2012/6/15

続:90 イヤーズ (90 Yrs.) [CD+DVD] [輸入盤・日本語帯解説付] [CD+DVD, Deluxe Edition]  Toots

90 イヤーズ (90 Yrs.)のDVDは
「DVDはもはやアドリブがほとんどなくて、ジャズではなくメロディーをなんとなく吹くトゥーツですが、息が絶え絶えでやばい箇所もありますが、いいですなぁ。なんであんないい音がするんだろうか?」
などと前回書きましたが、CD何回か聴きましたが、無茶苦茶いいです。
僕的には、今まではケニーワナーとのデュオアルバムでしたが、こっちが2000年代の最高傑作かも。

前回のアルバム同様、ライブからのセレクトで、おそらく大体同じ時期なのになんでこんなに違うんかなぁ?

選曲とかミックスダウンとかアルバムに仕立て上げた人がぜんぜん違うか、違うコンセプトでやっているか。
とにかく聴きやすい。何回も聴きたくなるアルバムになっています。

音の作り方と、曲内のトゥーツの登場のバランスとか選曲とか順番とか上手く分析できてませんが、繰り返し聴きたくなる。

前回は、音の生々しさや曲やテイクのセレクトでジャズアルバムにしたかったんじゃないかなぁ?思います。

今回ももちろんジャズは底流にありますが、普段のライブをCDに再現したかったのかなぁと思います。

おそらく最近のトゥーツのライブは全部CDのクオリティーで録音してるんでしょうね。
次回作も期待できる。
0

2012/6/13

90 イヤーズ (90 Yrs.) [CD+DVD] [輸入盤・日本語帯解説付] [CD+DVD, Deluxe Edition]  Toots

90 イヤーズ (90 Yrs.) [CD+DVD] [輸入盤・日本語帯解説付] [CD+DVD, Deluxe Edition]届きました。
クリックすると元のサイズで表示します

CDは2006年〜のライブ録音。DVDは昨年の日本公演から6曲、30分位。
とりあえず、cdをざっと聴いて、DVDを2回見ました。

DVDはもはやアドリブがほとんどなくて、ジャズではなくメロディーをなんとなく吹くトゥーツですが、息が絶え絶えでやばい箇所もありますが、いいですなぁ。なんであんないい音がするんだろうか?
0

2012/6/11

昨日のメモ  -gigs

昨日ライブでした。
ハーモニカは久々トゥーツモデルのハードバッパー。いい音しますなぁ。変にキンキンにならなくてしっとりと落ち着く音色。
楽器の鳴りが悪い最大の原因は、木のボディのコンディションのせいなんだろうなぁ。おそらく。
以前は、毎日吹き込んでいたので、楽器の鳴りも体の合わせ方も上手く行っててそんなこと考えなかった。
3オクターブより木が大きくなってコンディション管理が大変な木製280がラインナップからなくなったのがわかる気がしてきた。

ウクレレは、難しい。バンドの中での音色つくり。これは普通にエレクトリックを使ったほうが無難なんかなぁ。ちとめげてきた、ウクレレはステージで使わずに家での練習用という位置づけにしよっかなぁ。
0

2012/6/10

スマイルウクレレ購入  Guitars...

前からなんとなく存在は知っていたが、楽器屋さんで見かけてつい買ってしまいました。
MAHALO ART UKULELE U / SMILE MAHAL
クリックすると元のサイズで表示します
僕のFS-5は、2万円そこそこの入門機ではあるが、ピックアップ取付とブリッジ、ペグ交換で3万位加工している。

で、ちょいと外やら車の中で弾いたり家の中でも酔っ払って弾いたり、子供に踏まれてもいいようなあきらめが付く楽器が欲しいかなと思っていたところに見かけてしまったのだ。

ギアペグでちょいとウクレレらしくなくなるが、この辺の価格帯のどうでもいいペグより悩まないで済む、弦高もバカ高くなってなくてそのままでもOK。
以前買ったMAHALOのこの位の値段の楽器よりそんな箇所が良くなっていて、目的の使用に十分耐えられます。
1995円でした。安いよなぁ。ブルースハープより安い。10本まとめて買うと1500円位で買えるらしい。
ただ娘(5歳)には「かわいくない」とウケが良くない。
0

2012/6/5

6/10の機材  -gigs

6月10日(日)にJanomeで歌判で参加しますが、持っていく予定の機材。
クリックすると元のサイズで表示します
・トゥーツハードバッパー(写真左)
 数年前に買ったが使っていなかった。日曜日におろしたてで吹きにくいがいい音する。
クリックすると元のサイズで表示します
・改270デラックス
 本体はリードプレート以外はメロートーン。リードはこ慣れているのでいざという時はこっちを吹く。
クリックすると元のサイズで表示します
・ストラップ付けたウクレレ(FS-5)
 本来ソプラノウクレレにストラップを付けるのは嫌いなのだが、ハーモニカと持ち替えるので落ちない様にストラップ。ついでにソロを取るときはピック弾きのほうがバンドの中で音が埋もれない。
クリックすると元のサイズで表示します
・Ultimate 58
 実は270系に戻せるのはこのマイクのおかげでもある。手元で音量調節が出来るのでCX12より音量が小さくなっても対応可能。
0

2012/6/4

木製ボディ  Harmonica

というわけで、CX12をやめて270系に戻している私です。
270系と系をつけたのは、いろいろあって
クロモニカ270、トゥーツモデル2種類、ラリーアドラーモデル、クロモニカ270デラックスなんかが該当します。全部大きさは一緒。

270デラックスと、数年前に買ったハードバッパーを引っ張り出してきました。
クリックすると元のサイズで表示します

ハードバッパーはリードがこなれてなくて、あと息漏れもあるんか?あとバネも硬いぞって感じで、吹き込まないといけないです。あれこれいじるより吹き込むと馴染むというのが、僕のスタイルです。

そんな状態での録音(6/4現在上の2つです。)
http://www.youtube.com/user/takafuji175

僕の270デラックスは、メロートーンの角穴マウスピースつけてます。
確かリードプレートは、ハードバッパーと同じ長めタイプ、リードプレートのメッキの有無の差はありますが、この2本は割りと似たセッティングのはず。

リードのこ慣れ方で、吹いた感じも聴いた感じもだいぶ印象が、違いますが、270デラックスは、パキパキ鳴る感じで、音が立ってポップス向き、ハードバッパーはアコースティックな感じ向き、かな。。。この先吹き込むと変わるのかなぁ?

やっぱ木製ボディにこだわったほうがいいのか。
この先は、素直にトゥーツモデルを使っていこうかとも思っております。
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ