2011/9/26

アンドロイドタブレット  diary

取り外し可能なキーボード付きアンドロイドタブレット端末を買いました。

僕がやってることで今までのノートパソコンでできて、アンドロイドタブレットできないのは音楽CDの取り込み位か?(それはかみさんが使ってるノートパソコンでできる。)

一番使いたかったiReal bや他の有料アプリも追加料金無しでそのまま使える。(同じアカウントなら何台でも使えるのか?)

まだよく使い方がわかってないのかもしれないがキーボードの文字入力はもっさり感があるけど全体としては大満足。



あれ?6千円位値段が上がってる。。。
0

2011/9/26

ライブとかセッションやらのお知らせ。  -gigs

月はちょいとまたがって、ライブやらセッションがあります。

9/27 Tue スマイル
10/6 Thu Jazz Janome
このふたつは歌の伴奏でベース担当、隙間でハーモニカという感じでライブやってセッションもありです。

10/9 Sun Jazz Janome
こちらはおなじみ?スリービューティーズ。歌判です。担当はハーモニカなのですが、ウクレレも持って行ってなんかやろ。

以上よろしくお願いします。上のふたつはベースの人が来ればたくさん弾けますよ。お待ちしております。


10月からしばらくパターンがつかめるまでというかずっとかも知れないが、平日のライブはできない状況になりそうです。。。
0

2011/9/12

ウクレレピック弾き  Guitars...

最近手に入れた、マナクーラの月というのでウクレレでジャズの歌判をやっているチャックモーガンさんとか、ユーチューブで発見してCDも購入してしまった富永寛之さんとかが、ウクレレをピック弾きしているようだ。
どちらもギタリストなのでそういう発想になるんだろうなぁと、僕も試しにやってみたらこれも結構いいかも。

この辺は、僕のジャズギタリスト時代(そんな時代あったか?)に散々悩んだのだけども、、、

いまの右手のバリエーションとしては

1)ピックで弾く
2)ピックを持ちながら中指・薬指・小指で弾く
3)指で引く、親指、人差し指、中指、薬指
4)親指だけで弾く
5)人差し指と親指でストラムする。
等々・・・

と4)5)は僕の場合はウクレレ初めてから増えたパターンで、今まで1)〜3)はあえてウクレレではあまりやらなかったのだが、FS-5は弦間が広いので3)も適してるし、上記の人たちを聴いて1)もいいなぁとかでも、ウクレレは僕の場合基本ソロとジャカソロなので4,5だろうとか、、、せっかく断捨離楽器ウクレレにしたのにこんなに練習することがあるんじゃやってられませんわ〜。とか、ただいま混乱中。

ちなみに、ギター時代は、一人部屋で弾いてるときはどっちもありだが、バンドで弾くときは1)に落ち着いた。早いフレーズやりやすかったりと、指だとクリアで通る音を作るのが難しいって理由かな。
なので、ウクレレもバンドで弾くときはそうなりそうなのだが、基本ハーモニカなのでウクレレでバンドでアドリブソロとかとらない予定?なので、元通りの4)5)に落ち着くと思うんだよなぁ。


これはハーモニカにたとえるとパッカーでやるかタングブロックでやるかの違いか?こっちは、悩まないんだけども。
0

2011/9/6

ウクレレのシェイカー化プロジェクト  Guitars...

ハーモニカでライブに参加すると、他の人のソロとかで吹いていないでボーっとする時間がわりとある。そんなときに、ボサノバの曲だったりするとシャカシャカとシェイカーを振ったりするのだが、現在僕はジャカジャカとウクレレを弾く作戦を計画してる。

実はすでに実績があって、先日の歌判の時デキシーっぽい曲でベビーウクレレでジャカジャカやった。ハーモニカでオブリガード入れるよりジャカジャカやったほうがバンジョーっぽくっていいんじゃないか?と思って、、、
(でも本当は、そんな時はハーモニカでクラリネットっぽく出来ると一番いいんだが、、、難しいんだよなぁ)

で、計画としてはフォービートは、ジャッジャッジャッジャッと刻んだり、ボサノバだってジャカジャカで、バラードはポロリンポロリンと可能性は広がります。シェイカーだと出来るのはイーブンの曲だけだもんね。

そんなウクレレの音はオプション扱いなんで、ウクレレは生音でOKちょっと聞こえれば、いや聞こえなくてもいい。普段そんな大きな店でやらないってこともあるし。

そんなことをにらみながらまた投資しました。
クリックすると元のサイズで表示します
ウクレレクリップハンガ〜〜〜

おそらくマイクスタンドに、ひょいっと挟んでウクレレを吊るせます。(譜面台は厳しいか?)どっか挟める物があればウクレレを吊るせます。

こんなものがなくてもそこら辺に適当に置けるという話もある。かも。
0

2011/9/5

トゥーツ・シールマンスは90歳近いのになぜハーモニカが吹けるのか?   - study

売るための新刊本みたいな、タイトルを掲げました。

別なタイトルをつけるとすると「クロマチックハーモニカは練習しなくても少ししか下手にならない」
僕は最近あんまりハーモニカを練習してませんがその言い訳です。

さて、なぜかというとクロマチックハーモニカは、ほかの楽器に比べて「指」と「口」のトレーニングが少なくてすみます。

たいていの楽器は指と口のトレーニングに多くの時間を割いていますが、その部分の維持が少なくて済むのである程度の線にいけば、練習しなくてもそこそこ維持できます。言い換えるとテクニックの劣化のスピードがほかの楽器比べて遅いと思います。

まず「指」ですが、たとえばトゥーツはもうギターに関してはステージでは弾きません。きちんとした運指ができなくてもう弾けないのでしょうね。
90年代はヨボヨボでもギターを弾いてなんともいえない味わいがあったのですが、2000年代に入ったあたりから弾かなくなりました。

僕もギターやらベースやら弾きますが、指は練習してないとどんどん衰えます。弾けなくなります。

クロマチックハーモニカは指は、レバー操作の指一本だけです。トレーニングがいらないとは言いませんが、はるかに楽です。指一本です。

次に、「口」ですが、たとえばフルートだと微妙なアンブシャの維持に毎日(だと思う)練習が必要です。トランペットとか金管楽器なんかもしかり、、、ひょっとしたら一番楽そうなサックス(サックス吹きの方ごめんなさい)でもそれ相当のトレーニングはいるかと、なにしろくわえ方が悪いと音が出ませんよね、、、ハーモニカももちろんその辺のトレーニングというか、上手に楽器をくわえられないといけないのですが、それらの楽器よりはるかに楽です。

以上の点からクロマチックハーモニカは練習しなくても下手になる部分が少ないのです。

あと、管楽器共通の部分として呼吸の部分ですが、生きていれば息してるので、なんとか吹けます。
トゥーツはこの息の部分が最近は聴いていてハラハラどきどきで、かなりやばいことがあるのですが、、、そりゃ若いときのようなフルトーンでは吹いてませんが、まだまだすばらしい音色をだしてます。

言うまでもありませんが練習しないと上手くなりませんよ。上手さを高さにたとえるとある程度の高さまできたら、ほかの楽器だったら練習しないと転げ落ちるように低くなるが、クロマチックは、少ししか低くならない感じでしょうか。


付け加えますが、下手になる部分が少ないけども、残念ながらクロマチックハーモニカの習得が簡単だということではありません。
クロマチックの音の並びのシステムに慣れるにはそれ相当の練習が必要です。クロマチック脳というか、どこに何の音があるのかを徹底的に覚えれば済むと思うんですけども。

この辺のギャップが、クロマチックハーモニカを買ったけども続けてる人が少ない原因なんでしょうね。
ライブハウスなんかで僕に話しかけてくる人の半分くらいはクロマチック持ってるという人です。(持ってるから話しかけてくるのか?)でも続けてる人はほとんどいない。


あと、これはクラシックには当てはまりません。クラシックはある程度作曲者の曲の要求するものにこたえなきゃいけないのでつらいっす。

アドリブでいけるジャズに通じる話です。

それと、今まじめにクロマチックを練習している人からも反発を食いそうだが、あくまでほかの楽器との比較での話ということです。

ということで、つまり僕はウクレレばっかり弾いててハーモニカの練習をあまりしてません。(-.-)
でも、それじゃだめなので練習しようと思います。(^^)

なんの結論だかわからなくなってしまった。まぁいいや。
2

2011/9/5

iReal bとLoop Station  -gigs

iReal bの出現によりLoop Stationがいらなくなった。
クリックすると元のサイズで表示します
http://blue.ap.teacup.com/fujih/674.html
ループステーションは買った当時は↑こんな感じだったのだが、最近はアドリブの練習とかでは面倒なので使ってなくて、もっぱらユーチューブへのアップの時のバッキング用になっていた。が、iReal bでそれができるので、いらなくなるのだった。

http://www.youtube.com/user/takafuji175
iReal bの伴奏でちょちょいとハーモニカ2曲とウクレレ1曲あげてみました。

ハーモニカはここのところほとんど吹いてないが、劣化しないなぁ。ほかの楽器ではあり得ないぞ。でも細部がやばくなってるので練習しないと。

ウクレレハイGでも、なんとなくアドリブソロも上手く弾けそうなので、ピックアップつけてみようかと思ったけども、録音して聞くとちと厳しいなぁ。親指弾きだと早く弾けないし音域も狭いのでので引き出しがないと同じフレーズばっかりになる。。。やはり、ステージでは、ノーマイクでジャカジャカの小道具という位置づけがいいか。暇なときのシェイカーの代わりだよね。

あと、ウクレレにピックアップつけようとメール問い合わせしたらフィッシュマンのやつで工賃込みで楽器と同じくらいの値段。。。その観点からもピックアップをつけるのはやめにした。

0

2011/9/1

iReal b  -gigs

スマートフォンアプリにiReal Bookってのがあって、有名ジャズスタンダードの1000曲位コード進行が閲覧できて、コンピュータ(スマートフォン?)なので転調がボタン一発で出来て凄いのがあったのですが、いままでアップル版はマイナスワン機能(伴奏・カラオケ機能)があったのですがアンドロイド版はマイナスワン機能がありませんでした。

今日何気なく検索したら、アンドロイドにもマイナスワン対応が出てるじゃないですか!!早速購入して(800円弱?)遊んでます。

最初は多分iReal Bookって名前だったのですが、著作権の関係でiReal b という名前で、アプリとデータは別々になったようです。

iRealBookにはメロディ譜はなくてコード進行しか書いてません。コード進行には著作権はないってのが、バップ時代の常識ですがなんかごちゃごちゃあるみたいですね。

で、データを1200曲位(無料)をダウンロードして、キーとテンポ、リズムを変えられます。ピアノ、ベース、ドラムが伴奏なのですが、ピアノ音を消したりも出来るし、コードが気に入らなければ自分で編集できたりします、、、伴奏を流してアドリブをハーモニカで吹いたり、ウクレレで弾いたり、コードをウクレレでジャカジャカしたり、普段やらない変なキーでやったりとか、いろいろ出来て練習が楽しくなりすぎる、僕にとって神アプリです。

ちょっと前に書いたけど、いまセッションとかに出かけない時期なので、このような練習ツールが手に入って嬉しすぎます。このアプリがほしくてアイパッドを買おうかなとも思っていたので、なおのことそう思う。


そういえば、この前のスマイルセッションで僕はベースだったのですが、譜面をお持ちでないボーカルの人の歌判で、スマホのiReal Book使いました。おーるざしんぐすゆーあーがFでほわっとあわんだふるわーどがAbで、iReal Bookの転調機能を使いました。
どっちも短3度のズレでオールザシングスはアルトサックスのキーだ。。。その昔ナベサダさんのソロをコピーしたことがあるので、冷静に考えれば何とか出来たはずなのに機械に頼ってしまう、、、でも、パソコンで漢字かかけなくなっても、携帯で電話番号覚えられなくても、ナビで地図は読めなくなっても別にいいけど、転調は機械に頼らないほうがいいかもとも思った。その辺の能力が退化するのはまずいぞと思った。
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ