2010/1/30

ハーモニカに  -mblog

シール貼られた〜
クリックすると元のサイズで表示します
0

2010/1/29

第一次審査通過〜  -gigs

応募していた、Diners Club Presents - Jazz Session on YouTubeですが、
http://www.youtube.com/user/YTJazzJP

見事第一次審査を通過したみたいです。投票してくださったみなさまありがとうございます!!

たいした応援依頼もしなかったのでどうなるかと思ったのですが、かなり最初の頃に応募したのでおそらく先行逃げ切りだったのでしょう。

これで、ちゃんと審査員の審査の対象になるので、これで落ちてもあきらめがつくってもんです。
0

2010/1/26

ジャムセッションとCX12  -gigs

この前の日曜日に浅草スマイルのジャムセッションに行きました。
エミちゃんは知る人ぞ知るインフィニ時代からの知り合いなのに本日始めて行きました。すんません。
なにしろ子供が出来てからライブを聴きにいってない。。。かろうじてたまにジャムセッションに行く位だったので、、、

セッションはサックスが多かったが、思ったより少なめでほどほど順番も回って来た。
知り合いがたくさんいることを期待して行ったが思ったより少なかった。残念。

最初270を使っていたが、PAの調子もよくわからなかった。やっぱりそういう所は、とりあえず音が立つCX12の方がいいのかなぁ?と再確認。

最近は270にしていたが、またCX吹きになってみよう。

【注】
写真上の銀色のが270(ホーナースーパークロモニカ270)で、下の黒いのがCX12(同じくホーナー)でございます。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2010/1/24

10Holes Harpist Meets Jazz Sessions  Harmonica

昨日楽器屋さんに行き、前からちらっと気になっていた表題の「10Holes Harpist Meets Jazz Sessions」10ホールスハーモニカセッションブックを買いました。

【注】
10ホールズハーモニカとは、いわゆる「ブルースハープ」のことです。ブルースハープはホーナーの商品名(ウォークマンみたいなもん)なため、テンホールズハーモニカとかダイアとニックハーモニカとか言ったりします


で、その本、ブルースセッションとジャズセッションの違いとか、セッション時のマナーとか、10ホールズハーモニカでジャズスタンダードのテーマをどうやって(何のポジションで)吹くか?とかブルースの連中からジャズはこう見えるのかぁとかそれは違うんじゃないかぁ〜とか、、、なかなか面白い。譜面のコードやメロディーも一部を除きもちゃんとしてる。

テンホールズプレーヤーだけじゃなくそういった意味でこれからジャズのジャムセッションに行きたいクロマチック吹きにもおすすめ、、、いや他の楽器の人でもジャズのジャムセッションの勉強になると思う。


ただテーマが吹けても、テーマで出てくる以外の音を吹かないとジャズのアドリブは出来ません、、、

本の後書きにもっとジャズの勉強が必要と書いてありますが、アドリブの解説は一切なく、、、テーマを吹けたからといって、アドリブがペンタトニック一発でやられた日にはジャズの仲間には入れてもらえないぞ!!

むしろテーマが吹けなくてもちょっとバップっぽいアドリブが出来たほうが歓迎されると思う。。。。そういった意味で簡単でもいいからトゥーファイブフレーズの解説も必要だなと思いました。

でも、この本の購買層ってかなり限られるよなぁ。。。誰が買うんだ??そのせいで値段も高め(3800円税別)。。。でも、こんな切り口のハーモニカの教本はいまだかつてありませんので、おすすめです。
クリックすると元のサイズで表示します
僕はウクレレでポロポロ弾いて勉強してます。ジャムセッションでベースやってるけどこの全曲(80曲)はメモリーしてない。。。
0

2010/1/14

ホーナーのトゥーツとスズキのグレゴア  Harmonica

先日、谷○楽器さんへ行きスズキ楽器さんのシリウスとファビュラスを試奏してまいりました。吹いたのはほんの数分なので第一印象といった感じですが、よく出来ているんだけど、ハーモニカ特有の上のほうの倍音をわざと抑えてるのかなぁ、音にきらきら感がないなぁと感じました。

グレゴアモデルで「求めていたのはダークな音」みたいなコピーがあったけども、全部のモデルそういう傾向に行ったのかなぁという気がしました。

ホーナーと同じ音色を作っても意味がないという選択もあるのでしょう。
で、思ったのはトゥーツさんとグレゴアさんのバンドでの使われ方の違いです。

トゥーツは、クインシーやジャコのバンドやらビリージョエルやらに参加してますが、バンドに溶け込むことも出来るのですが、どっちかというと結局「トゥーツ〜〜〜!!!」って感じで全部持って行きます。

一方、グレゴアはマーカスミラーとかハンコックとかのバンドに使われていますが、あくまでバンマスの音楽の枠の中で「淡々」と役割をこなすタイプではないでしょうか?(最近あまり聴いていないので違っていたらごめんなさい。)
この場面でハーモニカの音(ちょっと変わった楽器とかか??)が欲しいという使われかたで、音楽全体はバンマスにコントロールされている。

すると、ホーナーとスズキみたいな求める音色の違いになるのかなぁとかなり大胆に分析しました。
大雑把過ぎるので細かいこというと無理があるかもしれませんが、そういう傾向はあるのではないでしょうか?

あるクロマチック吹きの話ですが、ボーカルのバックで数回使われていましたが、声がかからなくなりました。あとから本人から聞いたところによると感想のメールがハーモニカことばっかりで歌のことに触れられないのが原因だったそうです。バックは主役より目立っちゃいけません。


話は変わりますが、試奏したときにSUZUKIのMANJIを買いました。オーバーブロウ、ドロウがやりやすいです。7番のドロウの音が出ることがあります。いまさらライブなどで10ホールズを使うつもりはありませんがちょっと練習してみよう。
0

2010/1/13

オタマトーン  diary

先日楽器屋に行きましてハーモニカのCDとかチェックして、ギターやウクレレなんかもちらっと見て、、、で、楽譜売り場で、"変てこな"楽器?を発見。。。「オタマトーンby明和電機」。。。明和電機と言えば昔テレビでよく見たなぁ〜と、、、じっと商品を見つめること数分。。。で、一度は立ち去ったのだが、また戻って買ってしまいました。

帰りの電車で取説を熟読して、イメージトレーニング。。。右手で音階操作と書いてあるが、いやギターやベースの心得がある人は左手のほうが自然なはずだ!とか、、、やる曲はWhat a wonderful worldだなと〜かいろいろ考えながら、電車で過ごす。。。

で、家についてビールを飲みながら練習〜。で、このテイク。。。笑えます。。。


しかしこの楽器楽しすぎる〜。。。耳のトレーニングとかにもなるかな?。。。
1

2010/1/9

持ち方の変化   - study

CX-12を数ヶ月間吹いてから270に戻ってよかったことのひとつは、ハーモニカの持ち方が上手になったことです。

CX-12で音色をコントロールしようとハンドカバーを頑張ってやっていたので、小さいボディーの270に戻った時に、ハンドカバーがより確実になりました。

現場ではマイクを使うのでハンドカバーは関係ないのですが、ハンドカバーによるメリットとしては、、

1)夜練習する時に、多少音を小さく出来る。

2)全体的に手で覆ってるので多少結露対策になる。

ってとこでしょうか?


ラリーアドラーみたいに自由自在に楽器を持てるとかっこいいなぁ思います。
0

2010/1/6

禁煙10年と暗黒時代9年  diary

あけましておめでとうございます。(遅いけど、、、)

禁煙して10年位が立ちました。やめたのは1月終わりか2月始めだったと思います。
そんなこんなでいろいろ回想してたら
http://www.geocities.jp/toots_harmonica/syoukai.html
ここにその頃の音源がかつて作っていたHPにアップされてました。一番古いのはちょうど禁煙し始めの頃です。

そんなこんなでほかの音源とかも聴いていたら、(ベースを始めたのが9年位前なのですが、、、)ここ10年位は(ひょっとしたらもっと前から?)あんまりやってることがフレーズとか歌い方とかが変わってないなぁと、、、変わってないのは、ある意味いいことですが、進歩がないじゃないか。。。

僕はジャズが出来れば何の楽器でもいいやって言うのが根本的な考えにあるのですが、やっぱり僕が今一番上手くコントロールできるのは、クロマチックハーモニカなので今年からは再取り組みしたいなぁと思っております。(って何回もここに書いている気がするけど、、、)
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ