語で定着か?)に落とすときにデーターベースになかったのでマイナー盤なんでしょうね。
Another Day / Luigi Ferrara
クリックすると元のサイズで表示します
0

2005/3/21

ライブ2day  -gigs

日曜モント、月曜Janomeでライブ。どちらともビンゴを持っていってウッドもハーモニカもそこから出力。結局このセッティングだといつでもどこでも同じ音が出せるからベストかも。ハコによってはウッドは生で、、、しばらくこれに固定してみようか。
マイクは噂の?ファイアーボール。セッションでちょっと使って低音がちょっと出過ぎかなぁ思ったけど、慣れていないPAでの音出しだったので、今回は慣れたビンゴで使ってみたらそれほどでもなかった。音自体は、やはりSM58の方がいいとは思うが、小さくて持ちやすくて扱いやすいのはもちろんだが音を拾うポイントも広くて使いやすい。(実際はあまり違わないが軽いからそう思うのかも)しばらくライブでも使ってみよう。
携帯マイクとして持ち歩ける大きさなのでカバンにハーモニカとセットでいつでも入れておこう。

そういえば、JanomeにSM58とマイクケーブル2本を11日から置きっぱなしで気が付かないでいたのだが、当たり前のようにセッティングされてすっかりメインマイクみたいな顔をしてた。やばやば。とっとと回収。ファイアーボールなら忘れてもこの心配はないな。
でも、このSM58のマイクとシールドのセットはいつもとっさの時ように車に積んでいたのだがファイアーボールの出現によりいらなくなったのかもしれない。。。。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2005/3/16

FIREBALLきた〜  Harmonica

FIREBALL(AUDIX)が、ようやく届きました。
こうして並べて比べてみるとよくわかった。ようするにSM58の胴体部分がない感じなのね。でも、ウインドスクリーン部は一回り大きめでそこにいろいろつまってるのか。。。メカはようわからんけども、、、
説明書の絵をみると、ワイヤレスシステムを併用したり、ハーモニカ以外の楽器やボーカルなんかにもどうぞみたいに書いてある。
日曜月曜とライブなので使うぞ〜、、、待ちきれなくてそのまえにセッションでデビューするか、、、
クリックすると元のサイズで表示します
0

2005/3/12

Cappuccino / Howard Levy and Fox Fehling  - CD

ハワードレビーのオフィシャルサイトに彼が参加してる新譜がみっつも紹介されている。
そのうちのひとつ、これはバイオリンの人とのクラシックがメインでそこではなんと彼はピアノを弾いている!
もちろんピアノを弾くことは知っていたし、管楽器プレヤーが遊びで弾くのと違って上手いなぁとは思っていたが、クラシックの伴奏もできちゃうほどだったのだ。すごいなぁ。ホント多才な人だ。

最近彼のハーモニカにはまっているというか、ああいう風なフレーズを吹きたいなぁと聞き込み中だ。トゥーツももちろんひとつの目標だがゴリゴリのジャズって観点では素晴らしくて、それができるテクニックがあると思う。(テンホールズで普通は半音階が出せないっていうのに、、、)。。ちょいとリーダーアルバムを出してるようなクロマチックプレヤーはかなわない部分がある。
でも、多才さゆえかスタンダード・ジャズを当たり前にやるのはあまり興味ないんでしょうね、、、いま手にはいるのはちょっと変わった音楽の音源ばかりだ。
あっと、いまさらテンホールーズで取り組むつもりはないです、クロマチックで取り入れられないかなぁと。。。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2005/3/12

エチュード   - study

退院後のリハビリ及びベース始めてからの、積年の練習不足をそろそろ解消すべく、テクニックの練習に取り組んでる。
スケール、アルペジオ、フレーズやら例えばコンビネーションオブディミニッシュなんかをきちんとやって、、、
で、フルートやってたときに買った、クラシックのエチュードやらバッハのソナタやらを引っ張り出してみて。
もちろん昔もちゃんと吹けてはいないが、もうちょっと吹けたよなぁ。。。練習しよう。
読譜能力というか音符を見て、ハーモニカの穴をあてるってのが最近全然やってなかったのでやばやば。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2005/3/11

開放弦様  diary

たまにはベースネタも、、、
フレットがないウッドベースでどうやって音程をとるかというと2つポイントがあって、
1)指の形
2)開放弦
なのだ。。。たぶん。
指の形というのは、ウッドの場合、中指薬指はくっつけて、人差し指、中指、小指で長2度の音程を確保してそれが基本の幅で移動していくのだ。指の形が定規になってるみたいなもの。
開放弦というは上のポジションなど音にいったときに、上手く開放弦の音を織り交ぜてその音程差でピッチを調整する。
って感じでなんにも目印がないように見えて実はそれなりにあるのだ。(それでも足りなくてポジションマーク書いてるけど、、)
それを逆手にとって僕が練習に取り入れてるのは、開放弦を使わないで弾く。。。左の指も休む暇がなくて非常に練習になる。

で、困ったことに開放弦は合ってるものっていう感覚が刷り込まれてるんですよ。それだけの原因じゃないだろうが耳でのチューニングが非常に苦手。実際チューニングがずれてると、曲が始まって音が合わないなぁと微妙にポジションをずらしたりはできるのだが、開放弦様は絶対でございます〜〜みたいに、非常にわかりづらい。。。なのでウッドの時チューナーは必須。。。エレベだともうちょっと合わせられるのだが不思議。。。
不思議といえば、ベースだと直接ヘ音記号が読めるけど、ハーモニカとかだと頭のなかで一変換いるみたいな感じになる。
0

2005/3/10

検索エンジン  diary

↓この検索エンジンでの、Toots ThielemansおよびChromatic Harmonicaの検索で、ワンツーフィニッシュ!うひっ。
http://www.marsflag.com/
クリックすると元のサイズで表示します
0

2005/3/10

メールアドレス  diary

アマゾンや銀行なんかの登録アドレス(一方的にむこうから来るだけのもの)やらHPでの公開アドレスをライブドアのギガメールにしてみた。

このアドレスはもう汚染?されていて、スパムメールがせっせと来るのだが、1ギガもあるせいか?それほど腹が立たない。1ギガためるぞ〜
ちなみに楽天の登録アドレスもここにしてみた。まだ宣伝メールなども届いていない。。。(ひょっとしたら届かないの???)
クリックすると元のサイズで表示します
3/11追加 ちゃんと届いた。(^^;;
0

2005/3/9

category定義  diary

僕のページには
1)トゥーツ・ファン系
2)クロマチック・ハーモニカ吹き系
3)僕のJazzの共演者系
といろんな人に来ていただくので、前々から交通整理が課題だった。たいていの人はどれかひとつにあてはまる人で、ふたつに当てはまる人はいるだろうが、みっつに当てはまる人はいない。(たぶん。。。)つまり1)の人は3)の話題はどうでもいいのである。その逆もしかり。
ブログだと自分の見たいカテゴリーをクリックすればいいので便利。1年前くらいから試行錯誤していまの形になってきた。まだ変わる可能性もあるがカテゴリーの定義をしておく。

■diary
私の日記的なものやページの更新・変更歴や下記のいずれにも属さないもの。
■-gigs
私の演奏記録。
■Toots

トゥーツ・シールマンスの話題・情報・CDなどなどについて、
■Harmonica
ハーモニカの話題・情報についてで、Toots及び下記のCD,Studyカテゴリーに分類されないもの。
■- CD
ハーモニカのCD。おもに新譜の情報でほとんど私の買ったもの。
■- study
クロマチック・ハーモニカの奏法について私の考え等々。
■bass
ウッドベースやベースについての話題等々。
■schedule
私のライブスケジュール。(1ページしかなくて常にトップ表示設定)
0

2005/3/8

アップップのMP3の解説  -gigs

アップしてるMP3について
http://www.geocities.jp/toots_harmonica/syoukai.html
・ライブやジャムセッションでいい加減にとってます。ミストーンなんかもあり〜。
・2002年以前はMDから変換、最近はクリエで録音。
・ファイル名は録音年月を示している。
・著作権とか言われると困るので曲名は書いてない。(別ページのここに書く)でも、基本的にアドリブ分がメインなので著作権とかって関係ないと思う。。。(ちゃう?)
・数年前は共演者に一言断っていたが、最近は無断なので名前はあかせない。
(もし不都合な方は連絡下さい削除します。)
(とはいえ、よく写真載っけてこのように書いてる人がいるが、よっぽどのことがない限り連絡なんてできないよなぁ。んな言葉で免責にならないと思うのだが、、、)

■2005/03a 2005/03b
aは、つい最近のライブでのセッションタイムでのIt Could Happen To You、僕以外のメンバーはお客様。セッションタイムのせいもあり騒がしい。
bは、同日のHush a bye、8小節ほど前のピアノソロから、その部分のベースは僕なので、ベースが抜けてのハーモニカソロになってる。
■2005/02
ジャムセッションでのThe Days Of Wine And Roses、ドラムの人のフィルインに触発されつつ触発しつつアドリブ。
■2004/10a 2004/10b 2004/10c
ある日の2ndステージからインストもの3曲。There Is No Greater Love、How Insensitive、Body and Soul
■2004/10d 2004/10e
オルガンバックがなので一部の人には誰だかバレバレか?クリエの位置が悪いのかもともとの音量小さいのかよく聞こえないけど。
Like Someone In Love、Triste
■2004/08
ジャムセッションでのBody and Soul
■2002/03a 2002/03b 2002/03c
1年ほど活動していた、ウクレレ・ハーモニカバンドWoo!の音源。Scrapple From The Apple、All The Things You Are、Moment's Notice
■2001/09a 2001/09b
ギター、ピアノとハーモニカって編成。お二人とも上手だったので触発されて白熱のアドリブ。。。(だと思う。)
Alone Together、Hush a Bye
■2001/08a 2001/08b 2001/08c
僕がハーモニカだった頃?のしのりんずの音源。Only Trust Your Heart、The Man I Love、Come Rain or Come Shine
■2001/07a 2001/07b
僕のリーダーライブの音源。ピアノ、ベースは当時の僕のファーストコールプレーヤー。時間稼ぎか?無駄にアドリブが長い、、反省。
Have You Met Miss Jones、Besame Mucho
■2000/02a 2000/02a
ピアノとのデュオ。ちょうど禁煙を始めた頃の演奏。(その辺はあんまり関係ないけど、、、)
Blue In Green、Up Jumped Spring
0

2005/3/7

練習フレーズ(2)   - study

ハワードレビーを聴いたあとで考えた練習フレーズ。
よっつの穴で行ったり来たり、、、
1)ノリは3連符、2)ひたすら吸う、3)ハーモニカを動かす。4)何回も繰り返す
1番穴から、レファラシラファレファラシラファレファラシラファ・・・・
2番穴から、ファラシレシラファラシレシラファラシレシラファラ・・・・
3番穴から、ラシレファレシラシレファレシラシレファレシラシ・・・
以下同様だんだん上がっていく、、、逆に下の穴へ動くパターンもいいかも。

ポイントは、グリッサンド風ではなくきっちりいっこづつ吹く、音をきっちり分離させて3連符で吹くこと、最初はゆっくりがいいかもで最後も分離できなくなるほど速くしない。

これで訓練できるのは、
1)呼吸法
きっちりと安定して吸わないと音が出ない。
2)アンブシャ(口の形)
しっかりしてないと音の粒がそろわない。
3)手首の回転運動
ハーモニカを動かす手首の回転運動の習得になる。
(ある音域では上手くいっても高い方でだめだったり、この場合はハーモニカの持ち方に偏りがあるのでそれを修正。)

この辺が総合的に鍛えられそう、、、、

で、これもゆくゆくはアドリブのなかで使えるフレーズではないかと、なぜ吸音、3連かというと、
1)ジャズは3連ノリが重要。
2)吹音だとダブり「ド」があるのであんまりフレーズにならない。

ただ滑らせただけだとハッタリに聴こえるが、きっちり粒をそろえて3連符で決めるとフレーズになるはず。使い方はひとかたまりの場合と何回か繰り返す場合と。。ただ、まだ使ったことないので頭の中での予想です。
しかしハワードレビーってなんであんなフレーズかふけるんだろうか、、、かっこいいなぁ。

ちなみにトゥーツは、みっつの穴で行ったり来たりの
ラシレシラシレシラシレシラシレシラシレシラシレシ
ってフレーズを使ってます。これも練習してみましょう。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ